情報化シンポジウム・イン・奈良
情報化シンポジウム・イン・奈良のご案内
 
情報化シンポジウム・イン・奈良


ICTの積極的な活用で住民満足度の向上を目指す
〜クラウド・ワンストップサービス・マイナンバー〜
◆参加お申込み(参加費無料)
(FAXまたはe-mailにてお申込み下さい)

 ●[FAX]: 参加お申し込み書はこちらです

                                (必要事項をご記入下さい。)

 ●[e-mail]:下記宛お申し込みください。
                 ・(財)日本生産性本部 情報化推進国民会議:mailto:cisi@jpc-net.jp
                              (・組織名・所在地・ご参加者名・ご連絡先(TEL/FAX/e-mail)をご記載下さい。)
  開催趣旨

    国、地方ともに厳しい財政環境にある中で、地方主権の推進、地域再生・活性化のためには、住民と企業そして行政が協働してのまちづくり、地域活性化への取り組みが最重要課題となっています。同時に、少子・高齢化やグローバリゼーションのさらなる進展といった大きな社会的変化に対応していくことも重要です。そのためには、ICTを積極的に活用した電子行政の実現が急務となっています。ワンストップの窓口サービスの推進、申請型の行政から情報提供型の行政への転換、公平・公正な行政の実現が求められています。また、安全・安心への取り組みも急務となっています。

    一方、広域化した住民の暮らし、365日活動し続けるまちに相応しい行政サービスのあり方も求められています。 24時間365日動き続ける既存のコンビニネットワークや携帯電話のネットワークの活用、収納システムとしてのクレジットカードや銀行のネットワークの活用・サービスを融合させていくことによって、効率的で利便性の高い電子行政が実現されます。

    そのためには、地方自治体が、自らの判断と自らの財源で地域活性化のための取り組みができる仕組みを構築することが必要です。住民のニーズに応える行政サービス向上、地方独自の知恵と工夫による効率的な行政の執行、地域企業の振興などの施策もこれまで以上に選択肢を拡げて実現することが求められます。

    これらの施策を推進していくにあたってはICTのより一層の活用が重要となります。

    今回の「情報化シンポジウム・イン・奈良」では、ICTを積極的に活用することで、 ネット社会に相応しい新しい行政サービスを推進していくための課題と対応策を討論する場を提供します。



  開催要領

●日  時 2012年1月18日(水) 13:30〜17:00
●会  場 奈良県文化会館
(奈良市登大路町6−2) 電話:0742-23-8921
■近鉄奈良駅から東改札口より、1番出口を出てそのまま東へ 徒歩約5分(奈良県庁の手前、西隣です)
■JR奈良駅から東出口 バスターミナルから 奈良交通 2系統 市内循環バス(外まわり)に乗車し約10分 「県庁前」バス停下車 西へ徒歩約2分


●対  象 企業や自治体に勤務する人、情報化に関心のある一般市民・学生
●参加料 無  料
●主  催 (財)関西生産性本部、(財)関西情報・産業活性化センター、                                (NPO)関西情報化維新協議会、(NPO)地域情報化推進機構、                                 KANSAI@CANフォーラム、(財)地方自治情報センター、                               (財)日本生産性本部(情報化推進国民会議)
       
●後  援 総務省近畿総合通信局、 奈良県、奈良県基幹システム共同化検討会、番号制度創設推進本部、                                  NEC奈良支店、NTT西日本奈良支店
 プログラム

                
開会挨拶 (13時30分〜13時40分)
          公益財団法人 日本生産性本部 理事長 松川 昌義
                          奈良県 総務部長 杉田 憲英 氏
    
峰崎氏
記念講演(13時40分〜14時35分)
「マイナンバーで変わる行政、企業、私たちの暮らし(仮)」
      

           内閣官房 参与
           政府・与党社会保障改革検討本部 事務局長
 峰崎 直樹 氏

休 憩(14時35分〜14時45分)

基調提起(14時45分〜15時30分)
「ICTの積極的な活用で住民の利便性向上を目指す!(仮)」
           総務省 自治行政局 住民制度課長
 
 高原  剛 氏
パネルディスカッション(15時30分〜17時00分)
「ICTの利活用で市民満足度100%を目指す
                        〜クラウド、コンビニ利用、住基カード、BCP、総合窓口〜」

                                      
パネリスト 石井 伸之 氏 大阪府 池田市 市民生活部 総合窓口課 副主幹
喜多  勲 氏 奈良県 基幹システム共同化検討会
                         (川西町 総務部情報システム課 主任)
松本 太郎 氏 日本電気(株) 公共ソリューション事業部 グループマネージャー
戸谷 壽夫  (NPO)関西情報化維新協議会 理事 
井上 賀博  (財)地方自治情報センター 上席研究員
コメンテーター 峰崎 直樹 氏 内閣官房 参与 
高原  剛 氏 総務省 自治行政局 住民制度課長
野田 和徳 氏 奈良県 CIO補佐官
コーディネーター 野村 靖仁  (NPO)地域情報化推進機構 副理事長
                   


    ●(財)日本生産性本部    情報化推進国民会議担当:岡田、村松
          〒150-8307 渋谷区渋谷3-1-1
          TEL:03−3409−0931
          FAX:03−3406−9733
          mailto:cisi@jpc-net.jp

 [個人情報の取り扱いについて]
(財)日本生産性本部の個人情報保護方針については、  (財)日本生産性本部のホームページをご参照願います。