新入社員

新入社員 基礎実務2日コース

  • 2016年度より「新入社員基礎実務コース(2日間)」は「新入社員基礎実務2日コース」に名称変更しました
新入社員教育実績No.1のベーシックカリキュラム

■会社組織の原理原則を知り、企業人としての心構えを確立すると同時に、業務遂行のための基礎能力、ビジネス能力を養います
■仕事に関する基本的知識(チームワーク・コミュニケーション・PDCAサイクル)を習得し、あわせて組織の内外を問わず「顧客」を中心に据えたクオリティマインド、仕事のスタイルを身につけます

開催日程
通い

1 2020 330日(月)~31日(火)
2 2020 4 2日(木)~ 3日(金)
3 2020 4 6日(月)~ 7日(火)
4 2020 4 8日(水)~ 9日(木)
5 202010 5日(月)~ 6日(火)

対象

新卒新入社員

定員

1クラス30名

研修時間

12時間40分

講師

日本生産性本部 講師陣

会場

東京都内会議室 他

参加費(税込) 消費税率10%を参加料に含めております。
税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

賛助会員:34,100円/31,900円(10名以上同時一括申込割引)
一   般:39,600円/37,400円(10名以上同時一括申込割引)
※うち食事代 3,300

コースの特徴

特徴
1

時代が求める新しい考え方・視点と従来からの基本的な考え方を効果的におりまぜた例年参加実績No.1のプログラムです。

特徴
2

社会人の基本として身につけてほしい、コミュニケーションの大切さ、言葉遣い・電話応対・メールの書き方、仕事の優先順位の考え方、チームワークなどがしっかり学べます。

特徴
3

ケースの中で実際の仕事の流れを体験することで、仕事の基本であるマネジメントサイクル(PDCAサイクル)や報・連・相の重要性を学べます。

特徴
4

多くのグループ演習やケース、ロールプレイングなどの体験学習がプログラムされているため、自ら思考・模索しながら当事者意識を持って参加でき、チームワークの重要性の理解やコミュニケーション能力の向上もあわせて図れます。

特徴
5

参加者に記入いただきました「研修日誌」を終了後お送りします。参加者自身の状況を把握する資料としてご活用いただけます。

特徴
6

学んだことを職場で実践、活用できるよう研修テキストの他に「新入社員実務ハンドブック」(1,200円[税別])を配布します。新入社員に求められる知識やスキル、マナーなどの情報が満載です。

プログラム概要

〇新入社員に求められる基本を、講義と演習を織り交ぜ、体験的かつ実践的に理解を深めます。
1.学生から社会人へ
学校生活と職場生活の違いをグループ討議で確認し、自身の置かれた状況の転換を改めて認識します。自身が活躍するうえで、対顧客をはじめとして仕事で注意すべきマナー・エチケットについて学習します。
2.チームワーク
チームで課題に取り組む場面での成果を上げるポイントである「仕事の優先順位」をテーマに考えます。優先順位を決める判断基準をメンバーの知恵を集めていく重要性や勘所を学習します。
3.効果的な仕事の進め方
マネジメントサイクル(PDCA)や報連相のいった効果的に仕事を進める基本を学習すると同時に、自ら主体的に確認すべき事項な何か、仕事の計画を立てるときの勘所は何かを考えます。具体的に新入社員の初仕事として任された事案を基に考えます。
4.職場のコミュニケーション
コミュニケーションで、漏れや抜け、だぶりが無いように演習でポイントを学習します。
5.基礎実務演習~ロールプレイング
言葉遣い(敬語)、電子メールの書き方はテスト形式で、電話の受け方・かけ方、応対、訪問の仕方はグループ討議ろロールプレイングで実践的に学習します。

タイムスケジュール

タイムスケジュール

時間

1

2

9:30

12:00

9:30開始

1.学生から社会人へ
(1)学校生活と職場生活の違い
(2)
仕事に取り組む意識
(3)
職場のルールとエチケット

9:30開始

4.職場のコミュニケーション

5.基礎実務演習
    ~ロールプレイング

(1)言葉づかい
(2)
電話の受け方、かけ方
(3)
ビジネス文書の書き方

13:00

16:50

2.チームワーク

3.効果的な仕事の進め方
(1)PDCAサイクル
(2)
「仕事」をいかに進めるか
(3)
指示・命令の受け方と
  報告の仕方

★日誌記入・作成

16:50終了

(4)応対・訪問の仕方
(5)
名刺の受け渡し

6.まとめ

★日誌記入・作成

16:50終了

参加者の声

仕事は一人でやろうとするのではなく、他の人と相談しながら進めることで速さも成果も大幅に上がることを、演習を通して学んだ。仕事を一人で抱え込まずに力をあわせて進める心構えを大切にしたい。

キャンセル・変更のご依頼について

すでにお申込みいただいたお客様でキャンセル・変更をご希望される場合は
以下のボタンをクリックして「生産性公開研修プログラム参加回変更・キャンセル依頼書」を
ダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

●キャンセル料
【開催8営業日前まで】キャンセル料無料
【開催7営業日前~4営業日前】参加費のうち研修費部分の30%と食費代部分30%
【開催3営業日前~2営業日前】参加費のうち研修費部分の50%と食費代部分50%
【1営業日前~開催当日不参加(途中受講中止含)】参加費のうち研修費部分の100%と食費代部分100%

●繰り延べ変更手数料
お申込された日程に出席できないときは、別日程へ繰り延べ変更ができます。
【開催8営業日前まで】繰り延べ変更手数料無料
【開催7営業日前~4営業日前】参加費のうち食事代部分の30%(研修費部分は変更手数料なし)
【開催3営業日前~2営業日前】参加費のうち食事代部分の50%(研修費部分は変更手数料なし)
【1営業日前~開催当日変更】参加費のうち食事代部分の100%(研修費部分は変更手数料なし)

●変更1回目は既定の変更手数料のみです。2回目以降および変更後のキャンセルは時期にかかわらず既定の変更手数料またはキャンセル料に加え、1回あたり5,500円(消費税10%込)をいただきます。キャンセル日の適用消費税率が上記と異なる場合は精算します。

なお、営業日9:3017:30以降のご連絡は翌営業日の取り扱いとさせていただきます。

FAX:03-3511-4056
E-Mail
mddseminar@jpc-net.jp

備考

●初日・2日目の昼食をご用意しております。

●やむをえない事情により、プログラムの内容・日程・講師などは変更することがございます

●お申込みは先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。

●10名以上1度に申込の場合、同時一括申込割引が適用されます。
 適用金額;賛助会員31,900円 一般37,400円
 専用申込用紙をご請求の上、お申込みください。            

●参加のご案内(参加証・会場地図等の資料含む)、及びご請求書は、開催2週間前をめどにお送り申し上げます。時期が来ても到着しない場合は、恐れ入りますが、事務局までご一報ください。

公益財団法人日本生産性本部 グローバルマネジメント・センター
経営開発ユニット 公開研修プログラム
TEL:03-3511-4030 FAX:03-3511-4056

関連する研修・セミナー

関連する企業内研修