次世代経営幹部 経営戦略 事業開発

海外体験型次世代経営幹部育成プログラム

  • 今般の新型コロナウィルス感染拡大防止のため、2021年度につきましては中止させていただくことと致しました。
    ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申しあげます。
インドで事業創造のための構想力を体得する
開催趣旨

経営幹部候補の方に対し、社会課題のリアルな現場を体験させ、事業開発のシーズを見つける視点を体得させることで次世代の経営を担う人材を育成します。

コースの特徴
  1. (1)インドでの現地調査を通じて事業仮説設定・検証プロセスを体得

    生活者と同じ目線で人々の活動を観察し、問題やニーズを発見し、製品やサービスの開発に活かす手法(ビジネスエスノグラフィ)を習得頂きます。

  2. (2)異なるの文化圏・社会の重層性を理解する視点を体得

    インドの対局な場面()、社会課題のリアルな現場を体験いただくことで、多様性、重層性を理解する幅広い視野、社会を幅広く、奥深く洞察する力を体得いただきます。

    <体験する極>

    ・富vs貧  ・大企業vs中小企業  ・都市vs地方

  3. (3)仮説検証をふまえた事業構想を創造するスキルの体得

    自ら立てた仮説の検証を通じ、事業を構想するスキルを身に付け、次世代を担う人材を育成します。

開催日程
合宿

2021年度は中止となります

対象

次世代経営幹部候補のマネジャー層

定員

15名

講師

大学教授、専門家など

会場

【事前研修会、最終発表会】
東京:生産性本部ビル

【本研修】
インド・デリー(オプション バラナシ)

参加費(税込) 消費税率10%を参加料に含めております。
税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

賛助会員:1,110,000円

一般参加:1,210,000円

プログラム概要

1. 事前プログラム

ビジネスエスノグラフィの理解

激変する社会環境において、革新的な事業を創造するためには、顧客の潜在ニーズを把握するだけではなく、自ら課題を体感し、その解決策を創造することが求められます。その手法として注目されているエスノグラフィの活用方法を理解します。

現地調査の仮説設計

インドでエスノグラフィを活用した調査を行う上での仮説をグループで検討します。

2. 現地研修

貧vs富

スラム街と富裕層に対するエスノグラフィを行い、経済的格差のリアリティを感じ取り、事業開発の視点を発見します。

大企業vs中小企業

大企業と中小企業を行っている企業への訪問・意見交換を行うことで、経済環境に対するとらえ方や事業開発シーズの掴み方を理解し、事業構想力を養います。

都市vs地方

都市と地方住民の購買行動や興味・関心などについてエスノグラフィを行い、社会課題のリアリティを感じ取り、事業開発のシーズを探ります。

※オプションのバラナシ訪問を追加することで、より理解が深まります。

3. 最終発表会

現地調査の実施結果をもとに、事業開発計画をビジネスモデルキャンパスに落とし込んでいただき、発表いただきます。

※上司の方、派遣責任者の方もぜひご参加いただければ幸いです。

タイムスケジュール

1日目

都市名

成田発

デリー着

現地時間

11:20発

17:55着

プログラム(案)

JL749便にて空路、デリーへ
(直行便)

着後宿舎へ

<デリー泊>

食 事

朝:-

昼:機内

夜:○


2日目

都市名

デリー

現地時間

プログラム(案)

<貧vs富>

08:00-13:00 スラム訪問

・インタビュー 3件

14:00-16:00 各自休憩(ホテル)

16:00-17:00 振り返り

<都市vs下町・地方>

17:00-18:00
コンノート・プレイス訪問

<デリー泊>

食 事

朝:○

昼:○

夜:×


3日目

都市名

デリー

現地時間

プログラム(案)

<大企業vs中小企業>

09:00-12:00 大企業訪問
(講義+インタビュー)

<貧vs富>

13:00-15:00 富裕層インタビュー

16:00-17:00 振り返り

<デリー泊>

食 事

朝:○

昼:○

夜:○


4日目

都市名

デリー

現地時間

プログラム(案)

<都市vs下町・地方>

08:00-10:00
ジャマー・マスジット、市場
(エスノグラフィ)

<大企業vs中小企業>

11:00-17:00 中小企業訪問

<デリー泊>

食 事

朝:○

昼:○

夜:○


5日目

都市名

デリー発

現地時間

20:20発

プログラム(案)

09:00-12:00
5日間の体験を振り返る

※午後は自由行動

デリー発。JL740便にて空路、
成田へ(直行便)

<機内泊>

食 事

朝:○

昼:×

夜:○


6日目 

都市名

成田着

現地時間

早朝着

プログラム(案)

帰国後、成田空港にて解散

食 事

朝:機内

昼:-

夜:-


5日目【オプション】

都市名

デリー発

バラナシ着

現地時間

13:20発

14:45着

プログラム(案)

<生vs死>

13:20-14:45 デリー→バラナシ
(ビスタラ航空)

午後:ガンジス川
(エスノグラフィー)

<機内泊>

食 事

朝:○

昼:○

夜:○


6日目【オプション】

都市名

バラナシ発

デリー着

デリー発

現地時間

15:20発

16:55着

20:20発

プログラム(案)

午前:ガンジス川
(エスノグラフィー)

バラナシ→デリー
(ビスタラ航空)

デリー発 JL740便にて空路、
成田へ(直行便)

食 事

朝:○

昼:×

夜:機内


7日目【オプション】

都市名

成田着

現地時間

07:20着

プログラム(案)

成田着。
帰国後、成田空港にて解散

食 事

朝:機内

昼:-

夜:-

キャンセル・変更のご依頼について

        • すでにお申し込みいただいたお客様でキャンセル・変更をご希望される場合は 以下のボタンをクリックして「生産性公開研修プログラム参加回変更・キャンセル依頼書」を ダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。
        • キャンセル料
          ①出発日の前日から起算し、遡って45日以降15日前まで:基礎金額の20%
          ②出発日の前日から起算し、遡って14日以降7日前まで :基礎金額の50%
          ③出発日の前日から起算し、6日前以降の取消し、または不参加:基礎金額の100%

          ※「基礎金額」とは「研修費」から「事前準備費」を差し引いた額です。
          ※事前研修会参加の有無に関わらず「事前準備費」はご請求いたします。
          ※事前研修会終了後のご参加取消しについては、上記①にかかわらず  原則として「事前準備費」分のご負担をいただきます。
          ※本研修出発後の離団または不参加の場合、研修費は返金できませんのでご了承下さい。
        • なお、営業日9:30~17:30以降のご連絡は翌営業日の取り扱いとさせていただきます。

FAX:03-3511-4056
E-Mail:mddseminar@jpc-net.jp

お問い合わせ先

公益財団法人日本生産性本部 経営開発センター

WEBからのお問い合わせ

電話のお問い合わせ

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)

関連する研修・セミナー

関連する企業内研修