SDGsへの取り組み

日本生産性本部は、SDGsの達成に貢献します。

SDGs持続可能な開発目標

Sustainable Development Goals

2015年、持続可能な世界を実現するために、国連加盟国193カ国全会一致で「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。2030年までに世界が達成すべき17の目標と169のターゲットです。「誰一人取り残されない」社会の実現をめざしています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

日本生産性本部とSDGs

理事長
前田 和敬

わたしたち、日本生産性本部は、2019年の会長年頭所感において、SDGsの達成に貢献することを宣言しました。
わたしたちは、生産性運動の人間性を尊重する精神とSDGsの理念は、めざす方向が同じであると考えています。環境と調和し、持続可能な経済社会の実現にむけて、わたしたちは、未来への責任を果たすべく活動してまいります。

SDGs持続可能な開発目標(SDGs)の「5つのP」

People , Prosperity , Planet , Peace , Partnership

SDGsの17の目標と169のターゲットは、人間、豊かさ、地球、平和、パートナーシップの5つの分野からなり、これらは不可分で統合的な取り組みが必要です。

Sustainable Development 持続可能な開発
※国際連合広報局資料より

日本生産性本部の中期運動⽬標とSDGsとの関連

日本生産性本部は、2018年度を『生産性改革元年』と位置づけ、2020年度までの3年間を集中期間として、『人口減少下の新たな生産性運動の基盤整備』にむけた5つの目標と15のアクション(第1次中期運動目標)を定め、活動しています。第1次中期運動目標は以下に示す通り、SDGsのゴールとも密接に関連しています。

中期運動目標(2018~2020年度) テーマ「人口減少下の新たな生産性運動の基盤整備」とSDGs

1. 生産性のハブ・プラットフォームとしての組織体制の構築

  1. (1)生産性に関わる人的ネットワークや研究体制を充実強化し、その成果を生かし政策提言活動、実践活動を展開。
  2. (2)生産性をめぐる諸課題の研究・政策提言を目的とする「生産性常任委員会」の設置と、「本部発足65周年大会」にむけた「第1回生産性白書」の編集・刊行。
  3. (3)各業種や業態ごとの生産性をめぐる諸課題について知恵、情報、経験を共有する「生産性プラットフォーム」を立ち上げ、マクロとミクロの両軸で生産性改革を推進。

2. 社会経済システム改革にむけた合意形成活動の展開

  1. (1)「社会ビジョン委員会」を設置し、雇用、人材、地方創生、社会保障システムの一体的改革などに関する政策提言活動を強化し、新たな合意形成にむけた国民運動を展開。
  2. (2)多様な人材が活躍できる社会の実現にむけ、ダイバーシティの推進や労使関係の健全な発展などを通じ、働き方改革の推進とその国民的合意形成活動を展開。
  3. (3)基幹業務システムの提供などにより、医療福祉ならびに社会保険分野を中心とした公的セクターなどの生産性向上を支援。

3. 日本の人材戦略の再構築と中核人材の育成

  1. (1)「イノベーション会議」を設置し、優れたベンチャー企業経営者を発掘するとともに、その活動の環境整備を促進。
  2. (2)グローバル時代に通用し組織の経営革新を実践するリーダーや中核人材を育成支援。
  3. (3)「日本アカデメイア」の活動を通じ、日本の将来を担う政治リーダーや各界中核層、次代を担う大学生の育成を支援。

4. 付加価値増大を軸とした生産性改革と「成長と分配の好循環」の創出

  1. (1)「サービス産業生産性協議会」を通じ、高い成長余力を持つサービス産業の生産性向上にむけた活動を展開。
  2. (2)中小・サービス産業などの生産性向上にむけた経営コンサルティング、および地方創生や地域経営を支える人づくりの実践。
  3. (3)顧客の視点から経営全体を見直し、自己革新を通じて新しい価値の創出を促す経営品質活動を推進。

5. 国際連携体制の構築

  1. (1)生産性を軸とした欧米経営リーダーとの対話から着手し、欧米やアジア諸国との国際会議をはじめとした交流活動、研究活動の連携体制を段階的に構築。
  2. (2)「日本アカデメイア」を舞台に新たに立ち上げる「東京会議」を軸に、日米欧の知識人が集まり、討議し、グローバルアジェンダを発信する知的提言機関を整備。
  3. (3)日本的管理技術の技術移転などをはじめとする人的・知的交流の推進を通じ、アジア・アフリカ地域の生産性向上を支援。

わたしたちの重点課題と取り組み

わたしたちは、SDGsの17のゴールのうち、People、Prosperity、Planet、Peace、Partnershipの5つの「P」にわたる9つのゴールについて重点的に取り組みます。

日本生産性本部が重点的に取り組むゴール
People
(人間)
3 人々に保健と福祉を

健康経営の推進やデータ活用による健康増進により、すべての人の健康的な生活と福祉の促進をめざします

4 質の高い教育をみんなに

組織の経営革新や社会システムの構築を担う中核人材、次世代を担う若者の育成につとめます

5 ジェンダー平等を実現しよう

多様な人材が活躍できる社会をめざし、ダイバーシティ、女性活躍の推進に取り組みます

Prosperity
(繁栄)
8 働きがいも経済成長も

働きがいのある職場と仕事を通じて付加価値を生み出し、生産性向上による持続可能な経済成長を図ります

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

イノベーションを促進し、社会課題の解決と包摂的な社会作りに貢献します

10 人や国の不平等をなくそう

開発途上国への生産性技術協力により、グローバルな格差の是正と人々の豊かな暮らしの実現をめざします

Planet
(地球)
12 つくる責任つかう責任

次世代に地球を引き継ぐため、持続可能な生産と消費を考慮した経済活動とライフスタイルの変革に取り組みます

Peace
(平和)
16 平和と公正をすべての人に

平和で開かれた社会作りを促進するとともに、自らも公益財団法人としてのアカウンタビリティを果たします

Partnership
(パートナーシップ)
17 パートナーシップで目標を達成しよう

生産性を軸に、経済界、労働界、学識者、消費者など、国内外の人々とのパートナーシップを強化します

Productivity for SDGs

~SDGsの5つの「P」を達成するための“エンジン”、生産性(Productivity)~

日本生産性本部が設立当初より、人間性を尊重する生産性運動の精神に基づき実施している、生産性を高めるためのさまざまな活動は、SDGsの達成に貢献するものと考えます。
生産性(Productivity)はSDGsの5つの「P」を達成するための“エンジン”なのです。
わたしたちは、SDGsを達成し、持続可能な経済社会を次世代に引き継ぐため、これらの活動をさらに推し進めます。