異文化コミュニケーション研修

目的

  • 外国人・異文化でのビジネスシーンにおいて、心得るべき文化や価値観の相違を学びます。
  • 相違をふまえたうえで、多様な価値観に柔軟に対応しつつ、自分の考えを分かりやすく発信し合意を得るためのコミュニケーションスキルの基本を習得いただきます。
  • 異文化経験豊富な外国人講師のファシリテートにより、座学だけでなく、実際のビジネスシーンを想定した演習を通じて習得いただきます。
  • ネゴシエーションやファシリテーションなど、職種や求められるスキルに応用できる要素を研修内容に含めカスタマイズのうえ進行することが可能です。

対象

  • 海外拠点へ赴任する方
  • 海外拠点のメンバーや顧客とやり取りする機会のある方
  • 外国人メンバーとともに仕事を進める必要のある方
  • グローバルマインドを身に付けたい/身に付ける必要のある方
  • ※言語は英語のみ/日本語・英語混合にて実施可能。

研修の詳細

標準的なタイムテーブル

9:30









1.異文化の基本(落とし穴・文化のコンセプトとしての可能性と限界)

2.異文化コミュニケーションの特徴と注意点

  (特に気になる文化圏(国籍)があればそれに絞って扱うことが可能です)

3.ロールプレー(実務で想定される場をふまえカスタマイズ可能です)          
  [ミーティング・人事・営業・業務提携等々])

  <事例>

  〇 多元的時間の異文化体験(タイからの製品出荷・納品)
  〇 多国籍チームにおけるチーム文化の構築

  〇 低文脈文化の体験(日独M&A:役員会議)

  〇 異文化衝突のファシリテーション(面談・ミーティング)


(17:30終了)
  • 上記内容は、1日で実施した場合の標準的なプログラム例です。
  • ネゴシエーションスキル、ファシリテーションスキルなどの要望も含めて2日以上で実施することも可能です。
お問い合わせ先

〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12
日本生産性本部
グローバルマネジメントセンター 経営開発ユニット

WEBからのお問い合わせ

電話またはFAXでのお問い合わせ

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)