日本アカデメイア

共同塾頭(常任)
茂木友三郎キッコーマン 取締役名誉会長 取締役会議長
共同塾頭(常任)
佐々木 毅元東京大学総長・明るい選挙推進協会会長
共同塾頭
神津里季生連合会長
共同塾頭
五神 真東京大学総長
共同塾頭
田中 愛治早稲田大学総長
共同塾頭
長谷山 彰慶應義塾長
会員委員長
福川 伸次地球産業文化研究所 顧問・東洋大学総長
運営幹事
曽根 泰教慶應義塾大学名誉教授
運営幹事
増田 寛也東京大学大学院客員教授

日本アカデメイアは経済界、労働界、学識者らにより2012年4月に設立され、事務局を日本生産性本部に置いています。 日本の将来を担う公共人材を各界が支え、リーダーシップを涵養することを主たる目的とし、政治家、官僚と国民各界をつなぎ直し、日本社会の各分野の知恵や経験を引き出し、人材を結集する「ハブ」として活動しています。主な活動は以下の通りです。

①政治リーダーとの対話と合意形成

現職の総理大臣や閣僚をはじめとする与野党の政治リーダーと、日本アカデメイアメンバーとの継続的な対話を行い、日本の改革に向けた合意形成を目指しています。

政治リーダーとの交流会(ゲスト:菅義偉 内閣官房長官 2019年8月)

②産官学による日本と世界の長期ビジョンの検討とネットワークの立て直し

「アカデメイア研究会」、「日本アカデメイア幹事合宿」、「駐日大使との交流活動」などを通じ、日本と世界が直面する問題について、経済界、労働界、官界、学界が垣根を超えて認識を共有するとともに、問題解決に向けた検討を行っています。

日本アカデメイア幹事合宿(2019年5月)

③次世代の人材育成

大学生、大学院生が政策提言を行う「ジュニア・アカデメイア」、官民交流を促進する「リーダーシップ交流会」、「官民交流・政策研究会」を通じ、次世代を担う政治家、官僚、産業人の育成と、日本の諸課題を議論し知恵を出し合う場の形成を目指しています。

ジュニア・アカデメイア政策提言発表会(2019年3月)
  • 役職は会合開催当時のものです。