調査・研究レジャー白書

レジャー白書短信 第11号

スポーツに積極的に参加する60、70代~スポーツ参加者と不参加者の属性・参加・希望傾向~

2017年10月25日
公益財団法人 日本生産性本部

公益財団法人 日本生産性本部の余暇創研では、「スノースポーツ」(「スキー」と「スノーボード」)に関する分析結果をまとめました。これまでレジャー白書では両種目の参加実態を発表してきましたが、同じ回答者が両方参加している場合があり、重複を考慮した「スノースポーツ」の参加実態は明らかにしてきませんでした。本短信は重複を除外した参加率、参加人口、希望率や潜在需要とその推移について分析を試みたものです。

■参加人口は530万人、50万人はスキーもスノボも

2016年における「スノースポーツ」(「スキー」と「スノーボード」の両方またはどちらか一方に参加)の参加率は5.3%、参加人口にすると530万人となり、2種目両方に参加している人の割合は0.5%、参加人口は50万人となった。「スキー派(スキーだけ参加)」「両方派(両方参加)」「スノボ派(スノーボードだけ参加)」に分けると、2016年は「スキー派」が「スノボ派」を上回ったが、「スノボ派」の参加率は前年比横這いなのに対し、「スキー派」の参加率は低下した。

■スキー派は10代と高年層、スノボ派は20~30代で多数

年代別にみると2016年に「スノースポーツ」の参加率が最も高いのは20代で、次いで10代、40代、70代の順となっている。20代と30代では「スノボ派」のほうが「スキー派」より参加率が高く、10代と40~70代では「スキー派」のほうが高かった。20代の「スノースポーツ」参加者のうち8割は「スノボ派」または「両方派」である。2010年、2013年と比較すると、10~40代では「スノースポーツ」の参加率は低下しているが、70代は上昇する年もみられる。

■10代はスキー、スノボ「両方希望派」が多数

「スノースポーツ」の希望率(将来やってみたい、あるいは今後も続けたい人の割合)は2016年には10.5%となった。「スノボ希望派」(「スノーボード」だけ希望)の割合は2012年から大きな変化はないが、「スキー希望派」(「スキー」だけ希望)の割合は2012年に比べて2.6ポイント低下した。10代は「両方希望派」の割合が高かった。潜在需要は10代が最大で、60代まではプラスだったが、70代ではマイナスとなっている。中年層は参加率が低いものの潜在需要があり、今後の動向が注目される。

*******************************************************

ご希望の方に本発表の資料を差し上げます(無料)。

下記の【個人情報の取り扱いについて】をご確認のうえ、同意される場合に限り、次の内容をご記入の上、メールでお申込みください。

件名:レジャー白書短信第11号 希望

本文:(お名前)
   (組織名)
   (ご所属・役職)
   (組織の郵便番号)
   (返信先メールアドレス)
   (【質問】「スキー、スノーボード以外で興味・関心のある冬の余暇活動は何ですか?」への回答)

送信先:yoka(at)jpc-net.jp
※上記の「(at)」を「@」に置き換えてください。
※折り返し、ご記入いただいたメールアドレスに返信いたします。
(大型連休、夏季、土日、祝日、年末年始など返信までにお時間をいただく場合がございます。ご了承ください)

【個人情報の取り扱いについて】
公益財団法人日本生産性本部では、皆様の個人情報を以下のように取扱います。下記の内容をご確認の上、ご同意の上お申し込みをお願い申し上げます。なお、同意いただけない場合は、適切なサービスを受けられない場合がございます。同意いただいた後でも個別に不同意の表明をすることが可能です。

  1. 1.利用目的
    1. (1)レジャー白書短信資料のご案内
    2. (2)余暇創研、日本生産性本部主催の事業、イベント等のご案内(Eメール)
    3. (3)顧客分析・市場調査

以上の目的以外で個人情報を利用する場合、ご本人に個別理由を説明し同意を得た上で行うものといたします。

  1. 2.個人情報の第三者提供

    法令に基づく場合などを除き、個人情報を第三者に開示、提供することはありません。

  2. 3.個人情報の取扱いの委託

    本事業を実施するにあたり、業務の一部(情報システム管理等)を委託しております。委託先に対しては、皆様のサービスに必要な個人情報だけを委託します。生産性本部の選定基準に基づき委託先を選定し、契約により個人情報の保護を徹底するとともに、委託先に対して適切な管理・監督を行います。

  3. 4.皆様の権利

    個人情報について、ご本人による開示請求・訂正・削除・利用停止等を求めることが可能です。その際は、以下までご連絡ください。
    連絡先:公益財団法人日本生産性本部 余暇創研事務局 電話03-3511-4011

公益財団法人日本生産性本部
個人情報保護管理者 総務部長

お問い合わせ先

公益財団法人 日本生産性本部 余暇創研 (担当:志村、田嶋、長田)

WEBからのお問い合わせ

電話のお問い合わせ

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)
関連リンク

関連する調査研究・提言活動