公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
会議・協議会
調査研究
提言活動
その他

生産性データベース(JAMP)

企業分析レポート
生産性研究ディスカッションペーパー
生産性統計
労働生産性の国際比較
日本の生産性の動向(年報)

新入社員意識調査・特徴とタイプ

レジャー白書
観光地域経営フォーラム
産業人メンタルヘルス白書
トップページ > 調査研究トップ > 生産性統計<産業別月次生産性統計>> 産業別労働生産性の動向



■産業別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解)
産業別にみた労働生産性上昇率
(2016年10〜12月期の対前年同期比)
  労働生産性上昇率
(2016年10〜12月期)
    労働生産性上昇率
(2016年10〜12月期)
1 物品賃貸業 3.2%    (サービス産業) -1.2% 
2 運輸業,郵便業 1.4%  10 飲食店 -1.4% 
3 情報通信業 1.0%  11 建設業 -2.0% 
4 製造工業 1.0%  12 金融業,保険業 -2.2% 
5 電気・ガス・熱供給・水道業 0.9%  13 不動産業 -2.3% 
6 小売業 -0.5%  14 学習支援業 -5.6% 
7 卸売業 -1.2%  15 宿泊業 -6.4% 
8 事業者向け関連サービス -1.2%  16 生活関連サービス業・娯楽業 -11.4% 
9 医療,福祉 -1.2%       
※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比。
※※要因分解:労働生産性、産出、雇用、労働時間の変化率はいずれも原指数の対前年同期比。
※※※ 事業者向け関連サービスの労働投入量指数は専門技術サービス業、複合サービス業等の
合成であるため、要因分解のグラフは省略。

■鉱工業・業種別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解)
鉱工業・業種別の労働生産性上昇率
(2016年10〜12月期の対前年同期比)
  労働生産性上昇率
(2016年10〜12月期)
    労働生産性上昇率
(2016年10〜12月期)
1 窯業・土石製品工業 5.8%  12 電気機械 0.2% 
2 非鉄金属工業 4.9%  13 鉄鋼業 0.0% 
3 家具工業 4.6%  14 プラスチック製品工業 -0.1% 
4 汎用機械 4.6%  15 ゴム製品工業 -0.4% 
5 業務用機械 4.2%  16 電子部品・デバイス -0.6% 
6 生産用機械 3.4%  17 パルプ・紙・紙加工品工業 -1.1% 
7 輸送機械 2.6%  18 印刷業 -1.8% 
8 情報通信機械 2.0%  19 化学工業 -2.3% 
9 鉱業 2.0%  20 木材・木製品工業 -2.5% 
10 食料品・たばこ工業 1.2%  21 金属製品工業 -3.8% 
11 繊維工業 0.2%    製造業平均 1.0% 
※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比。
※※要因分解:労働生産性、産出、雇用、労働時間の変化率はいずれも原指数の対前年同期比。



▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.