評価者研修

目的

  • 評価制度の公正な運用を実現し、組織への定着をはかる

対象

  • 管理者

研修の詳細

内容

経営コンサルタントが、それぞれの社の人事制度の特徴を捉えたオーダーメイド型の研修プログラムを提供します。
数多くのケース・スタディの中から、それぞれに適した題材を用意します。また、オリジナルのケース開発も可能であり、実践的な内容となっています。
第一線で活躍する経営コンサルタントが講師をするため、「経営戦略の視点」や「ヒューマンスキル」なども組み入れ、マネジメントレベルの向上もはかることが可能です。

モデルプログラム

【1日目】
  • はじめに(「考課者に期待すること」)
  • 目標管理と人事考課の仕組み(人事考課の小演習)
  • 人事考課の原理原則と留意点(ケース・スタディ)
  • 考課表(考課要素)の仕組み(考課要素と考課対象事実の関連の小演習)
  • 目標管理の達成度評価の基準(実際の目標管理シートから達成度を評価)
  • 人事考課の基準(基準の見方の小演習)
  • 人事考課の実際・質疑応答(総合ケース・スタディ:個人検討+グループ検討)
【2日目】
  • はじめに ショートスピーチ(テーマ:考課について)
  • 人事考課の実際と部下育成(総合ケース・スタディ:全体調整)
  • 考課結果のフィードバック(フィードバックのポイントの小演習)
  • 考課結果のフィードバックの実際(フィードバックのロールプレイング)
  • 質疑応答
  • 上記内容は、社内研修の標準的なプログラム例です。ご要望に応じ、カリキュラム、日数など柔軟にカスタマイズすることも可能です。
お問い合わせ先

〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12
日本生産性本部 コンサルティング部

WEBからのお問い合わせ

電話またはFAXでのお問い合わせ

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)