人事・賃金制度コンサルティング

社員の能力開発と企業への貢献を重視した、公正で納得性の高い人事・賃金制度の構築を支援します。

コンサルティングの流れ(約12カ月)

STEP1現状分析・診断(約2カ月)

コンサルタントが経営戦略、現状の人事・賃金制度の診断を行います。

  • 経営および人事・賃金制度の現状分析
  • インタビューによる運用把握
  • 従業員満足度調査「Niser(ナイサー) ES」の実施(オプション)
STEP2基本構想(約2カ月)

求める人材像を描き、そこに誘導する人事ポリシーと人事・賃金制度の概要をデザインします。

  • 求める人材像のイメージづくり
  • 人事ポリシーの策定
  • 人事・賃金制度の基本構想設計
STEP3詳細設計(約5カ月)

基本構想をもとに、以下のような人事諸制度の詳細設計と規定類の作成を行います。

  • コース制度
  • 職群・職種区分の見直し
  • 等級制度
  • 賃金制度
  • 賃金・総額人件費シミュレーション
  • 評価制度
  • 目標管理制度
  • 各規程額の作成
STEP4導入フォロー(約3カ月)

従業員に新制度について説明・説得し、合意形成をはかり、必要があれば微修正します。移行準備をし、運用をスタートします。

人事・賃金制度コンサルティングでは、以下のような改定を実施し、現状の人事システムを刷新します。

実施例
役割業績給の導入
  • 役割評価要素の設計、評価の実施
  • 目標管理・業績評価の設計
  • 役割給表の設計
  • 管理職年俸制の設計
評価制度の改革
  • 人事考課要素・定義・考課表・面接シートの見直し
  • 目標面接制度の設計
  • 使いやすい評価基準の設計
  • コンピテンシーモデルの設計
等級制度の設計
  • 職務調査の実施、等級基準の作成
  • 等級フレームの作成
  • 昇格・昇進基準の作成
  • 移行格付基準作成
職能給体系の強化
  • 賃金水準、社内賃金格差の分析
  • 管理職・一般職の賃金体系の設計
  • 職能給表・本人給表、モデル賃金の設計
  • ライフステージ別賃金体系の再設計(賃金カーブの修正)
  • ポイント式退職金制度の設計
複線型人事賃金制度の導入
  • 職群・職種別昇進・昇格体系の設計
  • 職種別賃金体系の導入
  • 専門職・職群転換基準の設計
  • 昇格基準・職群転換基準の設計
  • 限定勤務地制の導入
考課者訓練の企画・実施
  • 考課者訓練(1日・2日コース)の企画・実施
  • 目標設定・フィードバック研修の企画・実施
  • 考課者訓練インストラクターの養成

期間・費用についてはお問い合わせください。

お問い合わせ先

日本生産性本部 雇用システム研究センター

WEBからのお問い合わせ

電話またはFAXでのお問い合わせ

  • 営業時間 平日 9:30-17:30
    (時間外のFAX、メールなどでのご連絡は翌営業日のお取り扱いとなります)