オンライン(ライブ) 自治体・学校・病院経営

「総合計画2.0の策定と運用に向けて」オンラインセミナー

~レジリエンスと自治体経営~

人口減少、少子高齢化、コロナなど自治体経営を取り巻く環境の厳しさが増す中
地域や行政の経営の核となる総合計画の策定と運用についてご紹介します。

◆顕在化したガバナンスの格差

 2020年に発生した新型コロナウィルス感染症の拡大は今なお世界的な脅威となっています。各国の政府に注目すると、感染拡大をコントロールできていない政府では未だに社会経済活動が著しく制限されています。他方、感染拡大をコントロールできている政府では社会経済活動が徐々に活発になっています。

 この差は政府のガバナンスの質、換言すれば経営の質に起因していると考えられます。つまり、政府の経営の質が高い政府では感染対策や感染予防の措置が効率的・効果的に展開され、そうでない政府ではそのような展開ができていないことが大きく影響しています。これは政府であっても経営の良し悪しで結果が大きく変わることを示唆しています。

◆“経営”の質を支える総合計画

 地方自治体も例外ではありません。人口減少や新型コロナウィルス感染症の拡大によって、財源は縮小する一方で住民ニーズは複雑化していきます。このような状況の中、我が国の地方自治体にも これまで以上に“経営” が求められているのです。

 ここで、地方自治体の“経営”の中核となるのが総合計画です。地方自治体においては総合計画をいかに策定し運用するかが“経営”の良し悪しを決めることになります。しかし、残念ながら総合計画が形骸化している団体は少なくなりません。この主たる原因は総合計画の運用が軽視されている点にあります。つまり、策定段階では市民参画などが積極的に行われているのですが、運用段階では総合計画がなくても仕事ができる状態になってしまっているのです。

◆試行錯誤の経験に学ぶ

 他方、総合計画が機能している団体では、行政の経営の指針とする団体や地域の経営の指針とする団体など、環境に応じて総合計画の機能が変化してきています。

 そこで、本セミナーでは、総合計画に基づいて“経営”を行っている滝沢市と小諸市の総合計画ご担当者様より、経験談を交えながら各団体の取り組みについてお話いただきます。

 時節柄、お忙しいこととは存じますが、貴台のご出席を賜りますようお願い申し上げます。

◆◆自治体マネジメントセンターのサービス・調査提言等については下記よりご覧ください。◆◆
https://www.jpc-net.jp/consulting/mc/pi/local-government/

開催日程

2021年7月15日(木)

対象

地方自治体の総合計画、行政改革ご担当者様

研修時間

13時30分~16時00分

講師

岩手県滝沢市役所
企画総務部企画政策課 課長  木下 昇三
長野県小諸市役所
総務部企画課 行政経営係長  小林 秀行
公益財団法人日本生産性本部
顧客価値創造センター 課長  佐藤 亨

会場

オンライン開催(Zoomウェビナー)

参加費(税込) 消費税率10%を参加料に含めております。
税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

12,000円/1団体

※資料代含む。
※1団体より何名様でもご参加可能です。

コースの特徴

特徴
1

ウィズコロナ/アフターコロナ時代において総合計画に求められる機能についてお話しします。

特徴
2

総合計画に基づいた行政変革、地域経営への展開についてお話しいただきます。

特徴
3

総合計画に基づいた行政経営の改善と深化のプロセスについてお話しいただきます。

特徴
4

レジリエンスのある自治体経営をいかに実現するか、ディスカッション形式で探っていきます。

プログラム概要

「レジリエンスと自治体経営-総合計画の視点から

 公益財団法人日本生産性本部 顧客価値創造センター 課長 佐藤 亨 

 新型コロナウィルス感染症の拡大によって、地方自治体には “経営”に取り組むことがこれまで以上に求められています。
 この経営の中核となるのが総合計画です。
 本セッションではレジリエンスと自治体経営をテーマとして、ウィズコロナ/アフターコロナ時代において総合計画に求められる機能についてお話します。


「行政経営から地域経営へ~滝沢市の総合計画の展開」

 滝沢市 企画総務部企画政策課 課長 木下 昇三 氏

 滝沢市では、組織の基盤となる経営品質の向上活動への取り組みを契機に、総合計画を核とした行政改革に取り組んできました。
 総合計画による変革は、地域にも拡大し、第5次滝沢村総合計画からは、地域経営に取り組んでいます。
 本セッションでは、滝沢市の総合計画策定推進者である木下氏に行政経営から地域経営をテーマに、滝沢市の総合計画の展開についてお話頂きます。


「行政経営の深化~小諸市の総合計画の展開」

 小諸市 総務部企画課 行政経営係長 小林 秀行 氏

 小諸市では、平成25年に開始した第9次基本計画を契機に、総合計画に基づいた行政経営を展開してきました。
 この取り組みは継続され、改善を繰り返しながら令和3年度には第11次基本計画を策定しています。

 本セッションでは、小諸市の総合計画策定推進者である小林氏に、行政経営の深化をテーマに、小諸市の総合計画の展開についてお話しいただきます。


パネルディスカッション「レジリエンスと自治体経営―総合計画の役割」

 コーディネーター 日本生産性本部 佐藤 亨 
 パネリスト    滝沢市役所   木下 昇三 氏
          小諸市役所   小林 秀行 氏

 「レジリエンスと自治体経営―総合計画の役割」をテーマに、総合計画の策定と運用における課題と解決の方向性について、
  参加者の方々と共に議論を深めてまいります。

タイムスケジュール


 13:30     開会

 13:35~14:00 テーマ:「レジリエンスと自治体経営-総合計画の視点から」
           佐藤 亨 (公益財団法人日本生産性本部

 14:00~14:30 テーマ:「行政経営から地域経営へ~滝沢市の総合計画の展開」
           木下 昇三 氏 (岩手県滝沢市

 14:30~15:00 テーマ:「行政経営の深化~小諸市の総合計画の展開」
           小林 秀行 氏 (長野県小諸市)

 15:00~15:15 休憩

 15:15~16:00 パネルディスカッション「レジリエンスと自治体経営―総合計画の役割」
          コーディネーター 佐藤 亨(日本生産性本部)
          パネリスト    木下 昇三 氏(岩手県滝沢市)、小林 秀行 氏(長野県小諸市)

※やむを得ない事情により、上記の講師・テーマは変更になる可能性がございます。ご了承ください。

キャンセル・変更のご依頼について

開催7営業日前(7月6日)以降のお取消しは、以下のキャンセル料を申し受けます。
代理の方のご参加か、お早めのご連絡をお願い申し上げます。


開催日7~4営業日前(7月6日~9日)

参加費の30%

開催日3営業日前~前々日(7月12日~13日)

参加費の50%

開催日前日および当日(7月14日~15日)

参加費の全額

備考

1.お申し込み方法について
 本ページのお申込みフォームからお申込みいただくか、以下に掲載の「総合計画2.0の策定と運用セミナーご案内(参加申込書)」をダウンロードし、ファクシミリ(03-3511-4039)にてご送付ください。
 開催のご案内と請求書は、開催の1週間前までにお送り申し上げます。

2.資料について
 参加者の方には、下記資料のうちいずれか一点を進呈致します。
 
 ①「地方自治体における総合計画ガイドライン」
  「新たな総合計画策定モデルの開発に関する研究会」の成果報告書です。

 ②「総合計画の新潮流 ~自治体経営を支えるトータル・システムの構築」(公人の友社、2014) 
   新たな時代に対応する総合計画のあり方に関する書籍です。
  (参考)『総合計画の新潮流 ~自治体経営を支えるトータル・システムの構築』
※公人の友社ウェブサイトに飛びます。

3.オンラインセミナーの視聴環境と事前テスト(7月6日実施予定)について
 ご視聴環境の事前テストを実施いたします。
 事前テストにご参加いただいた上で、ご視聴環境に問題があり、本オンラインセミナーをご視聴頂けない場合はお申し込みを取消しいただくことも可能です。

 開催7営業日前(7月6日)までにご連絡をお願い致します。


(ご参考)視聴環境

  • PC の場合 OS およびブラウザ:Windows7 以降(Internet Explorer、 Firefox、 Chrome、 Safari5+) / Mac10.7 以降(Safari5+、 Firefox、 Chrome)/  Linux (Firefox、Chrome)
  • スマートフォンなどモバイルの場合 専用アプリケーション「ZOOM Cloud Meetings」のインストールが必要です。

お問い合わせ先

公益財団法人日本生産性本部 自治体マネジメントセンター「総合計画2.0の策定と運用セミナー」事務局
(担当:田中・宮原・吉田・山﨑)

WEBからのお問い合わせ

電話のお問い合わせ

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)

関連する研修・セミナー

関連する企業内研修