管理職対象メンタルヘルス「ラインケア」研修

目的

  • メンタルヘルスの重要性といきいき職場づくりの関連を考える
  • ケーススタディを交えながら、心の病への正しい理解を深め、対応を学ぶ
  • 現場管理における部下指導でのメンタルヘルスのポイントを紹介する
  • 日常のコミュニケーションの重要性と部下との対話のあり方を学ぶ

対象

  • 管理・監督者

研修の詳細

内容

【職場メンタルヘルスにおける管理・監督者の役割】
職場で必要なメンタルヘルスの基礎知識をわかりやすく指導します。メンタルヘルスの事例を用いた演習により、具体的対応を学び、カウンセリング的な対応にとどまらずマネジメントとの関連を理解することができます。

  • 働く人にとっての健康
  • ストレスとメンタルヘルスの関係
  • 職場でみられる不調のサイン
  • 不調者への対応上の留意点と管理・監督者のとるべき行動
  • 組織と個人の関係と健康な組織づくり

標準的なタイムテーブル

13:00
  1. 1.押さえておきたいメンタルヘルスの基礎知識 (30分)
    1. (1)メンタルヘルスをめぐる最近の状況(自殺、労災認定、パワハラetc.)
    2. (2)安全配慮義務と予見可能性(取り組みのキーワード)
    3. (3)労働行政で求められる役割と関わり(指針、ラインケアの重要性)
13:30
  1. 2.ケーススタディから学ぶ (60分)
    1. (1)ケーススタディ(Aさんのケース)
    2. (2)職場でみられる心の病(うつ、新型うつを理解する)
    3. (3)職場で気付く不調のサインとポイント
14:30
  1. 3.メンタルヘルス活動における管理者の心構えと役割 (60分)
    1. (1)不調者への対応上の留意点
    2. (2)職場復帰の考え方
    3. (3)管理者の取るべき行動
15:30
  1. 4.部下との対話を促進させるために (30分)
    1. (1)手段としてのコミュニケーションを考える
    2. (2)マネジメント活動を生かしたメンタルヘルス向上策
    3. (3)健康な職場づくりを目指して

(16:00終了)

お問い合わせ先

〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12
日本生産性本部 メンタル・ヘルス研究所

WEBからのお問い合わせ

電話またはFAXでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)