労働組合・労使関係 企業倫理・コンプライアンス 人事・労務

職場のハラスメント対策セミナー

ハラスメントの予防・解決に向けた最新事例と実務上のノウハウを紹介

現在「働き方改革」「女性活躍推進法」「妊娠出産に関するハラスメント防止措置義務」など「働きやすい職場環境」への取組が推進されています。
取組の基礎として職場のリーダー、管理職には「ハラスメントの正しい理解と対応力」が求められています。
ハラスメント対策によって「離職リスク」「企業イメージの低下」を防止し、社員の能力の発揮、コミュニケーションの活性化、生産性の向上を目指す企業が増加しています。
また、部下のメンタルヘルスケアという視点からも、ハラスメントとの関わりを理解し、考える必要があります。
本セミナーでは、人事労務担当、労働組合担当の方、職場の管理職・リーダーの方々がハラスメントに関する問題のポイントを整理し、職場にありがちなケースを用いて、相談を受けるときの留意点、予防・支援体制の仕組みづくりを実践的に学んでいただくことができます。
多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。

開催日程

2019年913日(金)13001730

対象

人事・労務担当者、管理職・リーダー、労働組合役員、経営管理・安全衛生・メンタルヘルス担当者

研修時間

13:001730

講師

吉田 郁子氏(ビセオ南青山カウンセリングオフィス 代表)

会場

日本生産性本部セミナー室
東京都千代田区平河町21312

参加費(税込) 消費税率10%を参加料に含めております。
税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

賛助会員:23,760
一般参加:28,080

コースの特徴

特徴
1

ハラスメント(セクハラ・パワハラ等)に関する最新事例を紹介し、防止体制の構築方法を確認する

特徴
2

それぞれの定義・内容を理解し、相談体制の構築、職場環境を改善するためのノウハウを学ぶ

特徴
3

ハラスメントとメンタルヘルスの関係を整理し、メンタル不調を予防する職場環境について理解する

プログラム概要

1.職場のセクシュアル・ハラスメント対策
 ・セクハラ認識度チェック~10項目~
 ・ハラスメントが起こる原因と背景<意識と言動>
 ・具体的な防止体制と運用~苦情・相談の対応の流れ~

2.職場のパワー・ハラスメント対策
 ・定義と法的責任~ 
  「パワハラ」と「厳しい指導」の違いとは~
 ・労災認定事例・映像から具体的内容を理解する
 ・要因から見た8つのタイプ
 ・管理職向けパワハラ防止対策チェック~10項目~
 ・取組事例(企業・労働組合)
 ・パワハラケーススタディ「上司・部下編」「同僚編」
 ・「ハラスメントになるケース・ならないケース」
 ・相談対応の留意点・ポイント
 ・組織として必要な体制と予防の仕組みづくり

3.職場のハラスメントとメンタルヘルスの関係
 ・メンタルヘルス対策の法的側面・労災認定基準
 ・メンタル不調の特徴とハラスメントの関係

キャンセル・変更のご依頼について

キャンセルの場合は下記日程よりキャンセル料が発生しますのでご注意下さい。
開催日7~4営業日前  参加費の30%
開催日3営業日前~前日 参加費の50%
開催日当日       参加費の全額

備考

※後日、請求書・参加証をお送りいたします。

公益財団法人 日本生産性本部
総合政策部 社会政策グループ
担当:竹内

102-8643 千代田区平河町2-13-12
TEL
03-3511-4006 FAX03-3511-4048

関連する研修・セミナー

関連する企業内研修