公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
トップページ > 研修・セミナー > 階層別研修 > 開催日程一覧 > 職場リーダー基礎コース<通いコース>

2018年度
※2018年度・2019年度のページの切り替えは上のタブ↑で可能です。

職場リーダー基礎コース<通いコース>

※2015年度より職場リーダー基礎コース<合宿>(旧:係長主任基礎コース)の<通いコース>が新設されました

「仕事と人」のマネジメント力を鍛える

■職場リーダーに求められる「役割認識」「仕事のマネジメント」「チームと人のマネジメント」の基礎について学習します。
■講義、演習、事例研究による実践重視のプログラムです。原理原則を学び、具体的な職場課題の解決に向けた演習に取り組むことで、実践能力のステップアップを図ります。
■異業種との経験交流を通じて、視野の拡大と自己課題の明確化ができます。


コースの特徴

特徴1 管理職・管理者には位置づけられていないが、係、班、チーム、グループ、ユニットなど小さい一つの単位の組織のマネジメントを期待され、任されている職場リーダー、監督者向けに最適のベーシックコースです。
特徴2 活力ある質の高い職場をつくるために構成された、実践的なプログラムです。
特徴3 係長や主任など職場リーダーとして新たな意識・役割を求められる立場の方を対象に、実務担当者+αの役割と能力[管理職の補佐や上下・関係者との調整、職場の問題解決、リーダーシップ、部下育成・・・]に関する、気づき・理解を深めます。
特徴4 仕事の視点とチーム・人の視点の両面から「マネジメントとは何か」について考えを深めます
特徴5 マネジメントに不可欠なコミュニケーションを「論理的な伝え方」(知のコミュニケーション術)および「動機づけにつながる関わり方」(情のコミュニケーション術)の2つの視点から学びます。
特徴6 初歩的なところからわかりやすく解説し、グループ演習・事例研修なども多く取り入れていますので、無理なく体得できる内容です。また、参加者同士の経験交流を通じて、視野が拡大し、自己の課題がより明確になります。

担当講師からのコメント

星名英樹講師

星名 英樹 講師

昨今、現場第一線でチームの仕事を取り仕切り、部下・後輩を指導・支援、育成するのは、職場リーダーのみなさんになってきました。ご自身が多くの仕事を抱えながら、かつ職場を監督することに注力する姿からは、大変なご苦労が垣間見えます。
そんな職場リーダーの多くは、日々悩みを抱えながら仕事を進めています。働く人たちの価値観の多様化、様々な雇用形態、従業員の多国籍化などによって、これまでのやり方が通じない面が増えてきたのが悩みの背景にはあります。
本コースは、職場リーダーとしての基礎的な知識を広く学び、経験交流やケース研究等を通じて深めながら、ご自身の仕事の進め方や部下・後輩へ関わり方の見直しすすめ、より効果的な職場マネジメントにつなげていきます。
更に、毎日の振り返りでお書きいただく「研修活用シート」へのフィードバックを通じて個別の疑問にもお答えし、マネジメントの一助となるように進めさせていただきます。
多くの職場リーダーのみなさんのご参加をお待ちしています。

職場リーダーのみなさんへ。
同じような悩みや課題を抱える仲間と共に語り合い、課題解決の一助にしてみませんか。相互啓発の場を通じて、今まで以上のリーダーの姿を一緒に探究して行きましょう。


開催情報

対象 職場リーダー・リーダー候補(係長・主任等の監督者層)
定員 24名
講師 日本生産性本部 講師 星名 英樹/筒井 健太 他
会場 日本生産性本部 セミナー室(東京・永田町)他
研修時間 21時間
参加費
(消費税込)
賛助会員:77,760円/73,440円(5名以上同時一括申込割引)
一般:92,880円/87,480円(5名以上同時一括申込割引)
※うち食事代 4,860円

プログラム概要

1. 経営環境と職場の変化

企業を取りまく経営環境はかつてないスピードで大きく変化しています。少子高齢・人口減少、グローバル化などマクロの変化を概観し、企業・職場・業務にどのような変化をもたらしつつあるのか考察します。

2.職場リーダーの立場と役割

職場メンバーと職場リーダーとの最も明確な立場の違いとは、個人プレーヤーとしての発想(部分最適)からリーダー・監督者としてのマネジメントの発想(全体最適)への視点転換が期待される点にあります。業績向上や部下育成という新たな役割を踏まえながら、求められる能力要件や職場全体の最適化に向けた意識変革の必要性について認識を深めます。

3. 仕事のマネジメント力

職場リーダーが監督者としての役割を遂行するにあたっては、個人とチームの目標管理、問題解決スキルの向上、業務プロセス改善に努める必要があります。一連の基本ステップを学ぶとともに、演習(個人ワーク&グループワーク)を通じて職場での実践力向上を図ります。

4. 人のマネジメント力

職場メンバーの価値観やキャリアは人様々です。職場を上手にマネジメントしていくためには、人間の集まりであるチームの行動特性・行動力学を正しく把握することが求められます。ここではチームビルディングとチームワーク、リーダーシップとキャプテンシーの基本を学び、リーダーとしてメンバーに最大限のフォロワーシップ・メンバーシップ(上司・チームへの貢献力)を発揮させるためのポイントを修得します。

5.論理的に『伝える力』 〜知のコミュニケーション

チームが円滑に業務を推進するためには、メンバーがしっかり理解・納得できるような論理的な伝え方で指示・命令・連絡をおこなう必要があります。いわゆる「あうんの呼吸」による意思疎通の限界を知り、ロジカルコミュニケーションの基本を学ぶとともに、演習やプレゼンテーションのロールプレイングを通じて職場リーダーに不可欠な「論理的に考えをまとめ、伝える力」の向上を図ります。

6. 共感的態度に基づく『聴く力』 〜情のコミュニケーション

メンバーの貢献・協働意欲をさらに引き出すためには、共感的な態度(カウンセリングマインド)に基づいてメンバー各人を深く理解する力(聴く力)を強化し、各人の心に働きかけていくことが必要です。また職場リーダーにとって業績向上と並ぶ重要な任務である部下育成の基本について学びます。コミュニケーションによる信頼関係づくりなどについて、実践的な演習・ロールプレイングによる体得を図ります。

7.まとめ 〜「自己成長能力」の涵養

3日間学んだ内容をもとに、自職場の課題に対する対策を検討します。また、受講者のキャリア形成、コンピテンシー(業務直結能力)向上など、今後の「自己成長」のあり方について検討します。

ページの先頭へ戻る

タイムスケジュール

時間 第1日 第2日 第3日
9:00

12:00

 

9:00開始

オリエンテーション



1.経営環境と職場の変化
・企業を取り巻く環境変化
・職場で起きている変化
・企業経営と顧客志向



3.仕事のマネジメント力
・個人の業績からチームの業績達成への視点転換
・個人・チームの目標管理
・問題解決スキルの向上
・業務プロセス改善
【グループ演習】

4.チームと人のマネジメント
・チームビルディング
・メンバー指導・動機づけの進め方
【グループ演習】
・チーム力向上のためのコミュニケーション
・カウンセリング・マインド
・共感的態度に基づくコミュニケーション
・リーダーシップとフォロワーシップ
【グループ演習】


5.自己成長に向けたセルフマネジメント
・コンピテンシーの向上

13:00

17:00

2.職場リーダーの立場と役割
・職場リーダーの組織における位置づけ・立場
・職場リーダーの基本的な役割
【ミニワーク】
・職場リーダーに求められる能力

・論理的思考に基づくコミュニケーション
〜報告・連絡・相談への活用〜



・キャリアの開発
・自己啓発のすすめ


6.まとめ
・行動計画の作成
・総括講義


17:00終了

ページの先頭へ戻る

受講者の声(職場リーダー基礎コース<合宿>)


職場リーダーに必要なことが効率良くまとまった内容で、とても役立ちました。


グループ討議が多くあり、机上で学んだことをすぐに役立てる場があったので身につきました。


今まで数多くの研修に参加してきましたが、今回の研修ほど実践的で勉強になる研修は初めてでした。特に講義とグループ演習のバランスが良く、3日で終わってしまうのが惜しいくらい楽しめました。


職場リーダーとしての役割を、私は今ひとつ理解していませんでした。この研修で、「会社から何を期待されているのか、職場で何をすべきか」を考える良い機会になりました。

ページの先頭へ戻る

お申し込み

お申し込みはこちら

キャンセル・変更のご依頼について

すでにお申込みいただいたお客様でキャンセル・変更をご希望される場合は
以下のボタンをクリックして「生産性公開研修プログラム参加回変更・キャンセル依頼書」を
ダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

上記について
開催7営業日前から既定のキャンセル料・変更手数料を申し受けますので
予めご了承ください。また、変更2回目以降および変更後のキャンセルにつきましては時期にかかわらず 上記のキャンセル料・変更手数料に加え、1回あたり5,400円[8%税込](事務手数料)を加算させて
いただきますが、ご了承ください。

なお、営業日9:30〜17:30以降のご連絡は翌営業日の取り扱いとさせていただきます。

FAX:03−3511−4056
E-Mail:mddseminar@jpc-net.jp

この研修(コース)のキャンセル・変更はこちら

【企業内研修(講師派遣)】経営課題解決のための、お客様ニーズに合わせた研修を企画します。 【経営アカデミー】経営人材育成プログラム「計9コース」創設1965年 1万3千人の修了メンバー
研修・セミナー総合カタログのご案内 開催予定の研修・セミナーを網羅した総合カタログの送付を希望の方はこちらの資料請求フォームから
2019年度
※2018年度・2019年度のページの切り替えは上のタブ↑で可能です。

職場リーダー基礎コース<通いコース>

※2015年度より職場リーダー基礎コース<合宿>(旧:係長主任基礎コース)の<通いコース>が新設されました

「仕事と人」のマネジメント力を鍛える

■職場リーダーに求められる「役割認識」「仕事のマネジメント」「チームと人のマネジメント」の基礎について学習します。
■講義、演習、事例研究による実践重視のプログラムです。原理原則を学び、具体的な職場課題の解決に向けた演習に取り組むことで、実践能力のステップアップを図ります。
■異業種との経験交流を通じて、視野の拡大と自己課題の明確化ができます。


コースの特徴

特徴1 管理職・管理者には位置づけられていないが、係、班、チーム、グループ、ユニットなど小さい一つの単位の組織のマネジメントを期待され、任されている職場リーダー、監督者向けに最適のベーシックコースです。
特徴2 活力ある質の高い職場をつくるために構成された、実践的なプログラムです。
特徴3 係長や主任など職場リーダーとして新たな意識・役割を求められる立場の方を対象に、実務担当者+αの役割と能力[管理職の補佐や上下・関係者との調整、職場の問題解決、リーダーシップ、部下育成・・・]に関する、気づき・理解を深めます。
特徴4 仕事の視点とチーム・人の視点の両面から「マネジメントとは何か」について考えを深めます
特徴5 マネジメントに不可欠なコミュニケーションを「論理的な伝え方」(知のコミュニケーション術)および「動機づけにつながる関わり方」(情のコミュニケーション術)の2つの視点から学びます。
特徴6 初歩的なところからわかりやすく解説し、グループ演習・事例研修なども多く取り入れていますので、無理なく体得できる内容です。また、参加者同士の経験交流を通じて、視野が拡大し、自己の課題がより明確になります。

担当講師からのコメント

星名英樹講師

星名 英樹 講師

昨今、現場第一線でチームの仕事を取り仕切り、部下・後輩を指導・支援、育成するのは、職場リーダーのみなさんになってきました。ご自身が多くの仕事を抱えながら、かつ職場を監督することに注力する姿からは、大変なご苦労が垣間見えます。
そんな職場リーダーの多くは、日々悩みを抱えながら仕事を進めています。働く人たちの価値観の多様化、様々な雇用形態、従業員の多国籍化などによって、これまでのやり方が通じない面が増えてきたのが悩みの背景にはあります。
本コースは、職場リーダーとしての基礎的な知識を広く学び、経験交流やケース研究等を通じて深めながら、ご自身の仕事の進め方や部下・後輩へ関わり方の見直しすすめ、より効果的な職場マネジメントにつなげていきます。
更に、毎日の振り返りでお書きいただく「研修活用シート」へのフィードバックを通じて個別の疑問にもお答えし、マネジメントの一助となるように進めさせていただきます。
多くの職場リーダーのみなさんのご参加をお待ちしています。

職場リーダーのみなさんへ。
同じような悩みや課題を抱える仲間と共に語り合い、課題解決の一助にしてみませんか。相互啓発の場を通じて、今まで以上のリーダーの姿を一緒に探究して行きましょう。


開催情報

対象 職場リーダー・リーダー候補(係長・主任等の監督者層)
定員 24名
講師 日本生産性本部 講師 星名 英樹/筒井 健太/村岡 伸彦/小林 俊介 他
会場 日本生産性本部 セミナー室(東京・永田町)他
研修時間 21時間
参加費
(消費税込)
賛助会員:79,920円/75,600円(5名以上同時一括申込割引)
一般:95,040円/89,640円(5名以上同時一括申込割引)
※うち食事代 4,860円
消費税率8%を参加料に含めております。税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

プログラム概要

1. 経営環境と職場の変化

企業を取りまく経営環境はかつてないスピードで大きく変化しています。少子高齢・人口減少、グローバル化などマクロの変化を概観し、企業・職場・業務にどのような変化をもたらしつつあるのか考察します。

2.職場リーダーの立場と役割

職場メンバーと職場リーダーとの最も明確な立場の違いとは、個人プレーヤーとしての発想(部分最適)からリーダー・監督者としてのマネジメントの発想(全体最適)への視点転換が期待される点にあります。業績向上や部下育成という新たな役割を踏まえながら、求められる能力要件や職場全体の最適化に向けた意識変革の必要性について認識を深めます。

3. 仕事のマネジメント力

職場リーダーが監督者としての役割を遂行するにあたっては、個人とチームの目標管理、問題解決スキルの向上、業務プロセス改善に努める必要があります。一連の基本ステップを学ぶとともに、演習(個人ワーク&グループワーク)を通じて職場での実践力向上を図ります。

4. 人のマネジメント力

職場メンバーの価値観やキャリアは人様々です。職場を上手にマネジメントしていくためには、人間の集まりであるチームの行動特性・行動力学を正しく把握することが求められます。ここではチームビルディングとチームワーク、リーダーシップとキャプテンシーの基本を学び、リーダーとしてメンバーに最大限のフォロワーシップ・メンバーシップ(上司・チームへの貢献力)を発揮させるためのポイントを修得します。

5.論理的に『伝える力』 〜知のコミュニケーション

チームが円滑に業務を推進するためには、メンバーがしっかり理解・納得できるような論理的な伝え方で指示・命令・連絡をおこなう必要があります。いわゆる「あうんの呼吸」による意思疎通の限界を知り、ロジカルコミュニケーションの基本を学ぶとともに、演習やプレゼンテーションのロールプレイングを通じて職場リーダーに不可欠な「論理的に考えをまとめ、伝える力」の向上を図ります。

6. 共感的態度に基づく『聴く力』 〜情のコミュニケーション

メンバーの貢献・協働意欲をさらに引き出すためには、共感的な態度(カウンセリングマインド)に基づいてメンバー各人を深く理解する力(聴く力)を強化し、各人の心に働きかけていくことが必要です。また職場リーダーにとって業績向上と並ぶ重要な任務である部下育成の基本について学びます。コミュニケーションによる信頼関係づくりなどについて、実践的な演習・ロールプレイングによる体得を図ります。

7.まとめ 〜「自己成長能力」の涵養

3日間学んだ内容をもとに、自職場の課題に対する対策を検討します。また、受講者のキャリア形成、コンピテンシー(業務直結能力)向上など、今後の「自己成長」のあり方について検討します。

ページの先頭へ戻る

タイムスケジュール

時間 第1日 第2日 第3日
9:00

12:00

 

9:00開始

オリエンテーション



1.経営環境と職場の変化
・企業を取り巻く環境変化
・職場で起きている変化
・企業経営と顧客志向



3.仕事のマネジメント力
・個人の業績からチームの業績達成への視点転換
・個人・チームの目標管理
・問題解決スキルの向上
・業務プロセス改善
【グループ演習】

4.チームと人のマネジメント
・チームビルディング
・メンバー指導・動機づけの進め方
【グループ演習】
・チーム力向上のためのコミュニケーション
・カウンセリング・マインド
・共感的態度に基づくコミュニケーション
・リーダーシップとフォロワーシップ
【グループ演習】


5.自己成長に向けたセルフマネジメント
・コンピテンシーの向上

13:00

17:00

2.職場リーダーの立場と役割
・職場リーダーの組織における位置づけ・立場
・職場リーダーの基本的な役割
【ミニワーク】
・職場リーダーに求められる能力

・論理的思考に基づくコミュニケーション
〜報告・連絡・相談への活用〜



・キャリアの開発
・自己啓発のすすめ


6.まとめ
・行動計画の作成
・総括講義


17:00終了

ページの先頭へ戻る

受講者の声(職場リーダー基礎コース<合宿>)


職場リーダーに必要なことが効率良くまとまった内容で、とても役立ちました。


グループ討議が多くあり、机上で学んだことをすぐに役立てる場があったので身につきました。


今まで数多くの研修に参加してきましたが、今回の研修ほど実践的で勉強になる研修は初めてでした。特に講義とグループ演習のバランスが良く、3日で終わってしまうのが惜しいくらい楽しめました。


職場リーダーとしての役割を、私は今ひとつ理解していませんでした。この研修で、「会社から何を期待されているのか、職場で何をすべきか」を考える良い機会になりました。

ページの先頭へ戻る

お申し込み

お申し込みはこちら

キャンセル・変更のご依頼について

すでにお申込みいただいたお客様でキャンセル・変更をご希望される場合は
以下のボタンをクリックして「生産性公開研修プログラム参加回変更・キャンセル依頼書」を
ダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

上記について
開催7営業日前から既定のキャンセル料・変更手数料を申し受けますので
予めご了承ください。また、変更2回目以降および変更後のキャンセルにつきましては時期にかかわらず 上記のキャンセル料・変更手数料に加え、1回あたり5,400円[8%税込](事務手数料)を加算させて
いただきますが、ご了承ください。

なお、営業日9:30〜17:30以降のご連絡は翌営業日の取り扱いとさせていただきます。

FAX:03−3511−4056
E-Mail:mddseminar@jpc-net.jp

この研修(コース)のキャンセル・変更はこちら

【企業内研修(講師派遣)】経営課題解決のための、お客様ニーズに合わせた研修を企画します。 【経営アカデミー】経営人材育成プログラム「計9コース」創設1965年 1万3千人の修了メンバー
研修・セミナー総合カタログのご案内 開催予定の研修・セミナーを網羅した総合カタログの送付を希望の方はこちらの資料請求フォームから

ページの先頭へ戻る

(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.