インバスケットケーススタディによるマネジメント能力強化研修

~担当者視点からリーダー視点への意識転換、 組織を俯瞰で見る目と後輩指導のノウハウを身に着ける~

目的

  • ケーススタディを通して、担当者視点ではなく、リーダー視点で組織を俯瞰できる目を養う
  • 講師による個別のファシリテーシ ョンでマネジメントの癖を見つける
  • 後輩指導のロールプレイングを通して、相手を尊重しつつ、適切な自己主張、指導ができるようになる

対象

  • 新任リーダー、もしくは候補の方

研修の詳細

内容

この研修では、ワーク、グループ討議、発表、ロールプレイング実習が中心の「体得型」セミナーとして、以下 の3つのポイントを重要視しています。

①ケーススタディを通して、担当者視点ではなく、リーダー視点で組織 を俯瞰できる目を養う
②講師による個別のファシリテーションでマネジメントの癖を見つける
③後輩指導のロー ルプレイングを通して、相手を尊重しながら、自己主張できるようになる
の3つです。
この研修を通して、担当者視点からリーダー視点へと意識を転換していただき、リーダー・リーダー候補とし て自組織に戻ってさらなる活躍をいただくことを目指します。

標準的なタイムテーブル

10:00
  1. 1.インバスケット演習
    • 環境変化はリーダーの役割を変える
    • リーダーシップでメンバーを活性化する
    • リーダーに必要な8つの基礎能力 セルフチェック
    • インバスケット演習
      個人演習/ベスト対策案グループ演習
12:00 休憩
13:00

発表準備/発表/フィードバック

    • ビジネス基礎スキル確認
      (PDCA/問題解決/優先順位/時間管理/チームワーク)
  1. 2. 周囲を巻き込むリーダーシップの発揮
    • 周囲のメンバーを活かす指導のポイント
    • 難しい部下、後輩の動機づけポイント
  2. 3.まとめ
  • 上記内容は、社内研修の標準的なプログラム例です。
お問い合わせ先

〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12
日本生産性本部 総合政策部

WEBからのお問い合わせ

電話またはFAXでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)