管理職のためのダイバーシティ・マネジメント研修

目的

  • 経営の視点からダイバーシティを理解する
  • 多様な人材のマネジメントを実践できるようにする

対象

  • 管理職・リーダー職
  • 労働組合役員

研修の詳細

内容

持続的経営のために「生産性を高め、新たな価値を創造できる人材」が必要とされています。年齢・性別・雇用形態・生活環境などを問わず、多様な人材がそれぞれの能力を最大限に発揮することができる職場風土づくりは、人的資源活用の意味からも重要な経営課題です。また、女性の活躍推進のスピードを上げるためにも、多様な人材を活かし、新しい価値を生み出せる環境を整え、組織の変革につなげていくことが求められます。
本研修は、これからの管理職に必要とされる「ダイバーシティ・マネジメント」を理解し、女性を含め、多様な人材の育成と活躍推進を実践できる力を身につけることを目的に実施します。違いを活かし、イノベーションを生み出していく組織づくりをめざして、マネジメント力の向上を支援します。

モデルプログラム

テーマ 主な内容 期間
1.ダイバーシティ経営の背景
  • 持続的経営とイノベーション
1日
または
半日
2.ダイバーシティの理解
  • ダイバーシティの基本
  • 企業におけるダイバーシティ
  • 女性社員の現状と課題
3.ダイバーシティ・マネジメントの実践
  1. 1.多様な人材の活躍推進
    • 個々の特性を理解する
    • 現場・チームの実状:プラス・マイナス・コンフリクト
    • 課題をプラスに転じさせるための3方向からのアプローチ
  2. 2.女性社員の活躍促進
    • 女性の育成と能力開発のポイント
    • 女性社員活躍推進に向けた2つのアプローチ
    • 管理職候補者の育成と登用
  3. 3.人材育成
    • 育成計画とキャリア形成支援
    • 育成プランの作り方(個別/組織全体)
  4. 4.コミュニケーション
    • ダイバーシティ対応
    • キャリア形成支援のためのコミュニケーション
お問い合わせ先

〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12
日本生産性本部 総合政策部

WEBからのお問い合わせ

電話またはFAXでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)