心理的安全性全社展開プログラム

(アンケート実施+ワークショップ2回+職場討議)

目的

  • ・ステップ1~4を通して、会社全体で心理的安全性を浸透させていくためのプログラム。

  • 事前アンケートで状況を定量的に把握し、そのうえで管理職向けへの心理的安全性の理解浸透、各職場での展開、再度管理職が集合しての追加施策検討を行うことで、確実に全社的に心理的安全性が確保できるような取り組みを行う。

対象

      • ・管理者~ワークショップに参加2回

      • ・一般職~Webアンケート回答およびワークショップ参加者による職場討議

    研修の詳細

    ねらい

    心理的安全性の高い職場を、管理者へのワークショップ実施を通じて、組織全体に展開する。

    期間

    3~4か月

    方法

    ・簡易アンケートによる現状事実調査を行い事実データを整理

    ・ワークショップを開催し、管理者間で現状を共有し、モデル対策を作成。

    ・作成したモデル対策を、各管理者が職場でフォロワーと対話協働して適用展開実施

    ・ワークショップを再度行い、各職場で実践展開された対策を収集し共有する。同時に、会社の行動規範との整合、管理者の気づき力の向上、今後の行動開発を行う。

    全社展開の進め方 ※貴社の状況に合わせてアレンジ致します。

    ステップ1



    1. 事前アンケート調査
    2. 【心理的安全性の見える化】
    3. ・全社員を対象に心理的安全性を測定する10問アンケートを実施
    4. ・管理職/一般職の区分で集計し、組織の現状区分別ファクトレポート作成
    ステップ2
      1. 管理職むけ0.5日ワークショップ#1
      2. 【心理的安全性の取り組み対策】
      3. ・心理的安全性の理解とニーズ
      4. ・当社の心理的安全性の具体的状況理解(アンケート集計結果)
      5. ・心理的安全性を確保する職場コードモデル(IN/OUTチャート)作成
      6. ・職場討議のツールキットの作成
    ステップ3
        1. 管理者の各自職場での各職場コードの開発
        2. 【各職場での展開】
        3. ・管理者による心理的安全性の解説とニーズの説明
        4. ・職場メンバー参加による職場でのコード(IN/OUTチャート)の適用共有
    ステップ4
          1. 管理者むけ0.5日ワークショップ#2
          2. 【心理的安全性の統合】
          3. ・各職場で作成されたコード(IN/OUTチャート)の共有
          4. ・作成されたコード(IN/OUTチャート)の会社行動基準との結び付け
          5. ・管理者の気づきのためのセルフコーチング
          6. ・各管理者の今後の行動と職場組織開発


    Kuroda Kazuteru.jpg

    講師

    黒田 和光(くろだ かずてる)

    フィールディング大学院組織開発課程所属、ジョージタウン大学コーチングスクール卒、MBA、日本大学グローバルマネジメント大学院卒、上智大学経済学部卒、中小企業診断士、中小企業診断士養成課程指導員、アジア生産性機構講師、海外技術者交流協会講師、アジア経営学会員、異文化経営学会員。

    米国でのコーチング専門課程であるジョージタウン大学コーチングスクールでコーチングを学び、その後日本、米国、シンガポール、およびアジア各国での経営層に対して1on1のエグゼクティブにコーチングを提供している。また、コーチングスキル、ファシリテーションのスキルを、中小企業診断士や企業の経営管理者層に実践指導を通じてトレーニングを行っている。

    お問い合わせ先

    〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12
    公益財団法人日本生産性本部 コンサルティング部

    WEBからのお問い合わせ

    電話またはFAXでのお問い合わせ

    メールでのお問い合わせはこちら

    • 営業時間 平日 9:30-17:30
      (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)