公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
経営アカデミーのご紹介
経営アカデミー概要
メッセージ
アクセス

コース一覧










2019年度アカデミーパンフレット
2019年度アカデミーパンフレット

2019年度ご参加の方へ
2019年度 年間日程
開講のご案内

経営アカデミーの特長
グループ研究について
ケース教材のご案内
経営アカデミー 経営者講演録
OBのご紹介・OBからのメッセージ
経営と人材育成を語る(OBインタビュー)
派遣企業からの声・参加企業一覧
参加者の声

修了者(OB・OG)の方へ
ご案内

お申し込み・お問い合わせ
参加費用・お申し込みについて
資料請求・お問い合わせ

関連事業
  マネジメント・ケイパビリティコース
  企業内アカデミーのご案内
  イノベーション・プログラムのご案内
  生産性研究助成について

トップページ > 経営アカデミー > 総合開講式

■経営アカデミー 2019年度 総合開講式を開催しました

経営アカデミー 2019年度 総合開講式
 日本生産性本部は5月22日、2019年度の経営アカデミー総合開講式を東京・丸の内の日本工業倶楽部で開催し、今年度の参加者やOB、派遣責任者などが多数参加した。

 冒頭、前田和敬・同本部理事長は、「経営アカデミーは、日本生産性本部の創立10年を記念して1965年に開設された。当時の産業界と学界の協力により、日本の最初の本格的な経営大学院としてスタートした。以来50年以上にわたり、1万5000人以上の人材を輩出してきた」と述べたうえで、「令和の時代は、平成の時代に先送りしてきた改革に決着をつけなければならない。産業界も、長期的な戦略を立て、常識を疑い、新しい価値創造に取り組まなければならない。日本生産性本部も、もう一度日本の改革に向けて立ち上がろうと、中期運動目標を立てて、活動を展開している。その人材育成の中核が経営アカデミーであり、経営アカデミーを中心として人づくりに取り組んでいきたい」と強調した。
 次いで、経営アカデミー学長の榊原清則・中央大学大学院教授が学長あいさつを行い、「経営アカデミーは、日本における最も歴史のある経営人材の養成機関だ。OJTでは得られない、本格的な学習研修の場であり、キャリアアップに役立ててほしい。IoTの時代においては、日常業務以外のイノベーションが求められている。この機会に本腰を入れて勉強し、知的能力のリニューアルをはかり、日本全体のイノベーション力を高めていくことに貢献してほしい」と激励した。
 特別講演を行った小林喜光・三菱ケミカルホールディングス取締役会長は、環境・社会課題の解決を通じて、持続可能な社会の構築に貢献する「KAITEKI」の実現をビジョンに掲げ、経済性や資本効率の追求、イノベーションの追求、サステナビリティの向上の三つを経営の基軸として、企業価値の向上に努める「KAITEKI経営」を実践していることを説明した。
 また、経済同友会の代表幹事として昨年とりまとめた提言「Japan2・0 最適化社会の設計」の概要を紹介しながら、「平成は日本にとっては敗北の時代だった。総花主義・自前主義・横並び主義・事なかれ主義といいたものから脱却しない限り、日本の再生はありえない。日本は世界から後れを取っている状況にもかかわらず、『ゆでガエル』状態になっている。経営者自らが心の内にある岩盤を打破し、自社や業界を変革して、日本に活力を与えていくべきだ」と強調した。

(生産性新聞2019年6月5日号1面)



▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.