公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
トップページ > 研修・セミナー > 階層別研修 > 開催日程一覧 > 研究開発マネジャー研修

研究開発マネジャー研修

より高い成果に結びつける研究開発マネジメントをめざす

■的確な研究開発の方向性を構想し、技術を戦略的にマネジメントできる能力を養成します
■メンバーのモチベーションを高め、活力ある組織をつくりあげていく能力を養成します
■研究開発の創造性と効率性をコントロールし、高い成果に結び付けていく能力を養成します


コースの特徴

特徴1 「経営戦略とのより強い連動」、「研究者のモチベーション向上」、「創造性と効率性のバランス」の3つの観点から研究開発のマネジメントのあり方を検討します。
特徴2 事前課題で学習効果を高めます。
特徴3 ケーススタディ・演習・ディスカッションを通して理解を深めます。

開催情報

ご希望の開催日程をクリックして各日程の申込画面からお申込みください。

【2017年】
(第1セッション8/28(月) 第2セッション9/25(月) 第3セッション10/28(土))
対象 技術・研究開発や事業企画、経営企画部門のマネジャー・リーダー
講師 下記の各セッションをご参照ください
会場 「経営アカデミー」(東京都丸の内)
研修時間 18時間
参加費
(消費税込)
賛助会員:97,200円
一般:108,000円
※昼食費、資料代を含みます

プログラム概要

【第1セッション】戦略と技術のマネジメント

戦略に関する基礎理論、戦略立案ステップ、技術戦略策定プロセス、技術ポートフォリオ・マネジメントの学習を通じて経営戦略の中での技術・研究開発の位置づけを考えます。

【第2セッション】人と組織のマネジメント

多様化し個人主義志向が強まる「研究開発部門」のライン・マネジャーに求められるリーダーシップとマネジメントサイクルを演習と討議を通して再確認します。特に、組織の活性化やメンバーのモチベーションを最大限引き出すために有効なカウンセリング・マネジメントの考え方と技法を習得します。

【第3セッション】研究開発のマネジメント

イノベーションの本質を理解し、日本企業の研究開発の問題点を正しく理解すると同時に、研究開発の創造性と効率性をどうやってマネジメントしていくかのポイントを3Mの研究開発のあり方と施策の有効性に関する議論を通して検討していきます。

ページの先頭へ戻る

タイムスケジュール

時間 第1日 第2日 第3日
 

【第1セッション】戦略と技術のマネジメント

戦略に関する基礎理論、戦略立案ステップ、技術戦略策定プロセス、技術ポートフォリオ・マネジメントの学習を通じて経営戦略の中での技術・研究開発の位置づけを考えます。

講師:長平 彰夫
東北大学大学院工学研究科 教授

【第2セッション】人と組織のマネジメント

多様化し個人主義志向が強まる「研究開発部門」のライン・マネジャーに求められるリーダーシップとマネジメントサイクルを演習と討議を通して再確認します。特に、組織の活性化やメンバーのモチベーションを最大限引き出すために有効なカウンセリング・マネジメントの考え方と技法を習得します。

講師:廣瀬 晴生
カウンセリング・マネジメント総合研究所 代表取締役

【第3セッション】研究開発のマネジメント

イノベーションの本質を理解し、日本企業の研究開発の問題点を正しく理解すると同時に、研究開発の創造性と効率性をどうやってマネジメントしていくかのポイントを3Mの研究開発のあり方と施策の有効性に関する議論を通して検討していきます。

講師:小笠原 敦
滋賀医科大学 特任教授
(元ソニー(株)本社R&D 戦略部シニアR&D マネジャー、CTO 補佐)

10:00

10:00開始

・経営戦略に関する基礎理論
・経営戦略立案のステップ
討議 S社の事業戦略・研究開発戦略
・技術の戦略的マネジメント 
・ロードマッピング

10:00開始

・管理者の役割と方針展開
討議1 マネジメントコンセンサス
・人材育成の考え方
討議2 体験からのアプローチ
・メンバーが活き活き仕事に取り組む条件
討議3 個別育成リストの作成
・コミュニケーション力向上のポイント
・メンタルヘルスとコミュニケーション

10:00開始

・研究開発の問題点
・イノベーションとは何か
・サービスイノベーション
討議 3Mの研究開発
・研究開発評価、ステージゲート法
・研究テーマの探索法

17:00

17:00終了

17:00終了

17:00終了

ページの先頭へ戻る

お申し込み

お申し込みはこちら

【企業内研修(講師派遣)】経営課題解決のための、お客様ニーズに合わせた研修を企画します。 【経営アカデミー】経営人材育成プログラム「計9コース」創設1965年 1万3千人の修了メンバー
研修・セミナー総合カタログのご案内 開催予定の研修・セミナーを網羅した総合カタログの送付を希望の方はこちらの資料請求フォームから

ページの先頭へ戻る

(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.