労働組合・労使関係 賃金・評価・考課

役割評価・役割給構築セミナー

雇用処遇問題研究講座

当本部が提唱する『日本型成果主義人事』では、人材育成段階の職能主義人事をベースとし、裁量性や職務責任が大きくなる上級ホワイトカラーへの役割給導入を提案しています。ジョブサイズと目標達成度で決まる役割給は、業績賞与との併用で、同一職務価値・同一処遇を狙う多くの企業で導入されています。 本セミナーでは、役割給導入の前提となる職務価値の評価方法 (JPC 方式役割評価法) と、賃金体系、業績賞与や年俸制の構築ポイントについて、ご紹介いたします。

開催日程

2019年613日(木)10:0017:00

対象

各企業・団体の人事・労務担当者、労働組合幹部・担当者

定員

10:00~17:00

講師

日本生産性本部 雇用システム研究センター 主任研究員  平井 久禎

会場

日本生産性本部セミナー室
東京都千代田区平河町21312

参加費(税込) 消費税率10%を参加料に含めております。
税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

賛助会員:32,400
一般参加:37,800
*(8%税込価格)

コースの特徴

特徴
1

当本部が提唱する「日本型成果主義人事」のコンセプトの理解
~人材育成段階の職能主義をベースとし、裁量性や職務責任が大きくなる上級ホワイトカラーは役割給を重視~

特徴
2

役割等級の根拠付けとなる「職務価値の評価方法(生産性本部方式の分析結果例)」の紹介

特徴
3

同一職務価値・同一処遇を実現する役割給の考え方の理解

プログラム概要

1.役割業績主義人事制度の特徴
  1.役割業績主義人事制度とは何か
  (1)コンセプト
  (2)役割・仕事と能力(実力)と報酬のバランス
  (3)賃金レンジと昇給パターン
  (4)役割評価と業績評価、役割給と業績給
  2.役割業績主義人事制度が成立する要件、事例
  (1)成立要件とメリット・デメリット
  (2)企業事例の紹介
  
2.一般社員の役割評価・役割給設計の進め方
  (1)社員の格付基準となる役割基準書の構成
  (2)役割給における昇給の設計方法
  (3)昇格要件・降格要件
  
3.管理職・専門職の役割評価の進め方
  1.各種職務評価の概要
  (1)役割給を設計・導入する一般的ステップ
  (2)職務評価手法の長所と短所
  2.JPC方式役割評価の進め方
  (1)評価項目の全体像
  (2)ジョブサイズの評価基準例
  (3)職種別系列ウエイト
  (4)職責点換算表
    【演習】わが社の課長を想定したジョブサイズ評価
  (5)ジョブサイズの点数分布の経口
  (6)ジョブサイズの分析を通じた課長職位の傾向
  3.役割評価結果に基づく役割等級制度構築
  (1)階層別に作成した事例
  (2)評価点別に作成した事例
  
4.管理職・専門職の役割給設計の進め方
  1.役割給の設計ポイント
  (1)職責給、役割給と業績給のコンセプト再確認
  (2)基準賃金の組み換え、計算
  (3)職責給表の作成・職責給の決定
  (4)職責給表の検証
  (5)等級別職責給
  (6)役割給の設計
  (7)職能給の再設計
  2.業績給、業績賞与の設計ポイント
  (1)業績給の設計
  (2)賞与原資算定の考え方
  (3)ポイント式賞与の考え方
  3.年俸制の設計ポイント
  (1)年俸制の型
  (2)年俸額の計算

5.まとめと質疑応

***
当日は電卓をご持参下さい***

キャンセル・変更のご依頼について

  • ●セミナー開催7営業日前よりキャンセル料金が発生します。ご了承下さい。
     (代理出席をご検討下さい。)

    実施7営業日前~4営業日前:参加費の30%
    実施3営業日前~前日:参加費の50%
    当日・不参加:参加費の全額

備考

  • ●参加のご案内(参加証・会場地図など)および請求書を、セミナー開催10日前より送付させていただきます。
     開催日が近づいてもご案内が届かない際は、お手数ですが担当者までご連絡下さい。


    ●参加費用は、請求書等に記載の金融機関へお振込下さい。
     (振込手数料は、お客様ご負担でお願い致します。)

雇用システム研究センター 小堤、常盤
TEL
03-3511-4040 FAX03-3511-4046

関連する研修・セミナー

関連する企業内研修