コンプライアンス研修~全社員に浸透させる~

目的

  • 環境変化とコンプライアンス・リスクマネジメントの基本事項、意義・必要性を理解する
  • コンプライアンス・リスクマネジメントの実践に向けて、自身の役割、責任を認識する
  • コンプライアンス・リスクマネジメントの構築、運用に向けて必要な知識、手法を習得する
  • 研修で習得した知識、手法を活用し、実際にコンプライアンス・リスクマネジメントを実践する

対象

  • 役員クラス
  • 管理職クラス
  • 一般社員クラス

研修の詳細

内容

今日の企業経営において、コンプライアンスへの取り組みは重要な経営課題となっています。
役員、管理職、一般社員を対象に、コンプライアンス・リスクマネジメントの基本事項や意義・必要性、各階層別の役割などを理解、認識していただくとともに、講義・ケーススタディ・グループ討議を通してコンプライアンス・リスクマネジメントの実践に向けて必要な知識、手法を習得していただくプログラムです。

モデルプログラム

    【役員クラス】

    テーマ 主な内容
    オリエンテーション
    • 挨拶
    • 講師紹介
    1. コンプライアンス・CSR総論 ●コンプライアンスの実務知識について講義を通して知識習得
    • コンプライアンスの基本事項、意義、必要性
    • CSR・コーポレートガバナンスとの関係
    • コンプライアンス違反発生時の対応
    2. 取締役の義務・責任 ●ミニテストを実施した上で、基本事項のポイントを事例を交えて解説。
    • 取締役の権限と職務に係る基本事項
    • 取締役の義務と責任
    • 取締役への責任追及
    3. コンプライアンス違反のケース検討 ●「ケース」を設定し、コンプライアンス違反となる理由・関連法令を解説
    4. コンプライアンスの目的・本質 ●問題事例・好事例に対する考察を通して、コンプライアンスの目的・本質を考える

    【管理職クラス】

    テーマ 主な内容
    オリエンテーション
    • 挨拶
    • 講師紹介
    1. コンプライアンスの実務知識 ●コンプライアンスの実務知識について講義を通して知識習得
    • コンプライアンス・CSR総論の基本事項
    • 管理職に必須となるコンプライアンス実務知識(ミニテスト実施)
    2. 陥りやすいコンプライアンス違反の事例 ●「ケース」を設定し、コンプライアンス違反となる理由・関連法令を解説
      ※ご要望に合わせた事例を設定 例)パワハラ・セクハラ、労務管理 など
    3. コンプライアンス違反発生時の対応 ●違反が発生した場合の対応方法・留意点について理解
    4. コンプライアンスの目的・本質 ●問題事例・好事例に対する考察を通してコンプライアンスの目的・本質を考える

    【一般社員】

    テーマ 主な内容
    オリエンテーション
    • 挨拶
    • 講師紹介
    1. コンプライアンスの基本事項 ●コンプライアンスの実務知識について講義を通して知識習得
    • コンプライアンスとはなにか
    • コンプライアンスの基本事項
    • なぜコンプライアンスなのか
    2. 問題となった事例のケーススタディ ●企業に合わせた事例のケースについて個人検討・グループ議論
    • 社員一人一人への影響を実感し、コンプライアンスの重要性を認識する
    3. 自社のコンプライアンスにおける問題・課題検討 ●自社・自部門のコンプライアンスにおける問題・課題、解決策につき個人ごとに考えた上でグループ・ディスカッションを行う
    4. コンプライアンスの目的・本質 ●問題事例・好事例に対する考察を通してコンプライアンスの目的・本質を考える
    お問い合わせ先

    〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12
    日本生産性本部 コンサルティング部

    WEBからのお問い合わせ

    電話またはFAXでのお問い合わせ

    • 営業時間 平日 9:30-17:30
      (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)