公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
メインページ
全体プログラム
プログラム内容
お申し込みについて
お問い合わせ
2007年度プログラム
2008年度プログラム
2009年度プログラム
2010年度プログラム
2011年度の模様
2012年度の模様
2013年度の模様
2014年度の模様
2015年度の模様
2016年度の模様
2017年度の模様
トップページ > 第63回「軽井沢トップ・マネジメント・セミナー」


第63回「軽井沢トップ・マネジメント・セミナー」

軽井沢トップ・マネジメント・セミナー

■開催趣旨

   軽井沢トップ・マネジメント・セミナーは、1958(昭和33)年に日本で初めての経営者セミナーとして始まって以来、夏の財界セミナーのトップをきって毎年開催され、今年で60年(第63回)を迎えます。本年は「経営トップの時代〜『稼ぐ』構造が根こそぎ変わる」を統一テーマに掲げました。
   企業を取り巻く環境は、AI、IoT、ビッグデータの活用など情報通信技術の革新を中心とする「第4次産業革命」により、急激に変化しています。これらの動きは、製品やサービスの短命化、標準化、自動化を飛躍的に進め、さらには、自動車業界で見られるような「車を売る」から「移動サービスを売る」といった、付加価値の提供のあり方までを変化させる現象を生み出そうとしています。産業構造が根こそぎ変化していく中、経営トップには、これまでの発想の枠を超え、構造的・持続的に「稼ぐ」ことができる新たなビジネスモデル、競争モデルを他社に先行して構築し、代替されにくい独自のポジションを築くことが求められています。
   本セミナーでは、こうした問題意識のもと、変化の本質を捉え、日本の将来を見据えた経営観、組織のあり方や戦略について、構想する場として開催いたします。

日本生産性本部



▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.