労働組合役員 組織開発・組織活性化 労働組合・労使関係 コミュニケーション ファシリテーション・プレゼンテーション オンライン(ライブ)

【オンライン】ニューノーマル時代の組合活動活性化セミナー

組合活動の推進役となる『ファシリテータ』を育成する

(1)対面での意思疎通や合意形成がはかれない中でのコミュニケーション上の課題と「ファシリテータ」の役割・重要性を考えます。

(2)広義のファシリテータ(=組合活動全般の推進役)として、「成功循環モデル」(*)を活用した組合活動の活性化にむけたポイントと留意点を、講義および演習を通じて学びます。
*関係の質⇒思考の質⇒行動の質⇒結果の質⇒関係の質・・・

(3)狭義のファシリテータ(=会議の推進役)として、オンライン会議の特性をふまえた、より効率的かつ効果的なコミュニケーションのポイントと留意点を、講義および演習を通じて学びます。

開催日程

2021年11月25日(木)

対象

労働組合役員、ご担当者 など

研修時間

13:00~17:00

講師

栗林 裕也(くりばやし・ゆうや) (公財)日本生産性本部 組織・人材開発コンサルタント

会場

オンラインLIVE配信(Zoom)

参加費(税込) 消費税率10%を参加料に含めております。
税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

賛助会員:24,200
一般参加:28,600
※いずれも税込

コースの特徴

特徴
1

対面での意思疎通や合意形成がはかれない中でのコミュニケーション上の課題と「ファシリテータ」の役割・重要性を考えます。

特徴
2

広義のファシリテータ(=組合活動全般の推進役)として、「成功循環モデル」(*)を活用した組合活動の活性化にむけたポイントと留意点を、講義および演習を通じて学びます。
*関係の質⇒思考の質⇒行動の質⇒結果の質⇒関係の質・・・

特徴
3

狭義のファシリテータ(=会議の推進役)として、オンライン会議の特性をふまえた、より効率的かつ効果的なコミュニケーションのポイントと留意点を、講義および演習を通じて学びます。

プログラム概要

◇プログラム◇ 13:00~17:00


1.ファシリテータとは
・広義、狭義のファシリテータとは

2.広義のファシリテータの役割~成功循環モデルを回す
・組織の現状分析 ~成功循環モデルを活用したアセスメント~

・組合活動が一過性に終わらないための<組織風土づくり>



3.狭義のファシリテータの役割~生産性の高い会議を実現する

・効果的(アウトプットを生み出す)な会議を実現するために

・思わずやってしまう<会議の6つのNG>とは

・オンラインのアイスブレークのあれこれ

・ファシリテーターに求められる役割とスキル

・ファシリテータのスキル演習 ~筋の明確化、問いの投げかけ~

  


キャンセル・変更のご依頼について

参加お申し込み後のキャンセルは原則としてご遠慮いただいております。その場合は代理の出席をご検討下さい。
※なお、代理の参加も不可能な場合は速やかにご連絡下さい。
 その際、1週間前からキャンセル料が発生しますのでご注意下さい。
11月15日(月)~11月18日(木):参加費の30%
11月19日(金)~11月24日(水):参加費の50%
開催当日不参加:参加費の全額

備考

  • ●お申込みは先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。
    ●やむをえない事情により、プログラムの中止、内容・日程・講師などは変更することがございます。
    ●参加のご案内および請求書は、開催1週間前をめどにお送りいたします。時期が来ても到着しない場合は、恐れいりますが、ご一報願います。

■オンラインセミナー参加誓約事項

下記参加誓約事項を了承の上、お申込みください。

(1)セミナー内で使用する資料・電子ファイルの無断転用はしません。

(2)セミナー内容を録画、録音はしません。

(3)セミナーには、許可された者のみが参加します。

(4)参加者に通知される情報の適切な管理に努め、他者との共有はしません。

(5)受講場所は、セミナーに集中でき他者に情報がもれない環境を確保します(大勢が業務をしている執務室やカフェなどでは受講しません)。

(6)派遣元組織(企業、労組ほか)や参加者の費用と責任において受講に必要なPC・デバイスなどの設備一式や十分な帯域とセキュリティが確保されたネットワーク環境を確保し、使用します(フリーのWiFiなど暗号化されていないネットワークは使用しません)。

(7)上記(1)ないし(6)の誓約事項(上記環境の確保・使用を含む)が守られなかった場合、以降の研修・セミナー参加許可は取り消され、補償はありません。

(8)主催者側の障害や瑕疵以外の理由で研修・セミナーの一部または全部を受講できなかった場合、補償はありません。

(9)セミナーに利用する第三者のオンライン会議の使用により派遣元企業や参加者が損害(個人情報や企業秘密の漏洩等を含むがこれらに限らない)を被った場合であっても、主催者側は当該損害について一切の責任を負いません。ただし、主催者側に故意又は重大な過失がある場合を除きます。

(10)何らかの原因でセミナーが中止となった場合、代替セミナーの提供はありません。

(11)上記誓約事項等のすべてを遵守・了承した上で、研修に参加します。

公益財団法人日本生産性本部
総合政策部
TEL:03-3511-4006 FAX:03-3511-4048

資料ダウンロード

関連する研修・セミナー

関連する企業内研修