公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像

お問い合わせ



2017総合CATALOGUE 時間を創造する生産性手帳

手帳にロゴや社名を入れたいときは生産性手帳オーダー加工システム


トップページ > 生産性手帳 > 生徒手帳
 生徒手帳・学生手帳
 

    生産性手帳では、『生徒手帳』や『学生手帳』、『学生ダイアリー』をオーダーメイド製作しております。ビジネス手帳でオリジナルをご採用いただく実績が多数あり、そのノウハウを活用しております。

    現在では、他校との差別化をはかる意味でも、学生の皆さまが学び舎で大切に利用される手帳を、積極的に見直す機運があります。

    表紙に学校の校章(エンブレム)を入れることから、記載内容を打ち合わせの上、全面フルオーダー加工で差し替えるまでの対応もおこなっております。

    たとえば、スケジュールのページ欄に年間の学校行事を入れることができます。また、受験や就職対策、さらには文化部やスポーツクラブのページ記入欄を充実させることがあげられます。学年ごとに、手帳カバーの色を変えることも可能です。

    手帳サンプルも、各種ご用意しております。さまざまな用途にあわせ、その学校の特徴に合った「顔」となる手帳をご提案いたしております。
 

学生ダイアリーについて、実際に生徒手帳として採用した学校の先生に導入の目的、効果などをインタビュー(約10分)しました。 詳細について、メール(book@jpc-net.jp)にてお問合せください。



◇「生産性手帳」の生徒手帳を採用するメリット

 
    ビジネス手帳の時間管理ノウハウを活用しています。
    生徒の時間への意識、また目標達成への意欲促進など
    ひいては、各種提出物の徹底忘れ物減へとつながっていきます。
    また、学生手帳を導入することにより、独自の取り組みとしてアピールすることができます。
    学校オリジナル・ダイアリーとして、他校との差別化も図ることができます。
 


◇「生産性手帳」の特徴ポイント 〜 完全フルオーダーに対応します 〜

年間カレンダーには、1年間の学校行事が印字されています。

週間カレンダーには、毎日の学習時間が記入できます。

生徒手帳の一番大切なスケジュール管理となります。
年間カレンダーには、1年間の学校行事が印字されています。
週間カレンダーには、行動予定(毎日の学習時間)が記入できます。
全面フルオーダーで、貴校の想いを具現化するお手伝いを担います。



年間目標や月間目標が記入できます。書き方も解説できます。

年間目標や月間目標も記入できる欄を設けることができます。
でも、どのように生徒が書き込めばいいのか。
それぞれの書き方の解説ページも掲載ができます。



様々な書式を入れられます。切り取りできるように、ミシン目加工もできます。

学校にあった様々なシートをフルオーダーで掲載いたします。
夏休み学習計画表、進路チェックシート、面接対策チェックシート、
推薦入試対策シート、AO入試スケジュール、共有シート、
その他、様々な書式をフルオーダーで入れられます。
プラン、実施などが目で確認するために切り取りできるように、
ミシン目折り加工も可能です。



◇生徒手帳、3つの効果

3つの効果

“生活態度の改善、自学自習の定着、コミュニケーションの促進” 3つの効果を生み出します。


「学習効果が上がらない」
「生徒の基本動作を定着させたい」
「自ら学ぶ力を身につけてほしい」
と、お考えの先生方や保護者の皆様方の願いに答えるために設計されています。


効果1 生活態度の改善


効果2 自学自習の定着



効果3 コミュニケーションの促進


学生ダイアリーは学習教材としても活用



◇学生ダイアリーを導入されている学校の事例インタビュー

Q.導入の目的を聞かせてください

A. ひとつの大きな目的は「自己管理」です。
学校として、生徒に対して勉強の仕方などを含めて時間の使い方を指導しますが、 「自分で自分の時間を管理する」力を身につければ、限られた時間を上手く使わなければ ならない大学受験も上手く乗りきれるし、いずれ社会人として仕事をするときにも、必ず 役に立つはずです。「自分を知って、自己管理をする」という力をつけるために、手帳は 非常に有効で役に立つのではないかと考えています。
もう一つの目的は「生徒に自分の学習スタイルに手帳を使うことで見つけて欲しい」 ということです。例えば、自分は朝型なのか、それとも夜型なのか、一日のうちに複数の教科 を勉強することで効率が良いのか、好きな教科ばかりを勉強していないか、隙間時間はないの かなど、それぞれ生徒自身が手帳に記録をつけて、振り返りをすることで気付きが生まれます。

Q.学生ダイアリーの導入後に、生徒達にはどのような変化が現れましたか?

A. それまでの学年と比べて大きく異なるのは「提出物の提出率が全く異なる」という点ですね。 宿題申込書などの提出物が非常に良いです。また、忘れ物が大きく減り、集会などの集合時間など の時間を守ってくれるようになりました。

Q.手帳の使い方についての指導はされましたか?

A. 手帳を活用して短期、中期、長期の計画を考え、その計画に沿った目標を立てる。 目標に向かって自己管理をしていく、という点を指導いたしました。学生手帳は目標を実現する ために適したツールなので、次第に自ら考えて活用する生徒が増えていると思います。

Q.手帳の導入によって、生徒に「考える力」が生まれたとお聞きしました。

A. ホームルームなどで他の生徒が聞いた内容を手帳に書くので、話す側はいい加減に ボソボソとではなく、ポイントを押さえて話ができるように考えていると思います。学生手帳を 使うことで、話す側の立場として、聞く側の立場として、考えるようになったと思います。

Q.生徒に手帳を持たせるメリットは?

A. 生徒には、自分の目的、進路に関する目標や部活動の大会目標とかがあります。それら に向かってどの様にスケジュールを組んで準備したら良いのか。このことがこの手帳を通してうまく すすめられるのですね。目標達成のための機能です。また、生徒が手帳に記録したものを先生が見て、 コメントをしていくわけですが、手帳を媒介として生徒と担任がコミュニケーションをしているんですね。

Q.手帳をうまく活用できない生徒もいるのですか?

A. なかには書けない子もいますが、その子たちには、その子たちの理由や事情があると思います。 ただ、いろんな面談の時に、手帳を見ながら「書いてないんだね、どうしたの?」と、そういうところから 話に入っていけます。書けない子は書けないなりの活用ができています。



◇発注から納期まで

発注から納期まで


生産性手帳 オーダー加工システム 学生手帳で「なりたい自分」支援プログラム[PDF]


◇生産性手帳の特徴

日本の手帳の原点(オリジナル・アイディア)を持ち合わせております。

(1)現在多くのビジネス・パーソンの皆さまにご愛顧いただいている月間(マンスリー)見開タイプの手帳
   (例:パーソナル手帳)は、1960年に生産性手帳が、日本で初めて商品化いたしました。
   長年、産業界のビジネス・パーソンの皆さまには、ブロック型の1ヵ月予定表は、スケジュールが書
   きやすく、シンプルで携帯しやすいと大変好評いただいております。

(2)3年カレンダーを掲載しており、当年以外に前年、翌年も入っております。

(3)メモ欄・アドレス欄を別冊化することで、次年度の手帳に差し込みし直して持ち越せることが可能で
   す。また、手帳からの取り外しも可能なので、それだけを別に外しておいて有効活用ができます。
   記載内容の整理も容易です。

(4)薄型のシンプルな手帳としても、生産性手帳はホワイトカラーを始め、ビジネス社会で活用できる
   ようになっています。パーツとして活用が充実しているのも、特徴のひとつです。厚さが薄いから
   こそ、パーツやリフィール類の差し込み、差し替えを簡単に対応することが可能になっています。
   そのため、パンフやチラシを折りたたんで入れておいても、かさ張ることがありません。
   また、メモ代わりの備忘録として、パーツだけを別冊化ができます。そのため、パーツを取り外して
   おいて、それだけに記入することもできます。電話番号や住所など、連絡先を書いているパーツで
   は、取り外して翌年の手帳に差し替えるだけで、いちいち前年度の手帳から書き直す手間が必要
   ありません。年間のスケジュールを一覧で見たい方向けには、プラン(ジャバラ式年間スケジュー
   ル)という、リフィールもご用意いたしております。

(5)環境にも、やさしい手帳です。ベジタブル・インキを採用しております。
   そのため、燃焼時のCo2発生を70%削減できる素材カバーとなっており、地球温暖化の対応を考え
   ております。FSC(森林管理協議会)認証の用紙も採用しており、世界の森林環境保全を思慮して
   おります。

(6)校章(エンブレム)を表紙カバーに入れることに始まり、受験や就職対策用や文化・スポーツクラブ
   対応のページを増量したりしております。ビジネス手帳の製作ノウハウを活用しております。
   私立の中学校、高校、大学、専門学校などの各種プログラムに、いかようにも対応が可能です。

(7)カバーの差し込み式、両袖に透明ポケット欄があります。ご自身で様々に作り込むことにより、世界
   にひとつだけのオリジナルなハンド・メイド対応が可能です。学年ごとにカバーの色を変えることが
   可能です。また、総合進学・文理専攻・スポーツ専攻、特進コースなども、カバーごとに色分けが
   できます。PTAや親用に手帳は共有し、カバー色だけを変化させることも対応しております。


お問い合わせ先
 公益財団法人 日本生産性本部 生産性出版 学生手帳チーム
                    〒150-8307  東京都渋谷区渋谷3-1-1
                   TEL: 03-3409-8833 FAX:03-3498-1767
         

お申し込み・お問い合わせ

▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.