公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
トップページ > 研修・セミナー > 階層別研修 > 開催日程一覧 > 新入社員フィールド合宿コース

新入社員フィールド合宿コース

※2015年度より「新入社員合宿・フィールド学習コース」は「新入社員フィールド合宿コース」に名称変更しました

社会人としての基礎能力をリアルな「仕事」で学ぶ体験型プログラム

■社会人としての意識改革と基礎実務をフィールドでの体験を通して、習得するプログラムです。
■ビジネスマナーを習得する研修ではなく、仕事に対する取り組み方を体験から学ぶ実践形式の2泊3日の合宿プログラムです。
■リアルな仕事(=農場業務)を通じて、組織における役割認識、効果的なコミュニケーション、主体的行動の重要性を体感的に理解します
■自分自身の行動が業務の成果に直結するので、自身の長所・短所が浮き彫りになり、改善点を的確に把握することができます。
■研修中、何度もPDCAサイクルを回すことにより、研修後の自身の大きな成長を実感できます。
■2泊3日の合宿研修による、メリットをいかし、きめ細かな学習指導と参加者間の相互啓発・相互交流を促し、企業人としての意識開発、気付きを喚起します


コースの特徴

特徴1 頭で考えるだけでなく、参加者自ら身体を使って学習
頭で理解するだけでなく、学んだことを実践することで、高い学習効果と行動力・主体性の養成が期待できます。
特徴2 チームで課題に挑み、失敗と成功を体験する
チームを編成しフィールドでリアルな業務の実践を通じて学ぶことで、座学では得がたい本当のチームワークやコミュニケーションを学びます。
特徴3 慣れない環境・慣れないメンバー心身ともに厳しい・修羅場体験
厳しい自然環境の中でかつハードルの高い課題に挑むことで、折れない心、チームでの助け合い、本気で仕事に向きあうことの重要性を学びます。

開催情報

ご希望の開催日程をクリックして各日程の申込画面からお申込みください。

【2018年】
  • 新入社員フィールド合宿コースの2018年度の開催予定はございません
            
対象 新卒新入社員
定員 1クラス20名
講師 日本生産性本部 講師ほか
会場 神奈川県内の研修会場および周辺農場
研修時間 21時間45分

プログラム概要

T.仕事に取り組む意識と役割認識/効果的な仕事の進め方

 仕事に取り組む際に必要な意識を学びます。学んだ知識を実際に用いて翌日からのフィールドチャレンジの行動計画を作成します。日々の業務の進め方の効果的な進め方について、基本的な考え方を講義します。

U.フィールドチャレンジ−農業体験−

 自分たちで構築した計画をもとに業務を行います。頭で考えた計画と現場の進行具合を比較しながら作業を進めます。
 ※天候や状況に応じて作業内容は変わります。

V.振り返りとフィードバック

 自分たちで計画し、実行した結果について、振り返り発表します。発表内容について、他の受講者や講師からフィードバックを受け、さらなる気づきを生み出します。

ページの先頭へ戻る

タイムスケジュール

時間 第1日 第2日 第3日


12:00




 

11:45開始

オリエンテーション

昼食・休憩

5.フィールドチャレンジの実践A

(1)業務の実践






昼食・休憩

6.フィールドチャレンジの実践B

業務の実践(つづき)

7.まとめ:振り返りと仕事へのフィードバック
(1)成果のまとめ方と気付きの整理

昼食・休憩

13:00

18:00

1.仕事に取り組む意識と役割認識

2.効果的な仕事の進め方

(1)PDCAサイクル
(2)指示命令の受け方と報告の仕方
(3)職場のコミュニケーション

3.フィールドチャレンジの準備

(1)業務内容の理解
(2)チーム編成と役割分担
(3)予算策定                     (4)作業計画の策定

4.フィールドチャレンジの実践@

(1)業務の実践

夕食・休憩

 

業務の実践(つづき)

















(2)業務の振り返りと翌日の計画確認




夕食・休憩

(2)グループ毎の活動報告
(3)これからのビジネスパーソンに求められること

14:30終了



21:00

(2)業務の振り返りと翌日の計画確認

社会人としての基礎能力、ビジネス能力についての理解促進と定着化

 

ページの先頭へ戻る

受講者の声


商社

農業と聞いて、古典的で作業感の強いものを想像していた。しかし、実際限られた時間で与えられたことをやる際には考えることが山ほどあり、とても現代的で思考力の要するものであった。


印刷会社

予測をし、計算することは、ビジネスとして必要なスキルであると思うし、頭を使わなければいけないと感じた。


電気接点総合メーカー

PDCAのPをもっと正確にできるよう、考えていきたい。

ページの先頭へ戻る

お申し込み

お申し込みはこちら

キャンセル・変更のご依頼について

すでにお申込みいただいたお客様でキャンセル・変更をご希望される場合は
以下のボタンをクリックして「生産性公開研修プログラム参加回変更・キャンセル依頼書」を
ダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

上記について
開催7営業日前から既定のキャンセル料・変更手数料を申し受けますので
予めご了承ください。また、変更2回目以降および変更後のキャンセルにつきましては時期にかかわらず 上記のキャンセル料・変更手数料に加え、1回あたり5,400円[8%税込](事務手数料)を加算させて
いただきますが、ご了承ください。

なお、営業日9:30〜17:30以降のご連絡は翌営業日の取り扱いとさせていただきます。

FAX:03−5485−7750
E-Mail:mddseminar@jpc-net.jp

この研修(コース)のキャンセル・変更はこちら

【企業内研修(講師派遣)】経営課題解決のための、お客様ニーズに合わせた研修を企画します。 【経営アカデミー】経営人材育成プログラム「計9コース」創設1965年 1万3千人の修了メンバー
研修・セミナー総合カタログのご案内 開催予定の研修・セミナーを網羅した総合カタログの送付を希望の方はこちらの資料請求フォームから

ページの先頭へ戻る

(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.