コーチング・OJT研修

目的

  • コーチングを通してOJTを進める方法を理解できる
  • 育成計画書に基づき、OJTの5つのステップを踏んだ指導・支援をすることができる
  • 部下の考えていることや本音を引き出すことができる
  • 部下を動機づけることができる
  • 部下の行動変容を促すことができる

対象

  • リーダー

研修の詳細

内容

コーチングやOJTで大切なことは、「部下の能力を高める」と同時に、「現在のよい部分」をさらに伸ばしていくことです。そのためには、日常から部下をよく観察し「改善を要する点」と「今後も伸ばす点」を把握しなければなりません。そしてその情報をもとに的確な「OJT計画」を作成し部下に伝えていく必要があります。
本研修では、OJT計画書を作成するポイントを学習するとともに、傾聴や動機づけのスキルを身につけます。

演習の主な内容

  1. 1.質問とペーシング
  2. 2.アクノリッジメント(達成の承認)
  3. 3.クリアリングと宣言効果
  • ビデオ教材「忙しい理由」「依頼拒否」「年上の部下」他

標準的なタイムテーブル

【1日目】

9:00

(9:00開始)

  1. 1.OJTの基本認識
    • 部下支援・指導の方法
    • OJTの2つの側面
    • 計画指導、機会指導の進め方
    • 育成目標を持つ
    • 育成計画を作成する
    • OJTの評価
12:00 休憩
13:00
  1. 2.OJTのスキル
    ~コーチング、カウンセリング、行動科学~
    • 現在地とゴールを明らかにする、引き出す力、ペーシング
    • 質問、クリアリング、アクノリッジメント
    • 受身的行動、攻撃的行動、アサーティブ行動
    • OJTのプロセス

【2日目】

9:00
  1. 3.OJTのケーススタディ
    • 機会指導の実践
    • 計画指導の実践
    • ロールプレイ実習
12:00 休憩
13:00
  1. 4.OJT計画の作成
    • 実際の部下(任意)の1~3年後の「あるべき姿」を描く
    • 「あるべき姿」に向けた育成・能力開発計画を作成する
  • 上記内容は、社内研修の標準的なプログラム例です。
お問い合わせ先

〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12
日本生産性本部 カウンセリング・マネジメントセンター

WEBからのお問い合わせ

電話またはFAXでのお問い合わせ

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)