次世代リーダー育成 ビジネススクール・長期研修 経営戦略

(残席2)<経営アカデミー>技術経営コース

“技術”から社会的価値を創出できるリーダーの養成

本コースでは、技術経営について、「技術を事業的成功、ひいては社会的価値の最大化に結びつける活動」と定義し、 当該活動を実践するために必要な能力の涵養を目指しています。単に、技術者が経営学を学習することではなく、 優れた技術力が必ずしも収益に結びつかないという現実を見据えた上で、産学界の各分野の第一人者からその知見を得ながら、 他社の選抜人材と侃々諤々議論を重ね、付加価値の創出について徹底的に思考する場、それが経営アカデミーの技術経営コースです。

開催日程
長期研修

時期:2020 6月~2021 3 →2020年9月9日(開講)~2021年3月10日(終講)に変更
曜日:原則毎週水曜日(月4回程度)
時間:10001700
合宿:3回(宿泊1回、通い2回)
回数:講義21コマ程度、グループ研究32コマ程度(合宿含む)

対象

技術部門、研究開発部門、研究所等の部長・課長・リーダー

定員

15名

講師

【委員長】
堤和彦(三菱電機 特任技術顧問、元CTO
【コーディネーター】
榊原清則(中央大学大学院 教授)、寺本義也(ハリウッド大学院大学 教授)、延岡健太郎(大阪大学大学院 教授)、小笠原敦(滋賀医科大学 特任教授)
【グループ研究指導】
安本雅典(横浜国立大学大学院 教授)、大沼雅也(横浜国立大学大学院 准教授)、福澤光啓(成蹊大学 准教授)
【講義指導】
青島矢一(一橋大学 教授)、川上智子(早稲田大学大学院 教授)、小坂玄次郎(上智大学 准教授)、小林喜一郎(慶應義塾大学大学院 教授)、妹尾大(東京工業大学大学院 教授)、立本博文(筑波大学大学院 教授)、塚本建次(昭和電工株式会社 元CTO)、中村善貞 (富士フイルム株式会社 イノベーションアーキテクト)、長平彰夫(立命館大学大学院 教授)、西山茂(早稲田大学大学院 教授)、林高樹(慶應義塾大学大学院 教授)、米山茂美(学習院大学 教授)、渡部俊也(東京大学 教授)

会場

公益財団法人 日本生産性本部 経営アカデミー(MAP表示)
(東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル6階)

参加費(税込) 消費税率10%を参加料に含めております。
税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

賛助会員:1,166,000
一般参加:1,276,000
合宿費別途

コースの特徴

特徴
1

『3つの志向の涵養』
技術者から経営人材へステップアップするために必要な知識や思考力、ネットワークを獲得する研修です。「未来志向」「オープン志向」「事業志向」の3つの志向を養います。

特徴
2

『優秀な参加者』
個人参加ができない経営アカデミーには各企業で選抜された人材が集います。コース修了後も各企業で多くの方が活躍され、研修中に築いたネットワークは月日を経るごとに貴重さが増していきます。

特徴
3

『多彩な講師陣』
各分野の第一線で活躍・指導されている方々を、中立的な立場から、学校や業種業界の垣根なく講師に招いています。

特徴
4

『コース担当事務局によるサポート体制』
長期間、業務と並行して通学する経営アカデミーでは、各コースに専任の事務局が就き、修了までしっかりサポートします。また、研修期間中にご派遣担当者様を訪問し、参加状況や講義や・グループ研究の進捗状況をご報告いたします。

特徴
5

『グループ研究』(グループでの共創活動)
グループ研究とは、異業種のメンバーがその経験をベースに、講義で得た知識を有機的に結合させ、一つの理論やコンセプトにまとめ上げる知識創造の「場」です。

特徴
6

『柔軟な受講形式』
場合によってオンライン(Zoom)による受講も可能です。

プログラム概要

■プログラム
<講義>「テーマ」講師 ※2020年度予定
【技術経営概論】
・「コーポレートR&Dの歴史的変遷と展望」 榊原 清則 経営アカデミー学長 (慶應義塾大学 名誉教授)
・「経営戦略とビジネスモデル」 寺本 義也 先生 (ハリウッド大学院大学 副学長・教授)
・「技術経営概論」 小笠原 敦 先生 (国立大学法人滋賀医科大学 特任教授)
・「中長期技術動向」 小笠原 敦 先生 (国立大学法人滋賀医科大学 特任教授)
・「中長期R&D戦略」(演習)長平 彰夫 先生 (立命館大学大学院 教授)
・「技術戦略とシナリオ・プランニング」(演習) 長平 彰夫 先生 (立命館大学大学院 教授)
・「新製品開発とロードマッピング」(演習) 長平 彰夫 先生 (立命館大学大学院 教授)
・「コア技術戦略と意味的価値のマネジメント」延岡 健太郎 先生 (大阪大学大学院 教授)

【研究開発マネジメント】
・「技術経営と研究開発マネジメント」堤 和彦 コース委員長(三菱電機株式会社 特任技術顧問)
・「研究開発マネジメント」 小笠原 敦 先生 (国立大学法人滋賀医科大学 特任教授)
・「企業財務と投資意思決定」 西山 茂 先生 (早稲田大学大学院 教授)

【マーケティング、事業創造、競争戦略】
・「新事業創造とR&Dマネジメント」 中村 善貞 氏 (富士フイルム株式会社 イノベーションアーキテクト)
・「事業創造と競争優位の構築」 塚本 建次 氏 (昭和電工株式会社 元CTO)
・「技術の事業化と競争力強化」 米山 茂美 先生 (学習院大学 教授)
・「マーケティングと新市場創造」 (ケース)川上 智子 先生 (早稲田大学大学院 教授)
・「ビジネスエコシステム」 立本 博文 先生 (筑波大学大学院 教授)
・「事業戦略と知財戦略」 渡部 俊也 先生 (東京大学 教授)

【イノベーション、AI】
・「経営戦略とイノベーション」 (ケース)小林 喜一郎 先生 (慶應義塾大学大学院 教授)
・「イノベーションと事業展開」(ケース) 小坂 玄次郎 先生 (上智大学 准教授)
・「AIと意思決定」 (ケース)林 高樹 先生 (慶應義塾大学大学院 教授)

【その他】
「経営アカデミー55周年記念プログラム」  青島 矢一 先生 (一橋大学 教授)
「グループ研究の意義」妹尾 大 先生 (東京工業大学大学院 教授)
「講師プレゼンテーション」安本 雅典 先生 (横浜国立大学大学院 教授)、大沼 雅也 先生 (横浜国立大学大学院 准教授)、福澤 光啓 先生 (成蹊大学 准教授)


<グループ研究>「研究テーマ」
2019年度】
・「脱成熟化における社内外プロセスの研究 ~持続的価値獲得に向けて~」
・「バリューブースト戦略 ~技術の深化と汎用化による価値増幅メカニズムの検討~」
・「抑制的環境下における企業のクリエイティブ活動 ~個人・組織の創造性を保つための仕組み~」
2018年度】
・「緩やかに縮小する市場におけるR&D活動 ~食品産業の事例から~」
・「オープン化時代における自社技術のダイナミズム ~新事業創出企業から学ぶマーケットオープン戦略~」
・「市場成熟度とマーケットリーダーについての考察 ~新興国市場での技術適合性のあり方~」

備考

Excelの申込みファイルをご希望の方(経営アカデミー複数コース一括申込み)
経営アカデミーの複数のコースや参加者を一括してお申込みいただきたい場合など、Excel申込みファイルを希望される場合は、お手数ですが下記のメールアドレスへ問い合わせください。

公益財団法人日本生産性本部
経営アカデミー 技術経営領域担当
TEL
03-5221-8455
FAX
03-5221-8479
MAIL:academy_info@jpc-net.jp
経営アカデミー専用Webサイト:https://www.k-academy.jp/

関連する研修・セミナー

関連する企業内研修