公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
開催のご挨拶
プログラムの特徴と構成
講師紹介
プログラム概要
参加要領・お申し込み
お問い合わせ
パンフレットダウンロード
トップページ > Art Of Management Program > プログラム概要

■プログラム概要 (予定)

プログラム概要
※役職は2019年3月4日現在 


参加・派遣企業 (2013〜2018年度の実績)
荒井商店、伊那食品工業、オリエンタルランド、オリックス、キッコーマン、ケンコーマヨネーズ、JXTGホールディングス、JFEスチール、JT、塩野香料、鈴与、全日本空輸、ソニー銀行、中外製薬、帝人、東京エレクトロン、栃木トヨタ自動車、トヨタ自動車、ニチレイ、肥後銀行、ヒロセ電機、ピュアサポートグループ、富国生命、堀場製作所、三越伊勢丹ホールディングス、山口合同ガス、ヤマトホールディングス、ユー・エス・エス、ヨコタエンタープライズ (50 音順)


参加者の言葉
『人はどう生きるべきか』そんなことを終始自問自答する研修だった。トップとの対話、道を極めた方々の生き方を通して、
 企業人である前にどんな人間であるべきなのかを深く考える貴重な時間となった。(サービス 幹部)
AOMは普段接することの少ない一流のものに触れ、その道の第一人者の話を伺うことを通じ、人間としての大きさや幅とは
 何か、歴史・文化の大切さ・奥の深さ・そこから学ぶことの多さ、そして個人としての「型」・人生観・価値観を持つことの重要性、
 といった視点から改めて自分を見つめ直し、考える動機を与えられました。(エネルギー 幹部)
AOMは「学ぶ」こともさることながら、より「感じる」ためのプログラムである、まさに経営のリベラルアーツであると思う。
 皆様のお話から共通して感じられたのは、一流の経営者はそれぞれ強い哲学をお持ちであるということ、まさにアートとしての
 リーダーシップを極めておられるということでした。(製薬 幹部)



▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.