公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
トップページ > 研修・セミナー > 階層別研修 > 開催日程一覧 > 新社会人のためのコミュニケーション入門コース

新社会人のためのコミュニケーション入門コース
(旧:新社会人のためのマインド&スキルアップコース)

※2016年度より「新社会人のためのマインド&スキルアップコース]」は「新社会人のための
コミュニケーション入門コース」と名称も新たにリニューアルしました

ビジネスコミュニケーションの基礎スキルを
しっかり身につける

■聴く・話す・書く−新入社員のコミュニケーション力の強化に的を絞ったセミナーです
■ミニ演習・総合演習が豊富で、職場ですぐにご活用いただける内容です


コースの特徴

特徴1 社会人に必要とされるビジネスコミュニケーションの基本事項を徹底訓練します。
特徴2 「講義(知識習得)」と「演習(スキル体得)」を交互に繰り返すことで、職場に配属されてすぐに実践できるコミュニケーション力を身につけます。
特徴3 重要性や情報の授受、阻害要因まで、コミュニケーションに関する事項を網羅的に学習します。

開催情報

ご希望の開催日程をクリックして各日程の申込画面からお申込みください。

【2017年】
対象 2017年度4月入社の新卒新入社員
定員 30名
講師 日本生産性本部 カウンセリング・マネジメントセンター 講師
会場 都内会議室
研修時間 6時間30分
参加費
(消費税込)
賛助会員:24,840円
一般:27,000円
※うち食事代 1,620円

プログラム概要

第1部 職場のコミュニケーション

1.コミュニケーションとは何か
2.コミュニケーションで大切なこと

第2部 コミュニケーションの基本

1.コミュニケーション上の心構え
2.情報の受け方
3.情報の伝え方
4.コミュニケーションの阻害要因とその克服

第3部 総合演習

1.電話応対
2.報告書の作成

第4部 まとめ

ページの先頭へ戻る

タイムスケジュール

時間 第1日
9:30

17:00

9:30開始

第1部 職場のコミュニケーション

1.コミュニケーションとは何か
 @コミュニケーションとはコミュニケーションの目的
 Aコミュニケーションの目的
 B職場の人間関係‐2つの側面

2.コミュニケーションで大切なこと
 @コミュニケーションの原則 〜主役は誰か〜
 A「事実、考え、気持ち」の使い分け
 Bビジネスコミュニケーションゲーム
 C報告・連絡・相談・確認の重要性

第2部 コミュニケーションの基本

1.コミュニケーション上の心構え

2.情報の受け方
 @「聞く」と「聴く」の違い
 A話しの聴き方
 Bメモの取り方
 C情報整理の方法

3.情報の伝え方
 @「言う」と「話す」の違い
 A相手が理解しやすい伝え方
 B筋の通ったシナリオとは〜内容を構造化する〜

4.コミュニケーションの阻害要因とその克服
 @物理的理由からの阻害
 A経験や意識に基づく阻害
 B表現の稚拙さによる阻害

第3部 総合演習

1.電話応対

2.報告書の作成

第4部 まとめ

17:00終了

ページの先頭へ戻る

お申し込み

お申し込みはこちら

キャンセル・変更のご依頼について

すでにお申込みいただいたお客様でキャンセル・変更をご希望される場合は
以下のボタンをクリックして「生産性公開研修プログラム参加回変更・キャンセル依頼書」を
ダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

上記について
開催7営業日前から既定のキャンセル料・変更手数料を申し受けますので
予めご了承ください。また、変更2回目以降および変更後のキャンセルにつきましては時期にかかわらず 上記のキャンセル料・変更手数料に加え、1回あたり5,400円[8%税込](事務手数料)を加算させて
いただきますが、ご了承ください。

なお、営業日9:30〜17:30以降のご連絡は翌営業日の取り扱いとさせていただきます。

FAX:03−5485−7750
E-Mail:mddseminar@jpc-net.jp

この研修(コース)のキャンセル・変更はこちら

【企業内研修(講師派遣)】経営課題解決のための、お客様ニーズに合わせた研修を企画します。 【経営アカデミー】経営人材育成プログラム「計9コース」創設1965年 1万3千人の修了メンバー
研修・セミナー総合カタログのご案内 開催予定の研修・セミナーを網羅した総合カタログの送付を希望の方はこちらの資料請求フォームから

ページの先頭へ戻る

(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.