公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
トップページ > 研修・セミナー > 階層別研修 > 開催日程一覧 > 上級管理者コース

2017年度

上級管理者コース

部門マネジメント力と経営戦略・経営計画策定能力を身につける

■ご好評につき、2017年度も、年間6回実施に!!
■上級管理者に必要とされる知識やスキルを一通り学習。外部環境変化の捉え方やSWOT分析・財務分析などの基本的な分析手法が身に付く
■経営幹部の一員として、組織における立場や求められる役割・機能を再確認し、成果をあげるための部門マネジメント力を強化する
■経営戦略の策定プロセスについて一つ一つ順を追って理解はかり、策定した経営戦略を計画的に展開・実行していくためのポイントを習得する


コースの特徴

特徴1 経営幹部の一員としての部門経営者意識の醸成をはかります
上級管理者の役割について、チェックリストやケース演習で確認します。3大役割である「部門目標の達成」「組織変革と組織マネジメント」「後進育成」の重要性を再認識すると共に、経営幹部の一員として、経営者の視点や中長期的な視点、財務の視点や戦略的な思考・行動が求められることを理解します。
特徴2 上級管理者に求められる経営環境変化に対応するマネジメント能力を開発します
不確実性の高い経営環境において、限られた資源(人・モノ・金・情報)を効果的に活用するために、変化の兆候や捉え方のコツ(思考のフレームワーク)を学習します。変化対応の他社事例やリスク要因の見極め方を学び、経営環境変化に動じないマネジメント能力を養います。
特徴3 経営戦略・経営計画策定の要点をステップごとに理解・習得します
講義で各ステップの基本知識を学習します。財務分析やSWOT分析などの分析手法についてはミニ演習も行い、経験のない方でも理解いただけるよう進行します。その後、ケース企業を用いたグループ演習を行い、講義内容の理解を深めると共に、自職場で実践する際のイメージを掴みます。

研修担当講師からのコメント

林正和講師

林 正和 講師

上級管理者コースでは、部門長の役割・機能と経営戦略について学んでいただきます。
部門長の役割・機能についてはグループ討議を多く実施しますので、異業種の部門長クラスの人たちと悩みを共有することができ、問題解決につながります。
また、財務管理については基礎から復習をしますので、財務が苦手な人も安心して参加できます。


研修開催情報

対象 部長・次長・支店長・工場長
定員 30名
講師 日本生産性本部 講師 加藤 篤士道/林 正和/澤倉 光仁郎
会場 「生産性国際交流センター」(神奈川県葉山町)他
研修時間 22時間
参加費
(消費税込)
賛助会員:157,360円/137,650円(5名以上同時一括申込割引)
一般:178,960円/159,040円(5名以上同時一括申込割引)
※うち宿泊費・食事代 27,760円(シングルルーム利用)

研修プログラム概要

事前課題と事前要望シート

ご参加の約1ヵ月前に、事前課題としてケース教材をお届けします。ケース企業の強みや弱み、抱えている課題などについてお考えを整理した上で受講して頂くようにお願いしています。また、事前に研修への要望シートをご提出いただきます。受講者の興味・関心や悩み、質問などを把握し、できる範囲ながらご要望に沿った形の研修展開に努めております。

1.経営環境の変化と企業経営《講義・演習》

企業を取り巻く経営環境を外部環境・内部環境に分けて整理し、またそれぞれが与える自社・自部門への影響について演習により考察します。

●国内外・企業内外の経営環境変化の捉え方を学習します。
●経営環境の変化が自社・自部門に与える影響を整理し、そのための対応策について考察するきっかけとしていただきます。

2.上級管理者の役割と機能《講義・演習》

上級管理者(部門長)は部門経営者であるべきと捉え、役割と機能について講義と演習を通じて理解します。

●部門経営者の役割と機能に関する知識を講義で整理します。
●チェックリスト演習とケーススタディを通じて理解を深めます。

3.上級管理者に求められる財務マネジメント《講義・演習》

上級管理者に求められる財務分析の視点と理解しておくべき経営指標について、講義とミニ演習を通じて学習します。

●基本事項の説明から収益構造の改革まで、無理のないステップに分けて説明します。
●事業内容と財務数値を結びつけて考える訓練をします。

4.経営戦略策定のフロー《講義・演習》

上級管理者に期待される役割・機能の中から、経営戦略・経営計画策定に焦点をあてて理解を深めます。ケース企業を題材に、財務分析やSWOT分析などの分析手法を用いて経営課題を抽出し、経営建て直しの方策を考えていただくことを通じて、経営戦略・経営計画策定のステップを体得します。

  1. 学習した財務分析の基本を早速、活用し、ケース企業の財務面での課題を検討します。
  2. SWOT分析(強み・弱み・機会・脅威の整理)を行い、ケース企業の経営課題を多角的に検討します。
  3. 財務分析、SWOT分析で抽出した課題の中から、重要経営課題を選定します。
  4. 重要経営課題(ターゲット)を克服するための方策を検討します。
  5. 経営建て直しの方策の検討結果をグループ毎に発表し、クラス討議を通じて更なる気づきを得て、自社・自部門へ応用展開するための一助とします。

5.まとめ

環境変化の意味とインパクト、上級管理者の役割と機能、経営戦略・経営計画策定演習を通じて理解していただいた内容を整理し、実務で活用するためのヒントを得ます。

●“気づき”を行動に繋げるために
●社内外のヒューマンネットワークの重要性

ページの先頭へ戻る

研修タイムスケジュール

時間 第1日 第2日 第3日
9:00

12:00

 

11:15開始

オリエンテーション
1.経営環境変化と企業経営
(1)最近の経営環境変化とインパクト

3.上級管理者に求められる財務マネジメント
・ROE,ROAと5つのコストダウン
【演習】財務分析トレーニング

【グループ演習】
ケーススタディ(続き)


・発表準備
・プレゼンテーション
・質疑応答

13:00

18:00

(2)環境変化対応の意味と重要性
【演習】環境変化とその影響の考察

2.上級管理者の役割と機能
(1)部門マネジメントの方向性
【演習】部門長の役割と機能

4.経営戦略策定のフロー
・戦略策定ステップの確認

【グループ演習】
ケーススタディ


(1)経営理念
(2)経営ビジョン
(3)財務分析・SWOT分析
(4)事業ドメインの選択

・講師講評、解説

4.まとめ
 ・環境変化の兆候
 ・気づきを行動化する
 ・”勝ちきる”ための社内外ネットワーク

15:15終了

19:00

21:00

【経験交流・懇親会】

(5)戦略策定
(6)経営目標設定
(7)具体的策検討

 

ページの先頭へ戻る

研修受講者の声


資源リサイクル

環境変化や上級管理者の役割、戦略思考や財務的な視点について、演習を通じて、課題抽出からその対策まで学べた点がよかった。


電子部品

損益計算書、バランスシート、キャッシュフロー計算書より財務状況のチェックポイントの把握から中期経営計画の策定までの流れを勉強出来て良かった。


鉄鋼業

部門経営者のマネジメント力の重要さについて、改めて考えさせられた。管理者の役割として、部門業績の向上に責任を持つだけでなく、部下と課題の共有化を図ることや後継者人材の育成も重要な役割と意識付けが出来た。


食料品製造販売

財務分析とSWOT分析から経営の問題点を明確化し、経営基本方針にまで結びつけていくことをケース演習で学ぶことが出来た。今後の担当部・課の計画・方針策定に利用したいと思った。


設備工事業

過去に「管理者基礎コース」や洋上研修にも参加させていただき、それぞれ大変有意義な体験でした。現在 社員教育を担当しており、今回の講義内容と共に講師の話し方のポイントなども今後の業務に役立てて行きたい。

ページの先頭へ戻る

研修お申し込み

お申し込みはこちら

研修キャンセル・変更のご依頼について

すでにお申込みいただいたお客様でキャンセル・変更をご希望される場合は
以下のボタンをクリックして「生産性公開研修プログラム参加回変更・キャンセル依頼書」を
ダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

上記について
開催7営業日前から既定のキャンセル料・変更手数料を申し受けますので
予めご了承ください。また、変更2回目以降および変更後のキャンセルにつきましては時期にかかわらず 上記のキャンセル料・変更手数料に加え、1回あたり5,400円[8%税込](事務手数料)を加算させて
いただきますが、ご了承ください。

なお、営業日9:30〜17:30以降のご連絡は翌営業日の取り扱いとさせていただきます。

FAX:03−5485−7750
E-Mail:mddseminar@jpc-net.jp

この研修(コース)のキャンセル・変更はこちら

【企業内研修(講師派遣)】経営課題解決のための、お客様ニーズに合わせた研修を企画します。 【経営アカデミー】経営人材育成プログラム「計10コース」創設1965年 1万4千人の修了メンバー
研修・セミナー総合カタログのご案内 開催予定の研修・セミナーを網羅した総合カタログの送付を希望の方はこちらの資料請求フォームから
2018年度
※2017年度・2018年度のページの切り替えは上のタブ↑で可能です。

上級管理者コース

部門マネジメント力と経営戦略・経営計画策定能力を身につける

■ご好評につき、2017年度から、年間7回実施に!!
■上級管理者に必要とされる知識やスキルを一通り学習。外部環境変化の捉え方やSWOT分析・財務分析などの基本的な分析手法が身に付く
■経営幹部の一員として、組織における立場や求められる役割・機能を再確認し、成果をあげるための部門マネジメント力を強化する
■経営戦略の策定プロセスについて一つ一つ順を追って理解はかり、策定した経営戦略を計画的に展開・実行していくためのポイントを習得する


コースの特徴

特徴1 経営幹部の一員としての部門経営者意識の醸成をはかります
上級管理者の役割について、チェックリストやケース演習で確認します。3大役割である「部門目標の達成」「組織変革と組織マネジメント」「後進育成」の重要性を再認識すると共に、経営幹部の一員として、経営者の視点や中長期的な視点、財務の視点や戦略的な思考・行動が求められることを理解します。
特徴2 上級管理者に求められる経営環境変化に対応するマネジメント能力を開発します
不確実性の高い経営環境において、限られた資源(人・モノ・金・情報)を効果的に活用するために、変化の兆候や捉え方のコツ(思考のフレームワーク)を学習します。変化対応の他社事例やリスク要因の見極め方を学び、経営環境変化に動じないマネジメント能力を養います。
特徴3 経営戦略・経営計画策定の要点をステップごとに理解・習得します
講義で各ステップの基本知識を学習します。財務分析やSWOT分析などの分析手法についてはミニ演習も行い、経験のない方でも理解いただけるよう進行します。その後、ケース企業を用いたグループ演習を行い、講義内容の理解を深めると共に、自職場で実践する際のイメージを掴みます。

研修担当講師からのコメント

林正和講師

林 正和 講師

上級管理者コースでは、部門長の役割・機能と経営戦略について学んでいただきます。
部門長の役割・機能についてはグループ討議を多く実施しますので、異業種の部門長クラスの人たちと悩みを共有することができ、問題解決につながります。
また、財務管理については基礎から復習をしますので、財務が苦手な人も安心して参加できます。


研修開催情報

対象 部長・次長・支店長・工場長
定員 30名
講師 日本生産性本部 講師 加藤 篤士道/林 正和/澤倉 光仁郎
会場 「生産性国際交流センター」(神奈川県葉山町)他
研修時間 22時間
参加費
(消費税込)
賛助会員:157,360円/137,650円(5名以上同時一括申込割引)
一般:178,960円/159,040円(5名以上同時一括申込割引)
※うち宿泊費・食事代 27,760円(シングルルーム利用)

研修プログラム概要

事前課題と事前要望シート

ご参加の約1ヵ月前に、事前課題としてケース教材をお届けします。ケース企業の強みや弱み、抱えている課題などについてお考えを整理した上で受講して頂くようにお願いしています。また、事前に研修への要望シートをご提出いただきます。受講者の興味・関心や悩み、質問などを把握し、できる範囲ながらご要望に沿った形の研修展開に努めております。

1.上級管理者の役割と機能《講義・演習》

上級管理者(部門長)は部門経営者であるべきと捉え、役割と機能について講義と演習を通じて理解します。

●部門経営者の役割と機能に関する知識を講義で整理します。
●チェックリスト演習とケーススタディを通じて理解を深めます。

企業を取り巻く経営環境を外部環境・内部環境に分けて整理し、また各々が与える自社・自部門への影響について演習により考察します。

●国内外・企業内外の経営環境変化の捉え方を学習します。
●経営環境の変化が自社・自部門に与える影響を整理し、そのための対応策について考察するきっかけとしていただきます。

2.上級管理者に求められる財務マネジメント《講義・演習》

上級管理者に求められる財務分析の視点と理解しておくべき経営指標について、講義とミニ演習を通じて学習します。

●基本事項の説明から収益構造の改革まで、無理のないステップに分けて説明します。
●事業内容と財務数値を結びつけて考える訓練をします。

3.経営戦略策定のフロー《講義・演習》

上級管理者に期待される役割・機能の中から、経営戦略・経営計画策定に焦点をあてて理解を深めます。ケース企業を題材に、財務分析やSWOT分析などの分析手法を用いて経営課題を抽出し、経営建て直しの方策を考えていただくことを通じて、経営戦略・経営計画策定のステップを体得します。

  1. 学習した財務分析の基本を早速、活用し、ケース企業の財務面での課題を検討します。
  2. SWOT分析(強み・弱み・機会・脅威の整理)を行い、ケース企業の経営課題を多角的に検討します。
  3. 財務分析、SWOT分析で抽出した課題の中から、重要経営課題を選定します。
  4. 重要経営課題(ターゲット)を克服するための方策を検討します。
  5. 経営建て直しの方策の検討結果をグループ毎に発表し、クラス討議を通じて更なる気づきを得て、自社・自部門へ応用展開するための一助とします。

4.まとめ 《講義》

環境変化の意味とインパクト、上級管理者の役割と機能、経営戦略・経営計画策定演習を通じて理解していただいた内容を整理し、実務で活用するためのヒントを得ます。

●“気づき”を行動に繋げるために
●社内外のヒューマンネットワークの重要性

ページの先頭へ戻る

研修タイムスケジュール

時間 第1日 第2日 第3日
9:00

12:00

 

11:15開始

オリエンテーション
1.上級管理者の役割と機能
・部門長に期待されること

2.上級管理者に求められる財務マネジメント
・上級管理者に求められる財務分析の視点
・上級管理者として理解しておくべき経営指標
【演習】財務分析

【グループ演習】
ケーススタディ(続き)


・発表準備
・プレゼンテーション
・質疑応答

13:00

18:00

【演習】「部門長の役割と機能」
・環境変化のインパクト
・環境変化対応の意味と重要性
【演習】「環境変化とその影響の考察」
・部門マネジメントの方向性

3.経営戦略策定のフロー
・戦略策定ステップの確認

【グループ演習】
ケーススタディ


 @経営理念・ビジョン・経営目標
 A財務分析・環境分析(SWOT分析)
 B全社戦略・事業ドメイン選択

・講師講評、解説

4.まとめ
 ・変化の兆候
 ・気づきの行動化
 ・社内外ネットワークの構築

15:15終了

19:00

21:00

【経験交流・懇親会】

 C事業戦略
 D具体策検討

 

ページの先頭へ戻る

研修受講者の声


資源リサイクル

環境変化や上級管理者の役割、戦略思考や財務的な視点について、演習を通じて、課題抽出からその対策まで学べた点がよかった。


電子部品

損益計算書、バランスシート、キャッシュフロー計算書より財務状況のチェックポイントの把握から中期経営計画の策定までの流れを勉強出来て良かった。


鉄鋼業

部門経営者のマネジメント力の重要さについて、改めて考えさせられた。管理者の役割として、部門業績の向上に責任を持つだけでなく、部下と課題の共有化を図ることや後継者人材の育成も重要な役割と意識付けが出来た。


食料品製造販売

財務分析とSWOT分析から経営の問題点を明確化し、経営基本方針にまで結びつけていくことをケース演習で学ぶことが出来た。今後の担当部・課の計画・方針策定に利用したいと思った。


設備工事業

過去に「管理者基礎コース」や洋上研修にも参加させていただき、それぞれ大変有意義な体験でした。現在 社員教育を担当しており、今回の講義内容と共に講師の話し方のポイントなども今後の業務に役立てて行きたい。

ページの先頭へ戻る

研修お申し込み

お申し込みはこちら

研修キャンセル・変更のご依頼について

すでにお申込みいただいたお客様でキャンセル・変更をご希望される場合は
以下のボタンをクリックして「生産性公開研修プログラム参加回変更・キャンセル依頼書」を
ダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

上記について
開催7営業日前から既定のキャンセル料・変更手数料を申し受けますので
予めご了承ください。また、変更2回目以降および変更後のキャンセルにつきましては時期にかかわらず 上記のキャンセル料・変更手数料に加え、1回あたり5,400円[8%税込](事務手数料)を加算させて
いただきますが、ご了承ください。

なお、営業日9:30〜17:30以降のご連絡は翌営業日の取り扱いとさせていただきます。

FAX:03−5485−7750
E-Mail:mddseminar@jpc-net.jp

この研修(コース)のキャンセル・変更はこちら

【企業内研修(講師派遣)】経営課題解決のための、お客様ニーズに合わせた研修を企画します。 【経営アカデミー】経営人材育成プログラム「計10コース」創設1965年 1万4千人の修了メンバー
研修・セミナー総合カタログのご案内 開催予定の研修・セミナーを網羅した総合カタログの送付を希望の方はこちらの資料請求フォームから

ページの先頭へ戻る

(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.