公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
トップページ > 研修・セミナー > テーマ別研修 > 開催日程一覧 > 部下理解力向上セミナー

部下理解力向上セミナー

部下の特性を活かしたマネジメント

★2019年度新規セミナー!★

1人1人の個性を活かした職場づくりに向けて、次のようなお悩みをお抱えではありませんか?
1.“集中力を欠く”、”自己主張が強く自分のやり方にこだわる“など、個性の強い部下・社員への適切な接し方がわからない。
2.これまでの指導方法が通じない部下・職員への対応に戸惑っている。
3.職場の理解を得ながら、1人1人にあった職務分担を進める方法を知りたい。
⇒このようなお悩みを本セミナーでは解決します!


コースの特徴

特徴1 個性の強い部下への理解を深める
“集中力を欠く”、”自己主張が強く自分のやり方にこだわる“など個性の強い部下の行動と思考の特徴を知り、正しい理解を促進します。
特徴2 指導・育成のヒントを知る
職場を巻き込みつつ、戦力として指導・育成するための知識とコツをお伝えします。
特徴3 即実践可能な学びを得る
ケーススタディや演習を通じて、職場での実践へつなげます。

開催情報

ご希望の開催日程をクリックして各日程の申込画面からお申込みください。

対象 管理者、人事担当者、推進担当者
定員 30名
講師 日本生産性本部 講師 株式会社ビジネスプラスサポート 山田 容子
会場 「日本生産性本部」(東京都千代田区)他
研修時間 7時間
参加費
(消費税込)
賛助会員:35,640円
一般:38,880円
※うち食事代 1,620円
消費税率8%を参加料に含めております。税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

プログラム概要

今職場で起こっていることとは?

コミュニケーションに課題を持つ部下や自己管理に課題を持つ部下など様々なタイプの部下とその対応事例を参考に、自分たちの職場における課題を発見します。

リーダーの役割再確認

リーダーの重要な役割として部下指導が挙げられます。部下をより理解するためには正しい知識と受容力の両輪が大切です。部下理解力向上という視点からリーダーの役割を再確認します。

コミュニケーションに特徴がある部下への対応

コミュニケーションに特徴のある部下の行動と思考の特徴を理解し、対応バリエーションを拡大します。また、ケーススタディを通じて実際の職場での対応を学びます。

部下指導はチーム体制で

これからの組織に求められるのはユニバーサルデザイン発想に基づいた一人一人を活かすことです。一人一人を活かす職場のためには、チームメンバーの理解を得ながら進めることが重要です。情報共有の進め方や組織全体で協働するポイントをお伝えします。

ページの先頭へ戻る

研修担当講師からのコメント

山田容子講師

株式会社 ビジネスプラスサポート
人材育成プロデューサー 山田 容子

大学卒業後、大型重機メーカーの営業、ソーシャルワーカー、学習塾経営を経て人材育成会社に勤務。人材育成トレーナーとして、ビジネスマナーをはじめ、コーチング、心理学、メンタルヘルスなどの分野で活躍の場を広げる。同志社大学大学院総合政策科学研究科にて、組織と個人の自尊感情について研究を行っている。(株)ビジネスプラスサポート 人財育成プロデューサーとして、現在に至る。

仕事のやり取りがうまくできず、コミュニケーションにずれを感じる部下はいませんか。そんな部下を受け入れ活かしたい上司におすすめのセミナーです。
共感マインド、視点を変える、特徴にあった伝達方法など上司ができる対応策を具体的に学び今ある人材を最大限に活かしていきましょう。


タイムスケジュール

時間 第1日
9:30

17:30

9:30開始

オリエンテーション

1 今職場で起こっていることとは
【グループディスカッション】自分たちの現状シェア
様々なタイプの部下、その対応事例から考える
 ・コミュニケーションに課題を持つ部下
 ・自己管理に課題を持つ部下 など
【グループディスカッション】自分たちの課題発見

2 リーダーの役割再確認
リーダーが担う役割とは
リーダーの仕事は部下理解から
部下指導は正しい知識と受容力の両輪で
【ケーススタディ】1人で抱え込んでいませんか?

3 コミュニケーションに特徴のある部下への対応
「コミュニケーションの課題」を2つのタイプで考える
行動と思考の特徴を理解し、対応バリエーションを拡大する
【ケーススタディ】こんな時どうする?事例から考える対応方法と実践
【演習】部下が生き生きと仕事をするためのセルフ・モチベーションアップ法

4 部下指導はチーム体制で
情報共有と協働が組織全体の受容力のカギ
どの範囲までどのように伝えるか
指導者側のメンタルヘルスを守ることの重要性

5 1人1人を活かす職場づくりの大切さ
これからの組織は、ユニバーサルデザイン発想が必須
1人1人を戦力とする人材活用の可能性

クロージング


17:30終了

ページの先頭へ戻る

お申し込み

お申し込みはこちら

キャンセル・変更のご依頼について

すでにお申込みいただいたお客様でキャンセル・変更をご希望される場合は
以下のボタンをクリックして「生産性公開研修プログラム参加回変更・キャンセル依頼書」を
ダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

上記について
開催7営業日前から既定のキャンセル料・変更手数料を申し受けますので
予めご了承ください。また、変更2回目以降および変更後のキャンセルにつきましては時期にかかわらず 上記のキャンセル料・変更手数料に加え、1回あたり5,400円[8%税込](事務手数料)を加算させて
いただきますが、ご了承ください。

なお、営業日9:30〜17:30以降のご連絡は翌営業日の取り扱いとさせていただきます。

FAX:03−3511−4056
E-Mail:mddseminar@jpc-net.jp

この研修(コース)のキャンセル・変更はこちら

【企業内研修(講師派遣)】経営課題解決のための、お客様ニーズに合わせた研修を企画します。 【経営アカデミー】経営人材育成プログラム「計9コース」創設1965年 1万3千人の修了メンバー
研修・セミナー総合カタログのご案内 開催予定の研修・セミナーを網羅した総合カタログの送付を希望の方はこちらの資料請求フォームから

ページの先頭へ戻る

(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.