公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
トップページ > 研修・セミナー > 階層別研修 > 開催日程一覧 > 管理者基礎コース

管理者基礎コース<合宿>

※2015年度より<通いコース>が別途新設されました

管理者の三大役割(業績向上・部下育成・組織力強化)の基礎を学ぶ

■管理者としての役割をしっかり認識でき、自分が行うべきことが明確になります
■職場の現実に即したマネジメントの基本と実践方法が理解できます
■管理者として取り組むべき課題を整理・理解し、職場の変革に向けた管理行動に踏み出せます
■希望者はマネジメント力自己診断テスト(MPA)を無料で受診できます
※マネジメント力自己診断テスト(MPA)とは、自己の強み・弱みを客観的に把握し、研修での能力開発の着眼点とするためのweb診断ツールです


コースの特徴

特徴1 マネジメントの基本をしっかり理解いただくと同時に、実践力を養います
管理者の心構え・立場・役割の認識からマネジメントの基本や原理・原則、必須スキルを体系的に整理、理解いただくと同時に、事例(ケース)を題材に応用力・実践力を養い、マネジメント力を強化します(ラインの管理者をモデルにプログラム構成されています)。
特徴2 部下育成力の強化に力点を置いています
生産性向上の主役は「ヒト」です。管理者の業績は部下を通じてでないとあげられません。そのため、カリキュラムの中でも部下育成にウエイトを置き、じっくり学びます。
特徴3 管理者としての自覚を促し、自己課題の明確化ができます
基本となる理論と応用としての演習・事例研究、参加者との経験交流・相互診断を通して、自己課題を含め行うべきことが整理・理解できます。
特徴4 開催の回数の多さ・多様さ
20回を超える開催回数!!大阪・名古屋でも開催。営業部門管理者向け特別回も開催。別途、通いコースをスタート!!

担当講師からのコメント

檜作昌史講師

檜作 昌史 講師

管理者基礎コースでは、プレイヤーからマネジャーへと変わる役割をしっかりと学んでいただきます。
様々なキーワードがでてきて、たくさんのワークに取り組んでいただきますので大変かもしれませんが、新しい手法を知り、職場でどのように活かすかを考える3 日間です。また、異業種で同じ立場の方々との議論を通じてネットワークも広がり、終了時には皆さん充実した顔で職場に戻っていかれます。


開催情報

対象 課長・課長代理(新任課長、課長候補者、グループ長、専門職等)
定員 30名
講師 日本生産性本部 講師 丹 繁美/松井 義治/佐々木 昌彦/檜作 昌史/太田 昌弘/加瀬 元日 他
会場 「生産性国際交流センター」(神奈川県葉山町)/「コスモスクエア」(大阪市住吉区)他
研修時間 22時間
参加費
(消費税込)
賛助会員:113,400円/108,000円(5名以上同時一括申込割引)
一般:131,760円/125,280円(5名以上同時一括申込割引)
※うち宿泊費・食事代 27,540円

プログラム概要

1. 管理者の役割

経営環境の急激な変化を理解した上で、管理者に求められる知識、なすべき役割(三大役割:業績向上・部下育成・組織力強化)および要件について概説し、管理者のあり方の全体像を提示します。プログラム全体で、管理者の「課題を解決し、目標を達成するマネジメント力」の強化をめざします。

2. 業績向上のマネジメント

管理者の役割は、何よりも職場の業績目標を達成して企業業績の向上に直接・間接に貢献することにあります。その業績向上に向けた取り組みと方法を学びます。また、仕事の流れ・しくみの改善も考えていきます。

3. 部下育成のマネジメント

仕事の実務を第一線でこなすのは部下です。部下の育成なくしては、業績向上はありえません。育成的管理者の重要性をまず認識していただき、部下育成に必要な指導・支援のスキル、人事考課の基本と育成への活用、面接手法やコミュニケーションスキル(コーチング技法)の基本を学び、人事考課・面接演習を通じて身につけます。労務管理の基礎知識にもテスト形式で理解します。

4. 組織力強化のマネジメント

部下一人ひとりのマネジメントとは異なる、集合体としてのチームが持つ特徴を理解し、チームをマネジメントする上での理論や留意点を学習します。また、職場の風土改善、情報の共有化などナレッジマネジメントの重要性、実践についても学びます。

5. 変革と推進のリーダーシップ

短期的な視点で効率よく業務を推進して目標達成するリーダーシップだけでなく、長期的な視点で変革・革新を考え実現を図るリーダーシップも必要であることを認識します。組織の変革はどのように起きるのかを、ケーススタディを通じて学びます。また、メンバー同士の相互診断演習を通して、管理者としての課題を明確にします。

6. 事前課題と事前要望シート/研修活用シート

研修参加へのウォーミングアップとして、受講前に「マネジメント力自己診断テスト(MPA)」の受診(任意)と事前課題に取り組んでいただきます。また、「事前要望シート」を記入することで参加者が学習目標を自己設定し、講師のインストラクションに活かします。
「研修活用シート」は、研修内容を職場で実践する具体策を整理し、研修後のフォローに活用することを目的に、日々の研修終了後に記入します。

ページの先頭へ戻る

タイムスケジュール

時間 第1日 第2日 第3日
9:00

12:00

 

11:15開始

オリエンテーション

1.管理者の役割

・経営課題と管理者
【ミニテスト】

・問題発見・解決の視点とツール

3.部下育成のマネジメント

・部下育成の基本
・目標による管理と部下育成

5.変革と推進のリーダーシップ

【ケーススタディ】

・リーダーシップとは

13:00

18:00

・管理者の役割
【ミニ演習】
・「業績向上」「部下育成」
 「組織力強化」
・管理者の要件

2.業績向上のマネジメント

【ケーススタディ】
・業績とPDCA
・目標・方針と実行計画
・進捗管理

【ミニ演習】

・管理者のコミュニケーション
・コーチング
・人事考課の進め方

【人事考課・面接演習】
・労務管理の基礎知識

【ミニテスト】

・変革の必要性と阻害要因
・変革のプロセス

【相互診断】

・まとめ

15:15終了

19:00

21:00

【経験交流】

4.組織力強化のマネジメント

【個人研究】
・職場の風土改善

・情報の共有−ナレッジマネジメント

【ミニ演習】

 

ページの先頭へ戻る

受講者の声


不動産・30代

講師の進め方、講義・演習プログラム内容に引きずり込まれました。職場で実践していきます。


電子機器・30代

幅広いテーマ・内容でしたが、演習と講義が織り交ぜられて、とても刺激的に内容を吸収していくことができました。実際に業務を行いながら、学んだ内容を行っていきたい。


公益法人・40代

期待以上のものがありました。今自分が置かれている環境・立場を振り返り、進むべき方向が明確になったように思えます。


通信・40代

いま自分が部下にどういう接し方をしているのか再確認できた。部下を認めることの大切さを感じた。今後はもっとコミュニケーションをとっていきたいと思います。


商社・40代

実体験に基づいた講義に最後まで集中できました。3日間が短く感じました。


化学・50代

普段では会うことが出来ない業種の方々と討議はとても良い刺激になりました。また各職場の問題への悩みなどをお聞きしたことも大変励みになりました。

ページの先頭へ戻る

お申し込み

お申し込みはこちら

キャンセル・変更のご依頼について

すでにお申込みいただいたお客様でキャンセル・変更をご希望される場合は
以下のボタンをクリックして「生産性公開研修プログラム参加回変更・キャンセル依頼書」を
ダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

上記について
開催7営業日前から既定の変更手数料・キャンセル料を申し受けますので
予めご了承ください。また、変更2回目以降につきましては時期にかかわらず
上記の変更手数料に加え、1回あたり5,400円(8%税込)を加算させていただきます
が、ご了承ください。

FAX:03−5485−7750
E-Mail:mddseminar@jpc-net.jp

この研修(コース)のキャンセル・変更はこちら

【企業内研修(講師派遣)】経営課題解決のための、お客様ニーズに合わせた研修を企画します。 【経営アカデミー】経営人材育成プログラム「計10コース」創設1965年 1万4千人の修了メンバー
研修・セミナー総合カタログのご案内 開催予定の研修・セミナーを網羅した総合カタログの送付を希望の方はこちらの資料請求フォームから

ページの先頭へ戻る

(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.