次世代経営幹部 上級管理者(部長) 管理者研修(課長) 次世代リーダー育成 グローバル人材育成 経営戦略 事業開発

サスティナブル経営セミナー~持続可能性の視点から切り拓く新時代の成長戦略~

「社会課題解決と企業成長との両立」を通じた組織変革・事業創造を実現する、
将来のリーダーの育成に向けて
  • 近年注目を浴びるサスティナブル経営(社会課題解決と企業成長との両立)や、
    企業におけるSDGs達成への取り組みに欠かせないの視点を理解できます。
  • 自組織の将来のビジョン・ありたい姿を描くための”構想力”の醸成を促すことができます。
  • 講師/専門家・受講者間の対話や交流を通じ、ネットワークを形成できます。

開催日程
長期研修

2022年8月~2022年11月の間、月1回のペースでの開催
各回とも14:00~17:30


※詳細な開催日程は、2022年2月に公開致します。

対象

次世代経営幹部候補、
上級管理者、管理者、
労働組合幹部

定員

12名

講師

実務家、専門家・学識者

会場

日本生産性本部セミナー室

(東京・永田町)他

参加費(税込) 消費税率10%を参加料に含めております。
税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

賛助会員:138,600
一般参加:158,400

プログラム概要

本セミナーを通じて得られるもの
      • 新時代の経営に求められる意識
        「長期の視点で見た、自組織の存在意義・パーパス」や「”経済的価値””社会的価値”の両立」、
        「人口減少社会の到来とともにその重要性が高まりつつある”生産性”の視点」など、
        ”新時代の経営”を担う人材として欠かせない意識・視点を醸成することができます。

      • 中長期的・広範な視野・視座
        多様なステークホルダーを捉え、将来組織を担う人材として欠かせない
        ”自組織のビジョンを構想するための視野・視座”を養うことができます。

      • 参加者間の交流・ネットワーク構築
        他の参加者との対話・意見交換や演習の中で、日常では得られない気づきの獲得とともに、
        異業種他社との幅広いネットワークの構築ができます。


コースのねらいとプログラムの特徴・構成

本セミナーは、将来リーダーとして組織を牽引し、持続的な成長へと導くリーダーとして求められる意識・素養を醸成するために、
サスティナビリティ・SDGsと経営”といった視点に基づき、全4回のプログラムを通じて学び・気付きを深めて参ります。


サスティナブル経営セミナー_プログラム構成図.png


”持続可能性”の視点と経営
国連加盟193ヵ国が達成を目指す2016年から2030年までの国際目標として、
2015年9月に「SDGs(持続可能な開発目標)」が採択されて以来、5年以上が経過しました。

相互につながりを持つ包括的な17の目標の達成に向け世界が動き出す中で、
元よりイノベーションの主な担い手である企業組織・ビジネスの分野での取組・活動に、
これまで以上に焦点が当たりつつあります。

企業組織・ビジネスの分野におけるSDGs達成への取り組みが欠かせないとされる中で、
ビジネスを取り巻く様々な規範・ルール社会全体の価値観も大きく変容を遂げてきています。
法制化が進む人権デューデリジェンスを踏まえた「持続可能な調達」や、急拡大しつつある「ESG投資」、
「認証ラベルの拡大とエシカル消費」などは、その顕著な例と言えます。

こうした変化への対応は、2017年の世界経済フォーラム(ダボス会議)において示された通り
企業にとって「大きなビジネスチャンス」でもあるとともに、その一方で「資金の調達」や
「サプライチェーンの仕組みづくり」、「消費者の意識・価値観」といった視点からは、
対応の遅れが「大きなリスク」につながることも十分に想定されます。

こうした観点を踏まえると、”将来”の組織経営を担う人材として求められる視点の一つとして、
「持続可能性」を巡る動向やその背景となる潮流への理解は不可欠な要素と言っても過言ではない
状況となりつつあります。

そこで本セミナーでは”サスティナビリティ・SDGsと経営”について、企業にとっての重要な”環境変化”として、
単なる表面的ではなく背景となる潮流を含めた本質的な理解や、”企業としての理念・ビジョン”といった根源からの
見つめ直しを通じて、将来の組織経営を担う人材として今後欠かせない”学び・気付き”を得ていただきます。


SDGs_Poster_japanese_2021.png





タイムスケジュール

開催日程とスケジュール
      • 通い4日間、月1回の開催
        2022年8月から11月までの間、月1回のペースで。
        研修会は各回とも14:00~17:30を予定しております。
      • 終了後は交流・懇親会(参加任意)を開催
        異業種他社からなるご受講者間の更なる交流を促すため、
        研修会終了後に交流・懇親会のお時間を設定致します。

※詳細な開催日程は、2022年2月に公開致します。

開催回と主なテーマ
      • 第1回 2022年8月
        ビジネス環境・ルールの変化と「持続可能性(サスティナビリティ)」の視点
      • 第2回 2022年9月
        「社会課題解決」と「自社のパーパス(存在意義)」
      • 第3回 2022年10月
        ステークホルダーへの共感とリーダーシップ
      • 第4回 2022年11月
        自組織の将来のビジョンや新規事業を構想する


キャンセル・変更のご依頼について

すでにお申し込みいただいたお客様でキャンセル・変更をご希望される場合は以下のボタンをクリックして「生産性公開研修プログラム参加回変更・キャンセル依頼書」をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

    • キャンセル料
      【開催8営業日前まで】キャンセル料無料
      【開催7営業日前~4営業日前】参加費のうち研修費部分の30%と食費代部分30%
      【開催3営業日前~2営業日前】参加費のうち研修費部分の50%と食費代部分50%
      【1営業日前~開催当日不参加(途中受講中止含)】参加費のうち研修費部分の100%と食費代部分100%
    • 繰り延べ変更手数料
      お申し込みされた日程に出席できないときは、別日程へ繰り延べ変更ができます。
      【開催8営業日前まで】繰り延べ変更手数料無料
      【開催7営業日前~4営業日前】参加費のうち食事代部分の30%(研修費部分は変更手数料なし)
      【開催3営業日前~2営業日前】参加費のうち食事代部分の50%(研修費部分は変更手数料なし)
      【1営業日前~開催当日変更】参加費のうち食事代部分の100%(研修費部分は変更手数料なし)
    • 変更1回目は既定の変更手数料のみです。2回目以降および変更後のキャンセルは時期にかかわらず既定の変更手数料またはキャンセル料に加え、1回あたり5,500円(消費税10%込)をいただきます。キャンセル日の適用消費税率が上記と異なる場合は精算します。
    • なお、営業日9:3017:30以降のご連絡は翌営業日の取り扱いとさせていただきます。


FAX:03-3511-4056
E-Mail:mddseminar@jpc-net.jp

備考

    • やむをえない事情により、プログラムの内容・日程・講師などは変更することがございます。
    • お申し込みは先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。
お問い合わせ先

公益財団法人日本生産性本部 経営開発センター 公開研修プログラム

WEBからのお問い合わせ

電話のお問い合わせ

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)

関連する研修・セミナー

関連する企業内研修