労働組合向けメンタルヘルス研修会

メンタルヘルスの基礎から実践まで

目的

  • メンタルヘルスに関する基礎知識を正しく理解し、その重要性を学ぶ
  • 事例を通じて不調のサインを学び、仲間への対応を考える
  • 自分自身を高めるために役立つ、セルフケアの方法を体験しながら学ぶ

対象

  • 労働組合執行役員
  • 労働組合組合員 等
0:00


1. メンタルヘルス活動とは何か:働く目線から考える

(1)データにみる働く人を取り巻く状況

(2)労働行政の動きと求められるメンタルヘルスの取り組み

0:40
  1. 2. メンタル不調の事例 ワークを通じて考える:仲間への気づきと対応

(1)ワークを通じて、不調のサインを理解し、仲間への対応を考える

(2)ワークの検討を通じて、職場や仲間の課題を共有する

1:50
  1. 3. 自分自身のセルフケア:自分自身を高める技法と考え方

    (1)ストレスとの付き合い方(簡易呼吸法の体験、ものの見方と捉え方)

    (2)コミュニケーションの重要性:きくこと、みること

3:00
  1. 4. より良く、いきいきと働くために:質疑応答

     質疑応答、意見交換


(3:30終了)

  • 上記のタイムスケジュールは一例です。時間や内容などご要望に応じて実施いたします。
  • オンライン・会場いずれも対応可能です。
お問い合わせ先

〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12
公益財団法人日本生産性本部
メンタル・ヘルス研究所

WEBからのお問い合わせ

電話またはFAXでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)