平成28年度 情報化推進国民会議

提言「人と機械との共生」
〜 AI・IoT・ロボット・データ基盤が促すヒューマンイノベーション 〜
 
 
 昨年6月、「日本再興戦略2016」が閣議決定され、官民戦略プロジェクト10の一つとして、IoT・ビッグデータ・AI・ロボットを積極的に活用して産業の高度化を図り、「第4次産業革命」を実現していくことが柱に掲げられています。この第4次産業革命では、国の産業政策や産業構造の転換、大胆な規制緩和とともに、人の雇用が奪われたり、配置転換が避けられない可能性もあるので、新たな雇用創出の取り組みも必要となってまいります。情報化推進国民会議(委員長 児玉幸治・一般財団法人機械システム振興協会会長)では、こうした第4次産業革命の先にある社会がどうあるべきかについて検討し、提言として取りまとめました。

特別委員会メンバー
   委員長  関口 和一 日本経済新聞社 編集委員
   主 査   前川  徹 サイバー大学IT総合学部 教授
   委 員   坂下 哲也 一般財団法人 日本情報経済社会推進協会 常務理事
                  西尾 好司 (株)富士通総研 上席主任研究員
                  高口 鉄平 静岡大学学術院情報学領域 准教授

提言概要  
  情報化推進国民会議トップページへ戻る