公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
書籍

手帳

生産性映像


トップページ > LICトップ
生産性労働資料センター LIC
 生産性労働情報センターは、広く働くことに関わる、様々な労働問題や労使関係、個別企業の人事・賃金問題、キャリア育成、ワーク・ライフ・バランスについてのデータ集積や調査研究を実施し、書籍・刊行物としてご提供しています。また、刊行物をベースとした、時事に富んだテーマでの出版セミナーを開催し、直に著者の講演を聴き、情報交換の場を設定しています。


 当センターでは年間購読会員制度を設け、年間購読会員としてご入会いただいた皆様へは毎月定期的に、
 @ 働くことの情報誌「ワークライフ(季刊)」
 A 時事に富んだ、様々な「調査報告書」や定期的刊行の「統計集」
 B 働くことに関連する「書籍」
などをお送りしています。

 さらに特典として、各種出版セミナーへのご参加において特別割引価格を適用させていただきますので、よりリーズナブルでかつ優先的にご参加いただくことができる制度となっております。

 例えば、LICセミナーでは、直に著者の講演を聞いたり情報交換をすることができます。その上、同会員としてご入会いただいていらっしゃる場合には、特別割引価格が適用されると同時に、当該セミナーに優先的にご参加いただくことができます。

 その他、同制度に別途定めますワークライフ会員としてご入会いただいた皆様には、上記の@と、もう1点、上記のAの中から活用労働統計(年刊)をそれぞれお届けしています。詳しくは下記のパンフレットをご参照ください。

 多くの皆様のご入会を心よりお待ちしております。

 →年間購読会員制度(およびワークライフ会員)パンフレットはこちら(pdf)から

■既刊・新刊のご案内

◆2016/09/20 企業内の労使関係 改訂増補版
◆2016/09/26 女性人材の活躍2016〜女性コア人材の育成の現状と課題〜
◆2016/09/26 社会保険ポイント解説16/17 −制度改定の動向と仕組み−
◆2016/09/26 賃金・労使関係データ 2016/2017−個別賃金・生涯賃金と雇用処遇−
◆2016/10/26 ダイアローグ(対話)人事型制度のすすめ【改訂増補版】
◆2016/10/26 【改訂版】口述 労働法入門−通勤や仕事の合間、就寝前の30分に「読む」講義−
◆2016/11/16 どんな時にも成果を出すリーダーが磨き続ける5つの要諦 -あの人はなぜ、いつも成果を出し続けられるのか?-
◆2016/11/16 派遣社員のためのキャリアデザインハンドブック

→ LICの既刊書籍のご案内(カテゴリー別の既刊はこちらから)
年刊・年度版報告書のバックナンバーは、http://bookstore.jpc-net.jp/から検索いただくか、当センター(lic@jpc-net.jp)までお問合せください。

■情報誌・季刊ワークライフ(季刊ワークライフパンフレット.pdf)

情報誌ワークライフ vol.14 〜労使の焦点〜

 [特集]人材開発と組織開発を考える
  
 1.組織の成長を促す人材開発の新潮流
   〜従業員パフォーマンス向上のメカニズムの理解と、
            組織診断ツールRAPsの応用〜:
竹内  規彦氏(早稲田大学大学院経営管理研究科准教授)
 2.RAPs導入企業にみる、人材開発・組織開発事例:
 3.組織における管理職を起点とした人材の活性化戦略とは:
栗林  裕也氏(日本生産性本部人材開発コンサルタント)
トピック:
1、「エンパワーメント・フォーラム2016」開催レポート
  〜「女性活躍パワーアップ大賞」表彰式〜

2、平成28年度新入社員「働くことの意識」調査結果より
  〜働く目的は「楽しい生活がしたい」、
     働き方は「人並みで十分」がともに過去最高〜

■出版セミナーのご案内

2016年12月13日 最適総額人件費・要員管理セミナー
 賃上げ政策・賃金改定にのぞく労使のルールつくり 労使が納得する適正人件費、適正要員とは
2017年 1月25日 同一労働同一賃金時代に向けた処遇と賃金制度セミナー
 −働き方改革の課題と対策の方向性を、均等待遇・判例から考える−

■お求めは

・当財団売店、ホームページ(http://bookstore.jpc-net.jp/)、ジュンク堂・丸善・三省堂・八重洲ブックセンターなど大手書店、官報販売所にてお求めいただけます。
・amazonや楽天ブックスなどのネット書店からもお求めいただけます。


▲ページTOP
(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.