人事・労務 オンライン(アーカイブ・オンデマンド) 自治体・学校・病院経営

【地方公共団体向け】人事評価の『再』構築セミナー

~会計年度任用職員、再任用職員、技労職など、任用形態・職種ごとの評価の仕方~

  • こちらはアーカイブ配信の申込ページです。
セミナーの3つのポイント
  • 納得感のある処遇反映を実施するために、現行の人事評価制度・運用の何を改定すべきかのポイントを学べます。
  • 会計年度任用職員や再任用職員などの任用形態、技労職や医療職などの職種に応じた人事評価制度の設計方法、処遇反映の方法を解説します。
  • 目標管理制度の導入メリットを確保した上で、職員に負担がかからない効果的な実績評価シート、目標設定の仕組みづくりと運用留意事項を解説します。

対象

地方公共団体の人事担当者

研修時間

4時間33分
※繰り返し・倍速再生可能です。

講師

日本生産性本部
雇用システム研究センター
研究主幹 村上 和成

立教大学法学部卒業。日本生産性本部に入職後、雇用政策・福祉保健政策分野の調査研究、行政計画策定を担当。現在、同・公共部門人事支援センターにおいて、個別自治体の人事制度設計コンサルティング、管理職研修講師を担当し、実践的な制度設計、導入後の運用支援で高い評価を得ている。自治体・公的機関はもとより、民間企業、外資系企業からの依頼も多い。主な著書「人事戦略実務マニュアルファイル」(共著・アーバンプロデュース)「 管理者のための目標設定マネジメント」「賃金管理ポイント解説」(共著・共に生産性労働センター)。日本生産性本部・認定経営コンサルタント。

会場

オンラインアーカイブセミナー
(いつでもどこでも視聴可能)


①お申し込み・電子決済
②会員登録完了メール即日) ・お申し込み完了
③お申し込み完了次第、ログイン画面にて視聴開始可能
※注意事項
開封:お申し込みから30日以内
視聴:開封から7日以内

参加費(税込) 消費税率10%を参加料に含めております。
税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

27,500

プログラム概要

処遇反映実施に向けた人事評価制度の『再』構築のポイント

1 公務員における処遇反映実施の意味~なぜ組織は人事評価を実施するのか
2 制度と運用の改定ポイントをみつける4つのチェック

  • チェック1 管理監督職のマネジメント能力(人事評価制度の構造と特性)
  • チェック2 意味ある具体的な評価基準の策定
  • チェック3 実績評価(目標管理制度)の運用ルール(目標設定時の留意点)
  • チェック4 全職員対象でも、やり方まで全職員一律ではない
目標管理制度運用の課題と解決策

1 なぜ目標管理は負担が大きいのか、形骸化しやすいのか
2 職員の負担がかからない目標管理制度の設計およびシートの作成
3 期初目標の公正さ担保方法(難易度調整、面談による上司の調整、目標調整会議など)
4 結果の処遇反映について~難易度・時間・重要度ウエイトの考慮の仕方

任用形態・職種別の人事評価・処遇反映

1 会計年度任用職員
2 再任用職員v職種別(技労職、保育職、医療職、消防職)

備考

    • 配信はインターネットアーカイブ 映像となります。
    • 1 ID で1ユーザーのみ視聴が可能です。
    • お申し込みの前にインターネット環境をお確かめください。
    • セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。
      以下のサンプル動画が閲覧できるか、事前にご確認の上、お申し込みください。
      テスト動画視聴ページはこちら
    • 今回の動画配信は、株式会社ファシオの配信プラットフォーム「 Deliveru 」を利用しています。
      推奨環境/ご購入前のご注意についてこちらをご覧ください。
    • 本サイトからお申込みいただく場合、「(公財)日本生産性本部」名義でご請求書を発行いたします。
      視聴方法は別途ご案内いたします。
    • 株式会社ファシオの配信プラットフォーム「Deliveru」からお申込みいただくことも可能です。
お問い合わせ先

公益財団法人日本生産性本部 雇用システム研究センター セミナー事務局

WEBからのお問い合わせ

電話のお問い合わせ

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)

関連する研修・セミナー

関連する企業内研修