女性のためのジェンダー・バイアス&自信創出研修

偏見を乗り越え、自信をつけるために

目的

企画経緯
政府が女性活躍推進を掲げ、6年。取り組む企業は増え、女性の活躍度が少しずつ向上していますが実感はあまり持てません。女性の活躍を推進する上での課題として、多くの企業は「女性の意識」を挙げており、女性社員の定着率が高まる中で、企業は女性のキャリアへの意欲を高める必要性が浮き彫りになってきました。

そこで、指導的地位に就く女性の少なさや女性のキャリア意識の低さを、海外の状況を含め多面的に分析してたどり着いたテーマは女性自身が持つ「ジェンダー・バイアス」と「自信のなさ」でした。

この研修では、女性のキャリアへの意識と意欲を向上させ、社内における女性活躍推進をさらに前進させたい組織での女性従業員の方々を対象に、「ジェンダー・バイアス」と「自信」について複数の視点から探求し、自信の身に付け方を学ぶことを目的としております。

対象

  • 女性従業員(役職不問)

研修の詳細

ねらい

「ジェンダー・バイアス」と「自身」について複数の視点から探求し、自信の身につけ方を学ぶ。

対象

総ての女性従業員(階層別の実施可)

定員

最大30名

モデルプログラム(オンライン・4時間の場合)

時間 内容 備考
4時間

1. ジェンダーとリーダーシップ

      • 男性・女性、リーダーらしさの特徴と違い
      • 女性のみに起こる対立

2. ジェンダー・バイアスとキャリアの関係性

    • リサーチの紹介と分析

3. 自信力度チェック


4. 女性特有の「自身のなさ」への探求

    • 女性の昇進意欲が低い理由
    • 「自身のなさ」の影響と要因

5. キャリア意欲の向上に向けて

    • 自信をつかむための方法
    • バイアスを乗り越えるための方法

6. 明日から行う行動

グループディスカッションを通して、参加者間で意見や悩みを共有していただいたり、それに対して講師より直接解説します。

参考:無料体験版セミナーアンケート結果

参加者:20名(企業・労組の人事・研修担当者)

    • Q1 セミナーの内容はあなたのニーズに合ったものでしたか?
      評価の平均 4.00/5点満点
    • Q2 講師の講義はわかりやすかったですか?
      評価の平均 4.68/5点満点
    • Q3 当テーマで、組織内研修を具体的に検討したいと思った
      はい:16名 いいえ:4名
    • 自由記述(一部抜粋)
      • ジェンダーバイアスを乗り越えるための行動まで落とし込んでいただいたのでよかった。
      • 講師の先生の前向きな姿勢にとても刺激を受けました。マネジメント向きの研修も検討したい。
      • 女性の自信のなさの根拠、日本のみではなく、欧米国でも同じ傾向があることの具体的データの紹介がよかった。
      • 女性自身が自分たちの能力やチャンスを狭めてしまっていることに気付いていない、ということに改めて気付かされたこと(女性は特に現状でも不自由していない、差別を感じることもない、という意識の女性が多いため)
      • 女性の自信のなさの要因の一つに「遺伝子」があった点。女性活躍推進施策を展開する上でのよい気づきが得られた。
      • 女性に自信をつけさせるための理屈をわかりやすく説明してくださった点、足りないのは能力ではなく自信であること。
      • 女性のさらなる活用を促進するうえで、女性の行動を喚起するというのは重要と感じました。
      • 女性が自信が持てない理由がよくわかり、今後の自分自身の意識の面でとても参考になりました。自分での評価を2割増しにしてもっと自分を認めてあげようと思います。自組織のなかでももっと自信をもって発言・発信・行動し、他者によい影響を与えていきたいと思います。ありがとうございました。
      • 普段から漠然と感じていたことを、遺伝子から違うんだとはっきり言ってもらえて、上司に伝えやすいと思いました。
      • 女性社員に対しての施策としてはキャリア研修が念頭にありましたが、「自信」の切り口で行動変容を促すアプローチも有効だと感じました。
      • 女性特有の「自信のなさ」や「過小評価」を勘案すると、Affirmative/Positive Actionがそれを埋め合わせる役割を持つということがわかった。
      • 組織に展開する前に、まず自部署内にアンコンシャスバイアスを認識させる必要があり、その時に事例のひとつとしてジェンダーバイアスも取り上げられるとわかりやすいと感じました。
お問い合わせ先

〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12
公益財団法人日本生産性本部 総合政策部(担当:中川)

WEBからのお問い合わせ

電話のお問い合わせ

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)