管理者(課長) 組織開発・組織活性化 労働組合・労使関係 企業倫理・コンプライアンス ヘルスケア・メンタルヘルス 人事・労務

職場のメンタルケア・マネジメント実践コース

管理者に求められる実践的なメンタルケアの手法を学ぶ
  • メンタルヘルスに関する管理者のマネジメントスキルが更に向上します。
  • メンタル不調の未然防止、早期発見、職場復帰への対応を、マネジメントの観点から学ぶことができます。
  • 具体的な事例検討を通じ、職場で実践可能な対応策を身につけることができます。

開催日程
通い

ご希望の開催日をクリックするとお申し込みいただけます
 2021年度

対象

管理者、労働組合役員、人事・研修担当者

定員

20名

研修時間

7時間

講師

日本生産性本部
カウンセリング・マネジメントセンター
三浦 哲

カウンセリング・マネジメントセンター_三浦哲講師.jpgのサムネイル画像

会場

日本生産性本部セミナー室
(千代田区平河町)他

参加費(税込) 消費税率10%を参加料に含めております。
税率が変更された際は、原則、事業開始日の税率を適用した消費税を含めた金額を、特にご案内なく参加料といたしますので、ご了承ください。

【会場受講】
 賛助会員:36,300

 一般参加:39,600

※うち食事代 1,650

【オンライン受講】
 賛助会員:34,650円
 一般:37,950円

コースの特徴

特徴
1

理論からスキルまで、管理者に求められる人材育成能力を向上することができます。

特徴
2

行動科学やカウンセリング心理学などの理論を背景にプログラムを進めていきます。

プログラム概要

  1. 1.ケーススタディによりマネジメントの対応力を学びます

    未然防止、早期発見、職場復帰の際の管理者・リーダーとしてのとるべき対応策をケーススタディ中心に進めていきます。
    ラインケアの基本知識をすでにご存知の方で、職場での対応を実践的に学ばれたい方向けの内容です。

  2. 2.未然防止、早期発見に役立つマネジメントスキルを学びます

    管理者の部下への関わリ方によって、部下のメンタルへの影響が異なってくるといわれます。
    部下に対し管理者はどのような支援をすればいいのか、職場でのその活用について考えます。
    また、メンタル不調者を出さずに、予防=育成につなげるためのマネジメントスキルを習得します。


p44メンタル実践サムネ.jpg

担当講師からのコメント

「職場のメンタルケア・マネジメント基礎コース」の続編に該当し、応用展開を考えるコースです。「基礎コース受講済み」の方々に合わせた内容ですのでご注意ください。動画事例や文字事例などを活用してマネジメント上の「二次予防(早期発見~早期対応)」を中心に考えていきます。グループ討議や面談ロールプレイなどを通じて、職場メンバーとの関わり方を一緒に考えていきましょう。

タイムスケジュール

9:30




















17:30

1. はじめに
(1)メンタルヘルス理解度チェック
(2)メンタルケアマネジメント(ラインによるケア)の再確認


2. 未然防止のためのポイント
(1)職場のメンタルヘルス対策の課題
(2)未然防止のための5つの視点


3. 早期発見のポイントと初期対応
(1)ストレス対処の基本ステップ
(2)定点観察の提案


4. 職場復帰の支援~再発防止の視点
(1)復職の際に考慮すべきポイント
(2)他のメンバーへのフォロー


5. 対応の事例研究
(1)事例研究「職場復帰した部下への対応」
(2)事例研究「仕事のプレッシャーで疲弊した部下への対応」
(3)事例研究とロールプレイ「某職場のできごと」


(17:30終了)

キャンセル・変更のご依頼について

すでにお申し込みいただいたお客様でキャンセル・変更をご希望される場合は以下のボタンをクリックして「生産性公開研修プログラム参加回変更・キャンセル依頼書」をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

    • キャンセル料
      【開催8営業日前まで】キャンセル料無料
      【開催7営業日前~4営業日前】参加費のうち研修費部分の30%と食費代部分30%
      【開催3営業日前~2営業日前】参加費のうち研修費部分の50%と食費代部分50%
      【1営業日前~開催当日不参加(途中受講中止含)】参加費のうち研修費部分の100%と食費代部分100%
    • 繰り延べ変更手数料
      お申し込みされた日程に出席できないときは、別日程へ繰り延べ変更ができます。
      【開催8営業日前まで】繰り延べ変更手数料無料
      【開催7営業日前~4営業日前】参加費のうち食事代部分の30%(研修費部分は変更手数料なし)
      【開催3営業日前~2営業日前】参加費のうち食事代部分の50%(研修費部分は変更手数料なし)
      【1営業日前~開催当日変更】参加費のうち食事代部分の100%(研修費部分は変更手数料なし)
    • 変更1回目は既定の変更手数料のみです。2回目以降および変更後のキャンセルは時期にかかわらず既定の変更手数料またはキャンセル料に加え、1回あたり5,500円(消費税10%込)をいただきます。キャンセル日の適用消費税率が上記と異なる場合は精算します。
    • なお、営業日9:3017:30以降のご連絡は翌営業日の取り扱いとさせていただきます。

FAX:03-3511-4056
E-Mail:mddseminar@jpc-net.jp

備考

    • やむをえない事情により、プログラムの内容・日程・講師などは変更することがございます。
    • お申し込みは先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。



【オンライン参加方法】
1.参加方法
・オンライン会議システム「Zoom」にて、ID/パスコードを入力頂きご参加いただけます。
・ ID/パスコードは2営業日前までにご参加者様のメールアドレスにお送りいたします。
・以下、必要機材、受講環境をご確認ください。
2.準備機材等
 以下機材は派遣責任者様、参加者様にてご用意ください。
 ①PC(1人につき1台)
 ②PCへのZoomアプリのダウンロード/接続テスト
 ③マイク付きイヤホン(ご用意が難しい場合はPC内蔵で可)
 ④カメラ(PC内蔵またはUSB接続用)
 ⑤有線LANやWifi等の安定したネットワーク環境
3.受講環境
 以下の環境にて受講をお願い致します。
 ・講師、参加者等のお互いの声が聞き取りやすい、静かな場所。
 ・周囲に第三者がおらず、ご発言が可能な環境。


【研修・セミナー参加にあたってのお願い】
■下記誓約事項等をご確認とご了承の上、お申込みください。また、参加者へのご説明をお願いいたします。
■参加者からは、別途、研修参加誓約書を提出していただく場合があります。


<参加者へのお願い>
① 研修・セミナー等で使用する資料・電子ファイルの無断転用はしないでください。
② 研修・セミナー等の内容を録画、録音しないでください。
③ 研修・セミナー等には許可された方のみご参加いただけます。


【オンライン受講の場合は下記もご確認願います】
④ 参加者ごとに付与されたID、パスワードの適切な管理に努め、他者との共有はしないでください。
⑤ 受講場所は、プログラムに集中できて、他者に情報がもれない環境を確保してください。
⑥ 参加者側の費用と責任において受講に必要なPC・デバイスなどの設備一式や十分な帯域とセキュリティが確保されたネットワーク環境を確保し、使用してください。フリーのWiFiなど暗号化されていないネットワークは使用しないようにしてください。

<派遣責任者へのお願い>
⑦ 派遣責任者の方は、上記①から③(オンラインプログラムの場合は④から⑥も)までの事項を参加者に遵守させてください。
⑧ 上記⑦が守られなかった場合、当該プログラムへの参加はご遠慮いただきます。また、受講料の返金や補償はいたしません。なお、以降の別のプログラムの参加を許可しない場合があります。
⑨ 主催者側の通信障害や瑕疵以外の理由でプログラムの一部または全部を受講できなかった場合、受講料の返金や補償はありません。
⑩ 利用する第三者のオンラインツールの使用により派遣元企業や参加者が損害(個人情報や企業秘密の漏洩等を含むがこれらに限らない)を被った場合であっても、主催者側は当該損害について一切の責任を負いません。ただし、主催者側に故意又は重大な過失がある場合を除きます。
⑪ 何らかの原因で研修・セミナー等が中止となった場合、代替講義の提供または受講料の返金以上の補償はありません。

お問い合わせ先

公益財団法人日本生産性本部 経営開発センター 公開研修プログラム

WEBからのお問い合わせ

電話のお問い合わせ

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)

関連する研修・セミナー

関連する企業内研修