公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
メインページ
全体プログラム
プログラム内容
お申し込みについて
お問い合わせ
2007年度プログラム
2008年度プログラム
2009年度プログラム
2010年度プログラム
2011年度の模様
2012年度の模様
2013年度の模様
2014年度の模様
2015年度の模様
2016年度の模様
2017年度の模様
2018年度の模様
トップページ > 第64回「軽井沢トップ・マネジメント・セミナー」


第64回「軽井沢トップ・マネジメント・セミナー」

軽井沢トップ・マネジメント・セミナー

■開催趣旨

   軽井沢トップ・マネジメント・セミナーは、1958(昭和33)年に日本で初めての経営者セミナーとして始まって以来、夏の財界セミナーのトップをきって毎年開催され、今年で6 4回を迎えます。本年は「オープンイノベーションによる『攻め』の経営」を統一テーマに掲げました。
   世界の政治、経済、社会が急速に変化するなか、先を見通すことはますます困難を極めます。また、グローバル化の進展により、わが国を取り巻く環境は劇的に変化し、急速に高度化するデジタルテクノロジーが、既存の競争や産業の枠組みを大きく変えつつあります。さらには、人々の価値観が多様化するなかで、新時代の働き方、生き方の模索が始まっており、私どもは、これまでに経験したことのない歴史の転換点にいます。こうしたなか、持続可能な社会と企業経営の実現に向けては、革新的な商品・サービスやビジネスモデルの開発・展開を実現する「オープンイノベーション」により、新たな付加価値を生み出し、生産性を飛躍的に向上させる『攻め』の経営とトップの意思決定がこれまで以上に求められています。
   本セミナーでは、こうした問題意識のもと、変化の本質を捉え、日本の将来を見据えた経営観、組織のあり方や戦略について対話し、構想する場として開催致します。

日本生産性本部



▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.