上級管理者(部長) 管理者(課長) 係長・リーダー エグゼクティブ リーダーシップ・マネジメント 労働組合・労使関係 働き方改革・ワークライフバランス コミュニケーション 人事・労務 オンライン

【無料】心理学から学ぶ、テレワークの課題と対応策

“ニューノーマル”における組織マネジメントシリーズ①

  • オンライン配信(ZOOMを予定)による、視聴型のセミナーです。

コロナ禍によりテレワークを行う従業員が増える中、コミュニケーションや指導・育成、評価等、従来の集合型のオフィス就労を前提とするマネジメントから、ニューノーマルへの対応を迫られています。当セミナーでは、テレワークがもたらす心理的な距離の弊害やコミュニケーション不足をどう克服するかなど、ソフト面の様々な課題を取り上げ、労務管理、人材育成などにおいて注力すべき対策を解説します。

開催日程

7月28日(火)14時~16時

対象

主に、人事担当者、管理職、労組役員を対象とします。
※個人・教育研修期間の方のご参加はご遠慮願います。お申込み後、お断りをさせて頂く場合があります。

研修時間

2時間
・途中で5分間の休憩をはさみます。
・チャットや投票機能を使うことで、双方向型のセミナーとして実施いたします。

講師

松下先生写真.png

松下 信武 氏(ゾム 代表)

京都大学経済学部卒業後、企業の人事課や家業の社長を経験。その後、京都大学教育学部でユング心理学をはじめとした心理学や教育学を学び、㈱ ベルシステム24 執行役員・総合研究所長やISRE(感情を研究する世界のトップレベルの心理学者が参加する研究組織)のアソシエート・メンバーに選任。その他、企業、教育機関での講演や心理学の研究活動、執筆活動の実績多数。また、日本電産サンキョー ㈱ のスケート部のメンタルコーチとして参加し、トリノ五輪、バンクーバー五輪、ソチ五輪では、多くの選手がメダルを獲得。

会場

オンライン開催
◆受講要領
(1)申込み受領のメール(自動送信)

申込みが完了すると、申込み完了のメールが自動配信されます。

(2)受講案内のメール

前日(727日)に、受講案内のメールを参加者宛にお送りいたします。メールが届かない場合は、下記「お問い合わせ先」事務局までご連絡ください。

(4)受講

当日は、開始15分前(13:45)から、Zoomによるセミナールームに入室いただけます。

参加費(税込) 消費税率10%を参加料に含めております。
税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

無料

コースの特徴

特徴
1

チャットや投票機能を使った双方向型のセミナー

特徴
2

受講後のアンケートにお答えいただいた方には、セミナーでいただいた質問の”Q&A集”やマネジメントに役立つ”心理学のキーワード集”を進呈させていただきます

プログラム概要

Ⅰ テレワークの心理学
①在宅勤務で出現した“新たな疲労”とは

②コロナ禍による環境下で、公平に評価するためには

途中休憩5分

Ⅱ テレワークのマネジメント

①テレワークによって、マネジメントに必要な、どのような情報が抜け落ちるのか

②新たな成果主義

③双方向の納得を得るための“対話力”を構成するもの

④テレワークの労務管理

⑤成功要因としての家庭

⑥テレワーク時代の人材育成

⑦分断の時代のマネジメント

備考

■お申込みの注意点
*受講案内をお送りするために、参加される方のメールアドレスを必ず入力ください。

*下記「オンラインセミナー参加誓約事項」に同意の上お申込みください。

(お申込みの時点で同意いただいたものとみなします。)

■オンラインセミナー参加誓約事項

下記参加誓約事項を了承の上、お申込みください。

①セミナー内で使用する資料・電子ファイルの無断転用はしません。

②セミナー内容を録画、録音はしません。

③セミナーには、許可された者のみが参加します。

④参加者に通知される情報の適切な管理に努め、他者との共有はしません。

⑤受講場所は、セミナーに集中でき他者に情報がもれない環境を確保します(大勢が業務をしている執務室やカフェなどでは受講しません)。

⑥派遣元企業や参加者の費用と責任において受講に必要なPC・デバイスなどの設備一式や十分な帯域とセキュリティが確保されたネットワーク環境を確保し、使用します(フリーのWiFiなど暗号化されていないネットワークは使用しません)。

⑦上記①ないし⑥の誓約事項(上記環境の確保・使用を含む)が守られなかった場合、以降の研修・セミナー参加許可は取り消され、補償はありません。

⑧主催者側の障害や瑕疵以外の理由で研修・セミナーの一部または全部を受講できなかった場合、補償はありません。

⑨セミナーに利用する第三者のオンライン会議の使用により派遣元企業や参加者が損害(個人情報や企業秘密の漏洩等を含むがこれらに限らない)を被った場合であっても、主催者側は当該損害について一切の責任を負いません。ただし、主催者側に故意又は重大な過失がある場合を除きます。

⑩何らかの原因でセミナーが中止となった場合、代替セミナーの提供はありません。

⑪上記誓約事項等のすべてを遵守・了承した上で、研修に参加します。

お問合せ先
(公財)日本生産性本部 統括本部 総合政策部社会政策グループ
中川 達也
TEL:03-3511-4006
MAIL:dmc@jpc-net.jp

関連する研修・セミナー

関連する企業内研修