公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
会議・協議会
調査研究
提言活動
その他

生産性データベース(JAMP)

企業分析レポート
生産性研究
生産性統計
労働生産性の国際比較
日本の生産性の動向(年報)

新入社員意識調査・特徴とタイプ

レジャー白書
観光地域経営フォーラム
産業人メンタルヘルス白書
トップページ > 調査研究トップ > 生産性研究


生産性研究ディスカッションペーパー

   生産性に関する最先端の研究論文について、下記のとおり2014年度の論文を掲載いたします。

2014年7月16日 (2014年度・経済成長と生産性を考えるコンファレンス基調講演資料)
  【講演資料】  (和文) 企業分析の現在と日本経済                                        
  【執筆者】  宮川   努 学習院大学経済学部教授

2014年7月10日 (2014年度・経済成長と生産性を考えるコンファレンス報告論文)
  【本   文】  (英文) Why Do Shoppers Use Cash? Evidence from Shopping Diary Data
  【要   約】  (和文) なぜ人々は買い物で現金を使用するのか?
  【講演資料】  (英文) Why Do Shoppers Use Cash ? Evidence from Shopping Diary Data
  【執筆者】  若森 直樹    ドイツ・マンハイム大学経済学部研究員
 Angelika Welte カナダ中央銀行

2014年7月10日 (2014年度・経済成長と生産性を考えるコンファレンス報告論文)
  【本   文】  (英文) Entry, Exit, and Plant-level Dynamics over the Business Cycle
  【要   約】  (和文) 景気循環と事業所の参入・退出行動
  【講演資料】  (英文) Entry, Exit, and Plant-level Dynamics over the Business Cycle
  【執筆者】  向山 敏彦   米国・ヴァージニア大学経済学部准教授
 Yoonsoo Lee 韓国・西江大学校副教授

2014年7月9日 (2014年度・経済成長と生産性を考えるコンファレンス報告論文)
  【本   文】  (英文) Parental Leave Reforms and the Employment of New Mothers : Quasi-experimental Evidence from Japan
  【要   約】  (和文) 女性の就業継続と労働市場政策
  【執筆者】  朝井 友紀子 東京大学社会科学研究所助教

2014年7月7日 (2014年度・経済成長と生産性を考えるコンファレンス報告論文)
  【本   文】  (英文) R&D Investment and Productivity Growth : A Comparative Study for Japanese and Korean Firms
  【講演資料】  (英文) R&D Investment and Productivity Growth : A Comparative Study for Japanese and Korean Firms
  【執筆者】  伊藤 恵子 専修大学経済学部教授
 金   榮愨 専修大学経済学部准教授




▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.