イベント

第2回 生産性シンポジウムを開催

2018年3月30日

概要

米国の5割の水準とされるわが国サービス産業の生産性向上戦略、および個人の学び直しや人材流動化・企業の新陳代謝の議論を通して、生産性改革実現のための課題を浮き彫りにし、今後の取組みを討究しました。

主 催 公益財団法人 日本生産性本部 後援:経済産業省

日 時 2018年3月30日 (金) 13:30 - 16:30

会 場 日本工業倶楽部会館2階大会堂

プログラムと登壇者

開会挨拶

茂木 友三郎
公益財団法人 日本生産性本部会長
キッコーマン株式会社
取締役名誉会長 取締役会議長

来賓挨拶

世耕 弘成
経済産業大臣

パネルディスカッション1 「サービス産業の生産性向上戦略を考える」

菊地 唯夫
ロイヤルホールディングス株式会社
代表取締役会長兼CEO
デービッド アトキンソン
株式会社小西美術工藝社
代表取締役社長
針谷 了
全国労働組合生産性会議
副議長
八野 正一
全国労働組合生産性会議
副議長
村上 輝康
産業戦略研究所
代表 (モデレーター)

パネルディスカッション2 「個人の学び直しや人材流動化・企業の新陳代謝による生産性向上」

宇佐川 邦子
株式会社リクルートジョブズ
ジョブズリサーチセンター長
米田 瑛紀
エッセンス株式会社
代表取締役 (モデレーター)
山内 幸治
特定非営利活動法人エティック
理事兼事業統括ディレクター
伊藤 禎則
経済産業省
産業人材政策室参事官