組織開発・組織活性化 生産性向上 業務改善 オンライン(ライブ)

アフターコロナを見据えた「事例に学ぶ従業員満足度調査の読み解き方と生産性改革への活かし方」セミナー

~財務結果の要因の5割は非財務。人的資本は非財務の大きなひとつ~

オンライン開催・全国からご参加可能です
「人的資本経営」「ジョブ型雇用」「働き方改革」等、アフターコロナを見据えると経営課題も大きく変わってきています。反面、自社におけるその必要性や度合い、優先順位が明確にしきれないという声も聞こえてきます。財務や事業面では、現状把握をした上で対策立案、特に「現状を数値で捉える」が常識ですが組織面はどうでしょうか。経営課題の大きさや優先順位の仮説を持つためには現状把握が必要です。
 しかし、従業員満足度調査を実施し、従業員から「また調査か。大きく変わらないのに、またやるのか」と言われる組織も少なくありません。調査は、目的ではなく経営課題を克服するための現状把握ツールです。本セミナーでは従業員満足度調査の紹介ではなく、それを通じた具体的な経営課題及び改善事例から「生産性改革」への進め方をお伝えし、生産性改革実現のためのヒントを持ち帰って頂きます。

開催日程

2021年3月10日(水)15:00~16:30

対象

経営者、経営企画担当役員及び人事担当役員

定員

100名(1組織2名まで)

研修時間

1時間30分

講師

公益財団法人日本生産性本部
主任経営コンサルタント 小林誠

会場

オンライン開催(Zoom)

参加費(税込) 消費税率10%を参加料に含めております。
税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

無料

タイムスケジュール

※内容等は変更する場合があります。
※ご好評頂いた2020年7月開催の、「アフターコロナを見据えた「事例で学ぶ従業員満足度調査と生産性改革」セミナーを基本に再構成しています。

15:00
  1. Ⅰ 財務結果の要因の5割は非財務/そして人的資本
  2. 1 経営資源として重要視される「非財務」資源
  3. 2 経営実態把握ってどうやる
  4. 3 従業員満足度と実態把握
  5. Ⅱ 生産性改革の事例紹介
  6. 1 HRテックも視野に入れた考課表の運用の更なる高度化(A社)
  7. 2 研修体系の見直しとスキルマップ活用(B社)
  8. 3 管理職の戦略策定への参画(C社)
  9. 4 現場リーダーによる現場改善の継続(D社)
  10. 5 マネジメント力強化のためのマネジメントセッション(E社)

    (16:30終了)

備考

※セミナー用IDとパスワードは、お申込後にメールでご案内いたします。
※個人・教育研修機関の方のご参加はご遠慮願います。お申し込み後、お断りをさせて頂くことがあります。
※セミナーの録画録音は禁止させて頂きます。
※Zoomインストール、利用などを起因とするトラブルは、私共では保証しかねますので自己責任のもとご使用ください。

お問い合わせ先

日本生産性本部 コンサルティング部(担当:田邊、常盤、福田、山田)

WEBからのお問い合わせ

電話またはFAXでのお問い合わせ

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)

関連する研修・セミナー

関連する企業内研修