公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
トップページ > 研修・セミナー > 階層別研修 > 開催日程一覧 > 取締役・執行役員コース

取締役・執行役員コース

3日で学ぶ役員の基礎知識
(グループ討議・演習中心)

■2015年度よりご要望の多かった関西地区(京都)でも開催しています。
■企業革新をはかる構想力を持った、変革者としての取締役・執行役員を育成します。
■取締役・執行役員として必須の法的知識・財務分析・経営戦略を習得します。
■取締役・執行役員としての行動指針・リーダーシップの明確化をはかります。


コースの特徴

特徴1 トップ・リーダーとしての戦略的意思決定力の強化。
特徴2 各テーマに精通した経験豊かな講師陣による実践的指導。
特徴3 少人数のグループ討議によるワークショップや経験交流による異なった視点での相互学習と啓発。
特徴4 ケース研究や演習など参加型の研修を通じた経営課題の実践的解決能力の学習。
特徴5 コンプライアンス経営の意義と企業の社会的責任の理解。

開催情報

対象 取締役・執行役員 (新任・就任予定者)
定員 40名
講師 アサミ経営法律事務所 浅見隆行 代表弁護士/浅羽茂 早稲田大学 教授/
礁氷悟史 公認会計士・亜細亜大学 教授/菱山隆二 企業行動センター 所長 他予定
会場 ホテル「サンルート品川シーサイド」(りんかい線 品川シーサイド駅直結)
リーガロイヤルホテル京都(京都市下京区)
タカクラホテル福岡(博多)他
研修時間 18時間
参加費
(消費税込)
賛助会員:178,200円/169,560円 (3名以上同時一括申込割引)
一般:204,120円/194,400円 (3名以上同時一括申込割引)
※宿泊費・食事代 4〜5万円程度・別途

プログラム概要

第1セッション:取締役・執行役員としての法律知識(新会社法準拠)

責任を問われる株主代表訴訟や企業倫理のなかで、最低限必要な法律上の基礎知識と実際の判例を通じて、取締役・執行役員として必要な判断・決定・行動にかかわる主要な法的知識について解説し、コンプライアンス経営の理解を深めます。

●会社役員として遭遇する法律全体像・法定責任の分離・会社の構成(会社の分類・機関・株主総会・取締役会・取締役・執行役員の法的地位・法的義務・法的責任・法務から見たコンプライアンス・内部統制
【関係法規】会社法、商法、労働法、金融商品取引法、コンプライアンスと内部告発、内部統制、インサイダー取引規制、IR、独占禁止法、下請法等・事例研究
●方法:講義・判例事例研究

第2セッション:ワークショップ(参加者間のケース討議)

多角化や企業革新に関するケースを分析し、トップ・マネジメントとして如何なる意思決定をしていくことが望ましいか、企業が進むべき方向に関する重要な戦略的意思決定の理論を考察します。

●戦略の策定と実行のプロセス
●経営者の役割・リーダーシップ
●競争戦略、等

第3セッション:経営戦略(戦略の視点と意思決定)

ケース研究を踏まえ、変革期における企業戦略とその起業家的経営者としてのトップ・リーダーシップのあり方、戦略策定能力・意思決定力の質的向上をはかります。

●経営戦略とは何か、戦略フレーム、戦略的視点・企業(全社)戦略:事業の定義・(ドメイン)・多角化戦略・分化と統合(Make Or Buy)SWOT分析・PPM・成長ベクトル・競争(事業)戦略:業界構造分析・競争の基本戦略(コストリーダーシップ・差別化・集中化)・戦略ドライバー・バリューチェーン・ビジネスモデル
●方法:講義とケース討議(企業戦略と競争戦略の2つのケースを使用)ケース討議(ケースメソッド)

第4セッション:経営分析と財務戦略

企業価値を数字で把握することは経営の基本です。ここでは、連結会計やキャッシュフロー、税効果会計も含めて、企業の経営成果や株主重視の経営・企業価値のマネジメントや経営指標の活用方法について、そのポイントを習得します。

●BS/PL評価
●CF計算書
●連結会計
●経営指標活用(ROE/ROA/EVA/CFROI)

第5セッション:企業倫理

他社事例、演習を交えながら企業倫理が求められる背景、倫理的企業文化確立のためのトップの役割について考えます。

●企業倫理の必要性
●危機管理・不祥事リスク防止
●企業倫理制度化事例・仕組み、等

第6セッション:これからの企業経営と取締役・執行役員への期待

「今後の経営に関して経営者として考えるべきテーマ・課題」についての参加者討議を行い、出講経営者の講義と全体討議により、取締役・執行役員に求められる行動指針を明確にします。
*議論テーマ例:「経営環境の変化の中で常に変革を行い、企業価値を向上させるにはどうしたらよいか」、「企業価値の向上、イノベーション創出への経営者の役割と企業統治確立の方法」等

ページの先頭へ戻る

タイムスケジュール

時間 第1日 第2日 第3日
9:00

12:00

 

 

 

 







13:00開始

3.経営戦略
(戦略視点と意思決定)
・経営戦略の構造

・ロジックと意思決定
・全社戦略と競争戦略
【ケース全体討議と講義】

6.これからの企業経営と取締役・執行役員への期待
【講義と経営者との討議】
※経営者の方と参加者で討議し、今後の経営について考察を深めます
<ゲストスピーカー主な実績>
(敬称略、役職は出講時)
・(株)クレディセゾン/
社長 林野  宏 氏
・(株)良品計画/代表取締役会長 松井 忠三 氏
・キヤノン電子(株)/
代表取締役会長 酒巻 久 氏
・旭化成(株)/常任相談役
(元社長) 蛭田 史郎 氏

13:00

18:00

オリエンテーション
1.取締役・執行役員としての法律知識
・新会社法の概要
・取締役・執行役員の法的リスク
・委任と法令に基づく責任
・執行役員の法的側面

【講義】

2.ワークショップ
〈経営戦略:ケーススタディ〉

ケース例:
「ユニクロ」「富士ゼロックス」
「アップルコンピュータ」他

【グループ討議】

4.経営分析と財務戦略
(経営分析と財務・経営指標)
・財務諸表の構造・剰余金
・キャッシュフロー分析・連結会計分析

【講義と演習】



5.企業倫理
・経営倫理の概念とリスク
・トラブル事例と防止策
・企業内展開の方法
・役員としての役割

【講義と演習】

12:00終了

19:00

21:00

経験交流(懇親会)

経験交流

 

ページの先頭へ戻る

受講者の声


会社の進むべき方向、ステークホルダーとの関係、具体的な企業戦略の展開など、今後の自己改革に役立つ内容でした。


実践に裏付けられた講義は非常に興味深く、極めて示唆に富んでいました。


「役員の財務」はとてもわかりやすく、たいへん参考になりました。


単なる講話でなく「役に立つ」、「内容のある」講義が有益でした。


法務、財務の専門性の高い講義と、経営戦略のケース研究は大変参考になりました。


異業種の、同じ立場の方々と胸襟を開いた交流ができたことが何よりでした。


受講者間の交流は大変刺激になったとともに、かけがえのない資産となりました。

ページの先頭へ戻る

お申し込み

お申し込みはこちら

キャンセル・変更のご依頼について

すでにお申込みいただいたお客様でキャンセル・変更をご希望される場合は
以下のボタンをクリックして「生産性公開研修プログラム参加回変更・キャンセル依頼書」を
ダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

上記について
開催7営業日前から既定のキャンセル料・変更手数料を申し受けますので
予めご了承ください。また、変更2回目以降および変更後のキャンセルにつきましては時期にかかわらず 上記のキャンセル料・変更手数料に加え、1回あたり5,400円[8%税込](事務手数料)を加算させて
いただきますが、ご了承ください。

なお、営業日9:30〜17:30以降のご連絡は翌営業日の取り扱いとさせていただきます。

FAX:03−5485−7750
E-Mail:mddseminar@jpc-net.jp

この研修(コース)のキャンセル・変更はこちら

【企業内研修(講師派遣)】経営課題解決のための、お客様ニーズに合わせた研修を企画します。 【経営アカデミー】選抜された中核人材が集う、次代の経営を担う幹部人材育成プログラム
研修・セミナー総合カタログのご案内 開催予定の研修・セミナーを網羅した総合カタログの送付を希望の方はこちらの資料請求フォームから

ページの先頭へ戻る

(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.