働く人のメンタル・ヘルスに関する調査研究・提言

調査結果

2019年

「心の病」の年代別割合:前回に続き、10-20代が増加。初めて3割を超え、わずかに40代を上回る。50代除き各世代の比率が横一線となり共通課題に。
「心の病」の増減傾向と組織風土・取り組み:「心の病」が減少傾向の企業では「生産性が向上している」の回答割合高い。
また「健康経営」「長時間労働」「場所に縛られない働き方改革」の取り組みで効果があがっている割合も高い。

2017年

「心の病」の多い世代で20代が急増(2014年:18.4%→2017年:27.9%) 全世代共通の課題に。
最近3年間の「心の病」の増減傾向は「増加傾向」24.4%、「横ばい」59.7%、「減少傾向」10.4%
ほとんどの職場で仕事の量が増え、要求される質も高まる。変化や仕事の質を求められる組織で「心の病」は増加傾向に。

2014年

最近3年間の「心の病」の増減傾向は「増加傾向」29.2%、「横ばい」58.0%、「減少傾向」9.2%。
増加企業の割合は低下するも減少には至らず。
「心の病」増加企業の58.9%で「職場のコミュニケーション」が減少。

2012年

企業における「心の病」“増加”には一定の歯止めも、“減少”には至らず。
「心の病」の年代別割合は、40代が増加し、30代と40代が最も多い年齢層に。

2011年

「社交性が低い日本人にとって、職場の仲間との「絆」が大切。
(結果の詳細は2011年版産業人メンタルヘルス白書に掲載)

2011年

従業員の心身への負担は「復旧作業による過労・ストレス」がトップ。
被災地域に事業所がある企業で、不調者が増加との回答は22.4%にとどまる。
今後の企業活動および不調者の増減に不透明感は強いものの、社内体制を強化して対応しようとする姿勢がうかがえる。

2010年

ワーク・ライフ・バランスはメンタルヘルスに寄与。
(結果の詳細は2010年版産業人メンタルヘルス白書に掲載)

2010年

企業における「心の病」増加傾向に歯止め。取り組みの成果に手ごたえを感じつつある企業も増加。
(結果の詳細は2010年版産業人メンタルヘルス白書に掲載)

2009年

復職が順調な企業ほど「心の病」の発生に歯止め。
(結果の詳細は2009年版産業人メンタルヘルス白書に掲載)

2008年

組織・職場とのつながりが感じにくくなっている企業ほど心の病が増加傾向。
(結果の詳細は2008年版産業人メンタルヘルス白書に掲載)

2007年

昨年度実施の企業アンケートと同様に、コミュニケーションや助け合いが減った自治体ほど心の病が増加傾向。
(結果の詳細は2007年版産業人メンタルヘルス白書に掲載)

2006年

コミュニケーションや助け合いが減った企業ほど心の病が増加傾向。
(結果の詳細は2006年版産業人メンタルヘルス白書に掲載)

2005年

ここ3年、7割の労働組合で「心の病」が増加傾向。もっとも多い年齢層は「30代」。

2000年

JMI健康調査による職場不適応とメンタルヘルス など。

1999年

~産業人のメンタルヘルスと企業経営-経営指標とメンタルヘルス~

1998年

~産業人の不安と、健康を生み出すシステムを求めて -165万人のメンタルヘルス調査結果~

他のアンケート結果の概要は産業人メンタルヘルス白書のプレスリリースをご覧ください。

産業人メンタルヘルス白書

  • 2012年より休刊中です。

「産業人メンタルヘルス白書」の購入

「2011年 産業人メンタルヘルス白書」については、全国の政府刊行物サービス・センター、政府刊行物サービス・ステーション、政府刊行物常備店でもお求めいただけます。

「産業人メンタルヘルス白書」プレスリリースの一覧

お問い合わせ先

日本生産性本部 メンタル・ヘルス研究所

WEBからのお問い合わせ

電話またはFAXでのお問い合わせ

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)