公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
経営アカデミーのご紹介
経営アカデミー概要
メッセージ
アクセス

コース一覧











2017年度アカデミーパンフレット
2017年度アカデミーパンフレット

年間日程
2017年度 年間日程

2016年度ご参加の方へ
開講式出欠連絡票
参加者個人記録シート
参加者個人記録シート
(グローバルリーダーコース用)
参加者個人記録シート
(事業構造変革コース用)
課題認識シート
(事業構造変革コース用)
ミニMBAプログラムお申込書

経営アカデミーの特長
グループ研究について
ケース教材のご案内
経営アカデミー 経営者講演録
OBのご紹介・OBからのメッセージ
経営と人材育成を語る(OBインタビュー)
派遣企業からの声・参加企業一覧
参加者の声

修了者(OB・OG)の方へ
ご案内

お申し込み・お問い合わせ
参加費用・お申し込みについて
資料請求・お問い合わせ

関連事業
  マネジメント・ケイパビリティコース
  企業内アカデミーのご案内
  技術経営研究センターのご案内
  生産性研究助成について

トップページ > 経営アカデミー > OBのご紹介・OBからのメッセージ

■OBのご紹介・OBからのメッセージ

■コース委員長からのメッセージ

知識の吸収とともに“人間力”を鍛えよ

 経営課題の一つとして、グローバル人材の育成が叫ばれて久しい。高い語学力もさることながらMBAなどの専門知識が求められている。経営アカデミーへの派遣は、まさに後者について体系的・集中的に学び、深く研究する絶好の機会である。
 私自身、経営アカデミーでは経営や戦略を構想する力を養った。これから経営アカデミーに参加される方々には、新たなものの見方や考え方をすることができる幅広い人材となることを期待している。
 加えて、皆さんがグローバルな環境においてビジネスリーダーとして活躍していくために、専門知識と同様に、あるいはそれ以上に大切なのは“人間力”を鍛えることではないかと考える。すなわち、様々な経験を通じてコミュニケーション能力を高めるとともに、幅広い教養を身に着け、世界中の多様な人々とともに考え、行動できる人材になるということである。
 経営アカデミーは、多様な人材が集まり、議論を通じて何らかの知識を生み出すというプロセスを通じて、グローバルに求められるコミュニケーション能力を鍛える場でもある。また、切磋琢磨したメンバーの繋がりはコース修了後も続き、これを通じて教養とともに人間の幅が拡がる。つまり、“人間力”を鍛えるための出発点ともなるところである。
 受講生の皆さんが、新世紀を力強く生き抜くビジネスリーダーに成長すること祈念する。
西尾 進路氏JXホールディングス株式会社
相談役・前代表取締役会長
西尾 進路 氏
経営財務コース委員長
JXホールディングス株式会社
相談役・前代表取締役会長
(1974年度「経営財務コース」修了)
 

■経営アカデミーを修了した企業トップからの推薦のことば

新時代のビジネスリーダーを待望する
1982 年度 「意思決定と経営情報コース」(現: 経営戦略コース)修了 経営アカデミーマスター

小野寺 正氏
KDDI株式会社 代表取締役会長 経営アカデミーの受講は、技術出身の私にとって講師の先生方の講義は初めて聞く話も多く、企業経営の基本を理解する絶好の機会となった。また、合宿を含むグループ研究では先生方や他企業の方々との討論・交流を通して、企業内の研修では得ることの出来ない貴重な経験をさせて頂いた。
 現在、産業界は世界的規模の大きな変革期を迎えている。特にICT 革命と人口の減少は、我が国の産業構造そのものに変革を要求していると言える。この変革期にこそ「高い志」と「リーダーシップ」を身につけた人材が必須だ。同時に、リーダーには企業経営についての系統だった知識が不可欠となる。二十一世紀を担う皆様が経営アカデミーを受講されることで、新しい視点で我が国の産業界を変革するビジネスリーダーになられることを祈念する。

 

社員は人間力を兼ね備えた「人財」となれ
1986 年度 「人事労務コース」(現: 人材マネジメントコース)修了 経営アカデミーマスター

杉山 博孝氏
三菱地所株式会社 取締役社長 当社では、社員は企業にとって重要な経営資源であるとの認識のもと、人材を「人財」と表現しています。当社が求める人財像は「人間力」を筆頭に「不動産力」「仕事推進力」「経営力」「グローバル対応力」の5 つの力を兼ね備えた人物です。また、個人ではそれぞれの力を最大化しつつ、組織では「個性豊かなプロ集団」として、一体としてパフォーマンスを高めることを目指しています。
 そんな人財を育成するための仕掛けの一つが経営アカデミーへの派遣です。参加者には、優秀な先生方や他企業の方々との討論や交流を通じて、企業内研修とは違う刺激を受け、更なる成長を遂げて欲しいと思います。
 

変化の激しい時代だからこそ変化をチャンスに
2007 年度 「トップマネジメント・コース」修了 経営アカデミーマスター

仙田 貞雄氏
三井金属鉱業株式会社 代表取締役社長兼CEO  2009 年の世界同時不況を経て、経営を取り巻く環境は激変した。わずか先でも何が起こるか分からない時代、これまで以上に環境の変化に目を配り、感度の高い緻密な経営を実行していくことが要求される。今求められるのは、変化の激しい時代だからこそ変化をチャンスととらえ、常に変革し続け更なる発展に向け前進する人材だ。このような人材を育てる社風、土壌を創るため、当社では人材育成を評価要素としており、育成のシステムとして、若い時にビジネス・ユニットや関係会社の責任者にさせている。経営アカデミーでの研鑽もその一環だ。
 当社の経営理念は「創造と前進を旨とし、価値ある商品によって社会に貢献し、社業の永続的発展成長を期す」である。参加される方々も、ぜひ社会から必要とされる存在として在り続けることを目指してほしい。最後に経営アカデミー創設50 周年を迎えられ、ますますのご隆盛を祈念する。
 

新しい日本創りに挑戦する気概を
1980 年度 「意思決定と経営情報コース」(現:経営戦略コース)修了 経営アカデミーマスター

柘植 康英氏
東海旅客鉄道株式会社 代表取締役社長  2014 年10 月、東海道新幹線は開業50 周年を迎えました。この間、日本経済の大動脈である東京〜名古屋〜大阪間の旅客輸送を維持発展させることで日本経済の飛躍的な成長を支え、まさに「日本」を形づくる一端を担ってきたという自負があります。一方で、現状にとどまることなく、長期的で広い視野に立って物事を考え、つねにさまざまな「挑戦」を続け、「超電導リニアによる中央新幹線の推進」という次の「日本」を創る大きなプロジェクトを推進しています。そのために社員は、これからの日本を自分たちの手で守り、創っていくという気概を大切に日々業務に取り組んでおります。
 創設50 周年を迎えた経営アカデミーにおいても、これからの日本を自分たちの手で創っていこうとするエネルギーに満ち溢れた人材を今後も輩出していただきたいと願っています。
 


■修了者のご紹介(一部)

年度 コース名 参加者氏名 所属 役職
2005 トップマネジメント 明田   浩 株式会社ジェーシービー 取締役 兼 常務執行役員
1990 トップマネジメント 新井  孝雄 株式会社ヤマト 代表取締役社長
2008 トップマネジメント 新井  英雄 三井住友建設株式会社 代表取締役社長
1989 人事労務 荒木  三郎 株式会社三菱東京UFJ銀行 専務取締役
1981 人事労務 有元  龍一 日本工営株式会社 代表取締役社長
2000 経営戦略 池上  有介 三菱UFJニコス株式会社 代表取締役副社長
1989 国際 石黒  成直 TDK株式会社 常務執行役員
1982 経営財務 石橋  雅夫 不二サッシ株式会社 代表取締役 専務執行役員
2002 経営戦略 石渡  直樹 NECディスプレイソリューションズ株式会社 取締役執行役員常務
1991 国際 泉   弘毅 ANAウイングス株式会社 代表取締役社長
1990 経営意思決定 一ノ瀬 俊郎 東日本旅客鉄道株式会社 常務取締役
2009 トップマネジメント 伊藤  健二 株式会社日本政策金融公庫 常務取締役
1969 人事労務 井上   弘 株式会社東京放送ホールディングス 代表取締役会長
1984 プロダクション・マネジメント 今村  俊夫 東京急行電鉄株式会社 代表取締役
副社長執行役員
1999 経営戦略 岩ア  敏行 野原産業株式会社 取締役副社長
1997 人事労務 岩田  一男 株式会社埼玉りそな銀行 代表取締役副社長
兼 執行役員
1992 テクノロジー・マネジメント 岩田  和彦 株式会社小松製作所 専務執行役員
1991 経営意思決定 牛島  雅隆 日本貨物鉄道株式会社 取締役 兼 執行役員
1987 経営意思決定 内田   章 東レ株式会社 常務取締役
1982 トップマネジメント 内山  治男 株式会社丸山製作所 代表取締役会長
1995 人事労務 江副  弘隆 株式会社りそな銀行 監査役
2001 経営戦略 榎本  修次 株式会社乃村工藝社 代表取締役社長
1982 意思決定と経営情報 遠藤   修 三井生命保険株式会社 代表取締役会長
2002 戦略エグゼクティブ 尾頭  正伸 株式会社丸山製作所 代表取締役社長
1994 コーポレート・エコノミックス 尾上  秀俊 日清オイリオグループ株式会社 取締役 常務執行役員
1984 経営財務 小川三木夫 小田急電鉄株式会社 専務取締役
1984 意思決定と経営情報 小野澤康夫 三井不動産株式会社 常務執行役員
1988 人事労務 嘉悦   朗 横浜マリノス株式会社 代表取締役社長
1982 マネジリアル・エコノミックス 角田  義仁 三井不動産住宅リース株式会社 代表取締役社長
1999 トップマネジメント 勝又  一俊 カンダホールディングス株式会社 代表取締役社長
1968 経営システムと電子計算機 加藤  一彦 株式会社パイオラックス 代表取締役会長
2003 経営戦略 加藤  大輔 藤倉化成株式会社 代表取締役社長
1989 経営財務 加藤   譲 三菱地所株式会社 代表取締役
副社長執行役員
1999 トップマネジメント 金井   洋 第一フロンティア生命保険株式会社 代表取締役社長
1993 経営戦略 金子   慎 東海旅客鉄道株式会社 代表取締役副社長
1972 人事労務 川合  正矩 日本通運株式会社 代表取締役会長
1985 プロダクション・マネジメント 木股  昌俊 株式会社クボタ 代表取締役社長
2010 トップマネジメント 木山  伸泉 新日鉄住金ソリューションズ株式会社 取締役 常務執行役員
1988 経営意思決定 清野  秀樹 三井ホーム株式会社 取締役 常務執行役員
1988 トップマネジメント 栗本   透 日本石油輸送株式会社 代表取締役会長
1994 経営財務 幸坂  眞也 雪印メグミルク株式会社 取締役常務執行役員
1980 マーケティング 輿水  順雄 株式会社ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ 代表取締役社長
1987 経営財務 小林  八郎 森永乳業株式会社 代表取締役副社長
副社長執行役員
1985 マーケティング 小林  久志 コスモ石油株式会社 代表取締役社長
2009 トップマネジメント 近藤  敬治 あなぶき不動産流通株式会社 代表取締役社長
1994 マーケティング 齊藤  哲彦 株式会社みずほフィナンシャルグループ 執行役専務
2008 トップマネジメント 佐々木  勉 マックスバリュ九州株式会社 代表取締役社長
1981 人事労務 里村  正治 フィデアホールディングス株式会社 代表執行役社長 CEO
2005 経営戦略 塩見  公彦 藤森工業株式会社 常務取締役
1974 マネジリアル・エコノミックス 重山  俊彦 キッコーマンソイフーズ株式会社 代表取締役社長
1983 経営財務 島田  隆史 阪急不動産株式会社 代表取締役社長
1990 テクノロジー・マネジメント 清水  哲司 NTTコムウェア株式会社 取締役
1990 人間能力と組織開発 志村  康洋 株式会社京王プラザホテル 代表取締役社長
1986 人間能力と組織開発 白井  義博 株式会社タムロン 取締役副社長
1985 人事労務 杉森   務 JX日鉱日石エネルギー株式会社 代表取締役社長
1987 マネジリアル・エコノミックス 杉山  健博 神戸電鉄株式会社 代表取締役社長
2011 トップマネジメント 助田  雅明 日本ポリエステル株式会社 代表取締役社長
1984 意思決定と経営情報 鈴木誠一郎 株式会社サンシャインシティ 代表取締役社長
2003 トップマネジメント 石司 次男 株式会社アトレ 代表取締役社長
2005 経営戦略 関戸  隆明 オムロンフィールドエンジニアリング
株式会社
代表取締役社長
2007 トップマネジメント 高橋  久雄 日鍛バルブ株式会社 代表取締役会長
2007 トップマネジメント 山  輝夫 東京地下鉄株式会社 専務取締役
1997 経営戦略 財部   剛 東京海上日動火災保険株式会社 常務執行役員
1990 マーケティング 竹山  五城 株式会社明治 取締役常務執行役員
2004 トップマネジメント 田島  明雄 株式会社デンソー 取締役・専務役員
1996 経営戦略 徳岡   浩 明治安田システム・テクノロジー株式会社 代表取締役社長
2008 トップマネジメント 徳渕  良孝 日本信号株式会社 取締役専務執行役員
2006 トップマネジメント 冨岡  徹也 穴吹興産株式会社 専務取締役
1986 経営財務 中川  雅夫 株式会社日清製粉グループ本社 専務取締役
1974 人事労務 中島  美博 東急リバブル株式会社 代表取締役会長
1983 経営財務 中本  祥一 株式会社電通 取締役副社長執行役員
2014 トップマネジメント 納   武士 三井金属鉱業株式会社 取締役 兼 常務執行役員
2003 トップマネジメント 野崎  邦夫 住友化学株式会社 代表取締役
兼 専務執行役員
2005 トップマネジメント 浜口   強 株式会社ジェーシービー 代表取締役
兼 専務執行役員
2000 経営戦略 板東  浩二 株式会社NTTぷらら 代表取締役社長
2012 トップマネジメント 久岡  一史 三井金属鉱業株式会社 取締役 兼 常務執行役員
2004 トップマネジメント 日  一隆 日本リック株式会社 代表取締役社長
1990 人事労務 福田  真博 三和ホールディングス株式会 取締役常務執行役員
1991 マーケティング 古瀬  良多 株式会社マルエツ 取締役 副社長執行役員
2005 トップマネジメント 星   淑夫 株式会社共和電業 代表取締役会長
1983 プロダクション・マネジメント 細見  典男 日本水産株式会社 代表取締役社長執行役員
1982 マーケティング 堀切  功章 キッコーマン株式会社 代表取締役社長 CEO
2005 技術経営 町田  正信 日置電機株式会社 代表取締役社長
1988 経営意思決定 松原   隆 NECエンジニアリング株式会社 取締役 執行役員常務
2000 人事労務 松本  臣春 キョーリン製薬ホールディングス株式会社 常務取締役
2002 戦略エグゼクティブ 馬城  文雄 日本製紙株式会社 代表取締役社長
1985 経営財務 丸永  庸一 カルピス株式会社 取締役常務執行役員
1990 テクノロジー・マネジメント 三木  伸一 住友精密工業株式会社 代表取締役社長
1991 プロダクション・マネジメント 満倉  達彦 全日本空輸株式会社 取締役執行役員
1998 経営戦略 三津島貴寛 NTTファイナンス株式会社 常務取締役
1965 財務管理 茂木七左衞門 独立行政法人日本芸術文化振興会 理事長
1987 経営意思決定 森田  公生 日本石油輸送株式会社 代表取締役社長
1988 人間能力と組織開発 矢島  良司 株式会社第一生命経済研究所 代表取締役社長
1979 マーケティング 山木  利満 小田急電鉄株式会社 代表取締役社長
1997 組織革新 山村  明義 東京地下鉄株式会社 専務取締役
1999 トップマネジメント 山村  雅宏 株式会社日立パワーデバイズ 取締役社長
1998 経営戦略 山本   護 株式会社京王プラザホテル 代表取締役副社長
1989 マーケティング 横手  貞明 マルハニチロ株式会社 代表取締役専務取締役
1985 人間能力と組織開発 吉田久仁彦 東レ株式会社 取締役
1996 マーケティング 吉成  雅人 日立工機株式会社 執行役
1991 人事労務 若島   司 コニカミノルタ株式会社 常務執行役
2007 トップマネジメント 鷲野  憲治 東京エレクトロン株式会社 取締役常務執行役員
1995 経営戦略 渡辺  恵次 ブリヂストンサイクル株式会社 相談役
1993 トップマネジメント 渡辺   勝 株式会社乃村工藝社 代表取締役会長
組織・役職は2015年10月現在 氏名50音順・敬称略


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.