労働組合・労使関係 人事・労務 賃金・評価・考課

実務担当者のための『賃金』基礎セミナー

いまさら聞けない!賃金制度の基本

当セミナーのポイント
1 人事賃金制度の全体像を1日で体系的に把握することができます。
  【ご経験が浅い新任の人事担当者の方、労働組合役員の方に最適です】
2 人事賃金制度の歴史的変遷、今日の課題と今後の方向性について学ぶことができます。
3 コース別人事制度、非正規社員の賃金制度について学ぶことができます。
4 自社の賃金制度の現状分析並びに改善方法を策定する手法を習得できます。

開催日程

2020年5月14日(木)10:00~17:00 ※9:30受付開始

対象

各企業・団体の人事部・経営企画部、管理職、労働組合執行部の皆様

研修時間


10:00~17:00

講師

日本生産性本部
雇用システム研究センター
主任研究員 平井 久禎

会場

日本生産性本部セミナー室
東京都千代田区平河町21312

参加費(税込) 消費税率10%を参加料に含めております。
税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

賛助会員:33,000円(税込)
一般参加:38,500円(税込)

※併せて5/15(金)開催【実務担当者のための『人事評価』基礎セミナー】をお申込み頂いた場合には、下記のとおり2日間割引の合計金額となります。
賛助会員:55,000円(税込)/一般:66,000円(税込)


プログラム概要

1 賃金の基礎知識
  (1)賃金の性格 
      生計費、人件費、労働(力)の価格
  (2)公正な賃金とは
      銘柄別賃金の整備(体系・水準・格差)
  (3)賃金を考える3つの視点
      賃金表、個人別賃金、平均賃金

2 日本人事・賃金制度の変化
  (1)年功主義・能力主義・成果主義と賃金の種類
     ・長期決済型から短期決済型へ
     ・能力基準から仕事基準へ
  (2)今日の人事政策をめぐる状況、賃金管理上の問題点
     ・ワークライフバランス、ダイバシティー

3 自社賃金の検証ポイント
  (1)賃金水準(所定内、年収)  
  (2)基本給ピッチ、賃金表の下限額と上限額の設計、評価による昇給検証 
  (3)手当の支給基準と支給額
  (4)賞与算定方法と評価による支給格差

4 能力主義賃金と仕事主義賃金の比較検証
  (1)生計費の視点からの検証
  (2)労働(力)の対価の視点からの検証
  (3)社員格付等、運用の視点からの検証

5 非正規社員・限定正社員の賃金のあり方
  (1)契約社員、再雇用社員の賃金
     ・正社員との適正格差、昇給/賞与の必要性
     ・有期契約労働者の無期転換
     ・65歳定年延長にむけて
  (2)限定社員(時間、勤務先、職務)の賃金
     ・正社員との適正格差、昇給・賞与のあり方
     ・昇格上限の設定方法と正社員への転換制度

6 賃金制度・整備・改善の進め方
  (1)現状診断 
     ・自社賃金実態調査、社員意識調査
     ・他社動向調査
  (2)基本構想作成
     ・現状の課題に対する改善策
     ・経営側、労働組合側双方の考える課題とは 
  (3)制度改訂案の設計
     ・賃金体系(基本給、手当の構成)の見直し
     ・新モデル賃金表の作成
     ・新賃金表の作成
     ・移行格付けと試算      
  (4)社内周知のあり方 

7 まとめと質疑応答

プログラム内容は、都合により変更となる場合がございます。
予めご了承ください。

キャンセル・変更のご依頼について

セミナー参加キャンセルをご希望の方は、お電話にてご連絡ください。

尚、開催日の7営業日前からキャンセル料⾦が発生しますのでご了承ください。
7営業日前〜4営業日前  :参加費の30%
3営業日前〜実施日前日  :参加費の50%
当日不参加       :参加費の全額

備考

●参加のご案内(参加証・会場地図など)および請求書を、セミナー1週間前より送付させていただきます。
 開催日が近づいてもご案内が届かない際は、お手数ですが担当者までご連絡下さい。
●参加費用は、請求書等に記載の金融機関へお振込下さい(振込手数料は、お客様ご負担でお願い致します)。

コンサルティング部【担当:角田、常盤、福田、山田】
TEL:03-3511-4060  FAX:03-3511-4052
(受付:9:30~17:30)

関連する研修・セミナー

関連する企業内研修