公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
トップページ > 研修・セミナー > 階層別研修 > 開催日程一覧 > 若手社員戦力化コース(旧:若手社員コース)

若手社員戦力化コース(旧:若手社員コース)

※2015年度より「若手社員コース」は「若手社員戦力化コース」に名称変更しました

業務遂行力とストレス耐性の向上を目指す

■若手社員の早期戦力化をねらいコースを全面改訂!!
■より受講しやすくする為に、2日間の通いコースに変更しました。
■自立(律)型人材の特長や行動を学習し、自分の仕事や人生をマネジメントできる力を身につけます。
■組織原則や構造を学習し、組織の一員として組織の成長へ貢献していく姿勢を身につけます。
■伝達や情報収集等のコミュニケーション力を学習し、良好な人間関係をつくると共に協働の姿勢を身につけます。
■メンタルヘルスの基本知識を学習し、ストレス耐性を高めるコツを身につけます。


コースの特徴

特徴1 ●ケース・モデル事例を多用した演習により、自分自身のアクションプラン策定のヒントを得られるカリキュラムです。
自立(律)型社員の特徴や行動を学習するとともに、自分自身の分析を行うことで、ありたい姿や、アクションプラン(行動計画)を立てる際の指針となるものを学びます。
特徴2 ●ストレス耐性を高め、持続的に成長・活動するためのポイントを学びます。
業務を担う一員として継続的に成長・活動していくためにも、メンタルヘルスの基礎知識・ストレス耐性を高め・モチベーションを保つコツを学びます。
特徴3 ●個人の業務遂行から、現場の中核・リーダーとなる際に求められる組織の視点を学びます。
これまで若手社員として担ってきた個人での業務遂行から、今後現場の中核やリーダーとして求められるチーム・組織の視点で、どのような役割や行動が求められるかを学びます。

開催情報

ご希望の開催日程をクリックして各日程の申込画面からお申込みください。

対象 入社2年〜6年目社員(高卒社員の場合、4年〜8年目の派遣をお勧めします)
定員 30名
講師 日本生産性本部 講師 三浦 哲 他
会場 日本生産性本部セミナー室(東京・永田町)他
研修時間 14時間
参加費
(消費税込)
賛助会員:71,280円
一般:77,760円
※うち食事代 3,240円

プログラム概要

1. 自身の現状分析

これまでの自分自身の経験を振り返ると共に、自分自身がもつ強みや弱みについて、自身の考察と分析ツールを併用して理解を深めます。

2. 組織における私たちの役割

自身が身を置く「組織」はどのような原理原則・構造で成り立っているのかを理解し、環境変化の早い現代においてどのように変化・適応してきたのかを考察します。職場に受ける多様性をどのように捉え・受容するのか、また働き方改革など職場の仕組みが大きく変換する際にどのような対応ができるのかを演習を通じて考察します。
その上で、自分自身はその組織においてどのような役割を現在担っているのか、さらに今後どのような役割を期待されるのかについて認識を深めます。

3. 役割を果たすための業務遂行力を高める

自身が担っている役割を果たすために必要なスキルや考え方を講義で学び、演習にて実践します。具体的には、日々の業務遂行で求められる「情報収集・問題解決力」「タイムマネジメント」「報告・連絡・相談」「PDCAサイクルの実践」を中心にスキルアップを図ります。

4. 組織人としてのモチベーションを高める

人に備わる基本的な欲求や、それに基づく行動がどのようなものであるかを学びます。また、組織においてどのような人材像が成長するのか、組織人として任される役割を確認したうえで学びます。

5. 業務遂行に向けたコミュニケーション力を高める

業務をスムーズに遂行する・組織でよい仕事をする為の必要なスキルとしてコミュニケーション力を高めます。人間関係におけるコミュニケーションの機能や効果を演習での実践を交えながら体得します。

6. メンタルヘルスの基礎知識

粘り強く業務に取り組むことができるようにストレスの構造などメンタルヘルスについての基礎知識を習得し、具体的に自分自身でできるケアについて学び、ストレス耐性を高めるコツを習得します。

7. 総合演習

ここまで学んだ知識スキルを活かして業務遂行における具体的な事例について対応策と具体的行動を検討します。また、研修後の自分自身のありたい姿・それに基づくアクションプランについて考え、実践できる言葉に落とし込みます。

ページの先頭へ戻る

タイムスケジュール

時間 第1日 第2日
9:30

12:00

9:30開始

オリエンテーション

1.自身の現状分析
【演習】職場経験の振り返り
【演習】自己分析〜自身の強みと弱み〜

2.組織における私たちの役割
(1)組織原則と組織の構造

1日目の振り返り

4.組織人としてのモチベーションを高める

5.業務遂行に向けたコミュニケーション力を高める
(1)良好な人間関係づくりの心構え
【演習】事例研究@
(2)自己主張ができなくなる要因と対策
【演習】事例研究A
(3)適切な自己主張

13:00

17:30
(2)世の中の変化と組織の成長
(3)フォロワーシップと後輩育成

3.役割を果たすための業務遂行力を高める
(1)PDCAサイクルの正しい理解と実践
(2)問題意識を高める
【演習】情報収集のツール活用
【演習】報告・連絡・相談の意義と実践
【演習】後輩指導のPDCA

(4)わかりやすい伝達
(5)メモの取り方の留意点
(6)メール送受信の留意点

6.メンタルヘルスの基礎知識
(1)ストレスの構造
(2)セルフケア(早期発見と対策)
(3)ストレス耐性を高めるコツ

7.総合演習
(1)ケース:上司からの依頼に対する回答
(2)ケース:後輩へ電話応対の指導
(3)ケース:情報分析して上司に報告
(4)自身のありたい姿とアクションプラン

まとめ

17:30終了

ページの先頭へ戻る

お申し込み

お申し込みはこちら

キャンセル・変更のご依頼について

すでにお申込みいただいたお客様でキャンセル・変更をご希望される場合は
以下のボタンをクリックして「生産性公開研修プログラム参加回変更・キャンセル依頼書」を
ダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお送りください。

上記について
開催7営業日前から既定のキャンセル料・変更手数料を申し受けますので
予めご了承ください。また、変更2回目以降および変更後のキャンセルにつきましては時期にかかわらず 上記のキャンセル料・変更手数料に加え、1回あたり5,400円[8%税込](事務手数料)を加算させて
いただきますが、ご了承ください。

なお、営業日9:30〜17:30以降のご連絡は翌営業日の取り扱いとさせていただきます。

FAX:03−3511−4056
E-Mail:mddseminar@jpc-net.jp

この研修(コース)のキャンセル・変更はこちら

【企業内研修(講師派遣)】経営課題解決のための、お客様ニーズに合わせた研修を企画します。 【経営アカデミー】経営人材育成プログラム「計9コース」創設1965年 1万3千人の修了メンバー
研修・セミナー総合カタログのご案内 開催予定の研修・セミナーを網羅した総合カタログの送付を希望の方はこちらの資料請求フォームから

ページの先頭へ戻る

(c)COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.